高齢者の口腔内に多いトラブルと訪問歯科でのケア方法

はじめに

高齢者で介護が必要な方や障がいのある方などが歯科医院へ通えない場合、自宅や施設、病院などを訪問して歯科診療やお口のケアを行うことを訪問歯科と呼びます。

 

歯科医師や歯科衛生士がチームとなり定期的に患者さんのところに訪問し、歯科治療を計画的に行って、その後定期的なケアや検診なども行います。

 

ここではそんな訪問歯科診療で行えるケア法や高齢者に多いお口のトラブルなどについて詳しくご紹介します。

高齢者に多いお口のトラブル

治療済みの歯や入れ歯が多い

高齢者は虫歯治療を行っていることが多く、詰めものや被せものが多くなっており、入れ歯を使っている方も多いため、その分口腔内のトラブルも多いです。

自浄作用が低い

お口の中には本来であれば自分でお口の中をきれいにする自浄作用があります。自浄作用とは歯と歯の間や歯の表面、舌など粘膜に付いた細菌や汚れを唾液によって洗い流してきれいにする作用のことです。

 

ですが、麻痺や運動障害などがある場合、お口の機能が十分でないため自浄作用が働きづらくなります。高齢者はこの自浄作用が気づかない間に落ちてしまっていることが多いです。

食べもののかすが残りやすい

高齢者の方の中には食事を細かく刻んだり、とろみをつけて食べる方が多いです。

 

刻んで食べる食事だと歯と歯のすき間に食べもののカスが残りやすくなってしまい、粘着性の高いペースト食だとお口の中に長時間とどまりがちです。

 

また、ほとんどの高齢者の方は唾液の分泌がよくないためお口の中が乾燥することが多いです。お口の中が唾液で潤っていない場合、食べもののかすを洗い流す作用が落ちたり、食べものを飲み込むのが困難になります。

 

このような原因によってお口の中の環境が悪くなり、お口の中が衛生的でなくなることによって虫歯や歯周病が悪化していくのです。

粘膜の疾患や虫歯が増加する

高齢者のお口の中は特定の場所に虫歯ができやすい特徴があります。

たとえば、次のような虫歯が多いです。

  • 歯ぐきが下がってしまうことで起きる歯根部の虫歯
  • 被せものや詰めものに隠れている虫歯

などですね。

 

自浄作用が低下することで本来なら洗い流されるはずである細菌や食べもののかすが増えてしまい、歯周病や虫歯の原因になります。

 

さらに、加齢に伴って抵抗力が落ちるため粘膜疾患や歯周病がひどくなることも多いです。この粘膜疾患とはあごや頬、舌などに起きる疾患のことで、代表的なものに義歯性腫瘍や口内炎などがあります。

お口の中が乾燥する

歳を取ると唾液の分泌量が減ると言われています。特に高齢者の方は薬を飲んでいることが多いため、さらに唾液の量が減ると言われており、お口の中が乾燥しがちになり、唾液の大切な役割を果たせなくなります。

 

たとえば、噛んだり、飲み込んだり、声を出すなどがスムーズにできなくなったり、乾燥によって入れ歯を入れても痛みが起きるなどの症状が起きます。

 

訪問歯科診療でのケア方法

歯科医院に通院し受けられる治療と同じような治療を受けることができます。

 

歯を削るための機器からレントゲンなど訪問歯科専用の機材を揃えており、虫歯治療の他に入れ歯の作成や歯周病治療など、一般的な歯科医院で行うのと同等の治療が可能です。お口のケアについてはお口の中をきれいにする気質的口腔ケア、お口の機能を維持・回復させる機能的口腔ケアがあります。

 

さらに、患者さんの全身の健康状態によって訪問する歯科医師が治療内容を決めます。たとえば、重度の疾患があったり、健康状態がよくない方の場合にはその方の状況を見た上で主治医の先生と相談の上、歯科治療の内容を決めることになっています。

 

たとえば治療やケア内容には次のようなものが挙げられます。

 

穴があいてしまった歯に詰めものや被せものを行ったり、虫歯ができていたら治療が可能です。

また、歯周病治療も行うことができます。歯を支える歯ぐきは重要で、歯周病は全身の健康にも深く関係しているため、早期治療によって歯を多く残すことができます。

 

入れ歯の作成や調整なども可能です。入れ歯が合わずに違和感や痛みがある方にはぴったり合った入れ歯を作成することができます。お口にぴったり合った入れ歯を付けることで食生活はかなり改善されます。

訪問歯科診療の治療の流れ

訪問歯科診療では歯科医師と歯科衛生士がチームとなって治療を行っていきます。経験豊富な歯科医師と歯科衛生士がチームになることで、快適で待ち時間のない治療が可能です。

 

歯周病や虫歯治療だけでなく、ブラッシング指導も行っています。

依頼を受ける

患者さんのご家族からのご依頼を受けます。

お口の中のチェック

自宅や施設などを訪問し、お口の中の状態を診ていきます。
患者さん一人一人に合った最適な治療を検討します。

説明、相談

検診の結果を説明した上で、その後の対応を相談します。
この時、患者さんの健康状態を考慮した上で治療プランを立てていきます。

治療

了承された治療プランに基づき、具体的なお口のケアや治療を進めていきます。

訪問定期検診

患者さんのお口や全身の健康を維持するため、定期的に検診を行ってお口のケアや機能訓練なども行います。

まとめ

高齢者の口腔内に多いトラブルと訪問歯科でのケア方法について詳しくご説明致しました。

 

人間が豊かに生活するためには楽しくおいしく食事することが重要です。また、家族や友人などと楽しく会話することや、笑顔で会話することにも口は関係しています。

 

訪問歯科診療でお口の中をしっかりとケアすることによって、ご自分の歯を健康に保つことができますし、歯をなくしてしまった場合でも適切な入れ歯を付けられるのでなくした喜びを取り戻すことも可能です。

 

通院が難しい状況にある方にとって訪問歯科診療は生活の質を高めるためにも大切な役割を担っています。ぜひ、今後訪問歯科診療を利用する機会があったら、ご参考になさってみてくださいね。