歯科訪問診察の相場について

はじめに

訪問歯科は健康保険が適用となるため、クリニックに通院するのと費用はほとんど変わりません。
負担するのは自己負担費用だけなので、思ったより費用が安く済むのをご存じでしょうか?
なので、通院する手間や労力を考えると、訪問歯科の方が負担が軽いと言ってもいいでしょう。
ここではそんな訪問歯科の費用の相場や治療内容などについてもご紹介します。

訪問歯科とは

訪問歯科とはクリニックへ通院するのが難しい方のために、自宅や施設、病院などを訪問しお口のケアを行うものです。
お口のケアを行うことは健康的で質のいい生活を送るために重要なことだと言えます。

訪問歯科って何?自宅で治療を受けることのメリットとは

お口のケアの目的とは

さて、具体的にお口のケアの目的には次のようなものがあります。

・誤嚥性肺炎を予防する

お口の中の細菌が気管に誤って入ってしまうことで発症するのが誤嚥性肺炎です。
異物が気管に入ってしまうと、反射的に咳をすることで吐き出そうとしますが、高齢者や認知症の方はその力が弱いため吐き出すことができず、異物が入ったままになり肺炎が起きることがあります。
つまり、お口の中の細菌や汚れをいかに減らすかが誤嚥性肺炎の予防になるのです。
訪問歯科でのお口のケアによって清潔に保つことができれば、お口の中の病気だけでなく誤嚥性肺炎や発熱などを予防できますよね?

・唾液の分泌を促進する

唾液の役割にはお口の中を清潔に保って消化を促進する働きがありますが、お口の中の乾燥を防止する効果もあります。
また、お口の中の清潔を保つことができれば、唾液の分泌が促進されます。
お口の中が唾液で十分湿った状態だと食事もとりやすくなりますし、発音しやすくなるなど、生活が豊かに楽しいものになるはずです。
なので、お口の中を常に清潔に保つためのケアを定期的に受けていただき、日常生活を理想のものにすることが訪問歯科の目的と言ってもいいでしょう。

・お口の機能の低下を予防し改善する

お口の機能が低下してしまうと、しっかりと噛めなくなるため食事が摂りづらくなったり、嚥下障害が起きたりします。
そうなると、栄養が十分に摂れなくなり体力や免疫力が落ちてしまいます。
また、食事の際によく噛むことで脳に刺激が与えられるので、認知症を予防することができるとも言われています。

訪問歯科の治療内容とは

では、具体的に予防歯科の治療内容とはどういったものなのでしょうか?
最近では訪問歯科でもクリニックで行う治療内容と同等の治療が受けられるようになってきました。
その理由は訪問歯科専用のポータブル治療機器の充実によるものです。
治療機器の内容としては歯を削るものからレントゲンなどがあり、虫歯治療や入れ歯の作成、調整、歯周病治療・・など、一般なクリニックへ通院するのとほとんど変わらない治療が受けられるようになっています。
なお、クリニックによっては所有する治療機器によって診療できる範囲が違うことがあります。
治療内容が気になる場合には前もってどういった治療が受けられるのかを聞いておくようにしましょう。
訪問歯科では患者さんそれぞれの健康状態に合わせて歯科医師がその日の治療内容を決定します。
重度の疾患がある方や体の状態がよくない方の場合にはその状態を診た上で主治医の医師と相談し、治療範囲を検討することがあります。
また、訪問歯科ではクリニックへの通院が困難な方のためにその日可能な歯科治療を心がけており、車いすに乗ったまま、ベッドに寝たままの状態などでも治療ができます。

ご高齢の方も安心。訪問歯科の基本知識と治療の流れとは

訪問歯科の申し込み方法

訪問歯科を申し込むための窓口はそれぞれの地域にいくつも用意されており、市区長村窓口などでも受け付けています。
また、インターネットでも情報を得ることができ、地域の歯科医師会やかかりつけのクリニック、医療法人などでも相談に乗ってくれるようですね。
電話やホームページから、ファックスなどでも問い合わせることができます。
かかりつけのクリニックがある方はまずそのクリニックの歯科医師に相談してみましょう。
さらに、社会福祉協議会保健センター地域包括支援センター・・などにも介護や医療のプロがいるため、どんな悩みでも相談に乗ってくれるはずですよ。
担当のケアマネージャー訪問看護ステーション・・など、在宅医療を支援してくれるところに相談してみてもいいでしょう。

訪問歯科の費用相場とは

さて、気になるのは訪問歯科の費用の相場です。
訪問歯科には医療保険や介護保険が使えるため、決められた自己負担金を払うだけで済みます
医療保険の点数には訪問診療料が加えられますが、心身障害者医療受給生活保護受給などによる公費負担があることもあります。
もし、介護保険を使う場合は訪問歯科診療はケアプランとは別になり、介護保険の自己負担金が必要となります。
さらに、訪問するための交通費を請求することができるので、クリニックによって交通費が必要になることがあるため、申し込みの際に聞いておきましょう。
歯の状態や保険によって変わってくるため目安になりますが、医療保険の自己負担金は次のようになります。
介護保険を使う場合には医療保険の自己負担金とは別に1割負担の場合月当たり350~2,400円かかることになっています。
虫歯治療の場合は1日1,500~4,000程度入れ歯治療は総額10,000円~18,000円程度かかるようです。
入れ歯の修理や調整料は総額3,000~5,000円程度かかるのが相場のようですね。
なお、支払い方法については月にまとめて支払う方法や毎回支払う方法・・など、クリニックによって違いますので、最初の治療の際に聞いておきましょう。
また、後になってトラブルにならないように領収書はもらっておきましょう。

訪問歯科を保険で受けるための条件とは

まとめ

訪問歯科の費用の相場や治療内容などについて詳しくご説明してみましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
訪問歯科を利用したいけれど治療内容や費用がイマイチよくわからないため申し込みに躊躇していた方も、ここでご紹介したことを理解していただくことで利用してみようかな・・と思っていただけたはずです。
今後もし訪問歯科を利用したいと思うことがあったら、ここでご紹介したことをご参考にしてみて下さいね!