訪問歯科を受ける理想のペースとは

はじめに

一生涯ご自分の歯で過ごすためには定期的に検診を受けることが大切です。
虫歯になってから治療することも大切ですが、予防していれば時間も費用も軽く済みます。
ですが、どの程度の頻度で検診を受ければいいのか分からないという方も多いでしょう。
これは訪問診療でも同じで、身体が不自由だったり介護が必要な方の場合は自宅などで訪問歯科診療を受けることが多いです。
訪問歯科診療を受ける理想のペースとはいったいどのくらいなのか、訪問歯科診療のメリットなども含めてご説明したいと思います。

訪問歯科診療とは

一般的に、訪問歯科診療についてあまりその内容などを詳しく知っている方は少ないようですね。
訪問歯科診療とはその名前の通り、なんらかの理由で歯科に通院できない方を対象に歯科医師や歯科衛生士が自宅や施設などを訪問してお口のケアや診療を行うものです。

訪問歯科で出来ることと訪問歯科のメリットについて

お口のケアが必要な理由

お口の中の細菌の数はその日のうちでもかなり変動すると言われています。
長期間寝たきりや入院している患者さん、要介護者にとってお口のケアがいい加減だとプラークなどがお口の中に付着し細菌がどんどん増えていきます。
さらに、入れ歯が清潔にされていないと細菌の温床になるため細菌感染の原因になります。
それを防止できれば病気の予防になり、お口の中を衛生的に保てれば食事がおいしくなり、生活の質が向上するとも言われています。
また、肺炎は日本における死因の第3位と言われています。
肺炎を発症する確率は年齢と共にアップし、肺炎の死亡率は65歳以上の高齢者がほとんどで、その数は年々増加しています。
さらに、肺炎になったために入院が必要となり長期間安静にする必要が起こりさまざまな合併症を起こしてしまい、最終的に要介護状態になることもあります。
つまり、肺炎は高齢者の病気の原因になり、死亡率を上げ、医療費を増大させる原因となっているのです。
肺炎を起こした高齢者のほとんどは食事の際にむせてしまい、食べものが喉につかえる・・という症状がなかったとしても、寝ている間に唾液を誤嚥することが判明しています。
肺炎にかかってしまうと免疫機能や栄養が低下するため、繰り返し誤嚥し肺炎が重症化して最悪死亡することもあります。
脳卒中の後遺症などで歯やほお、唇などの動きが崩れてしまったり、食べものがうまく飲み込めない方が増加しています。
こういった場合にはお口の機能を向上させたり、嚥下機能がよくなるような訓練や摂食、嚥下訓練などの指導が受けられます。

治療の流れ

ここでは訪問歯科診療の治療の流れについてご紹介しましょう。
まず、歯科医師と歯科衛生士が専用の機材を持参し訪問します。
ほとんどの場合車で来るため、前もって駐車場を確保し伝えておきましょう。
前もって保険証や飲んでいる薬の内容を記載したものなどを用意しておきましょう。
治療を行う場所はベッドや椅子の上で、治療時間は30分程度の場合が多いです。
施術内容はお口のケアやリハビリ、清掃、発声によるリハビリなどさまざまなケアを受けることができます。
治療が終了すれば次の予約を取ったり、自己負担金を支払ったりします。
車の渋滞や前の人の治療が長引いてしまうことも考慮して、予約時間は余裕をもっておきましょう。
なお、保険の自己負担金の支払いについてですが、その日の支払い分だけ払う方法の他に、前回の支払いを払う方法、月にまとめて支払う方法・・などクリニックによってさまざまですので、前もって聞いておくようにしましょう。
また、領収証は必ず取っておきましょう。
後でトラブルの原因にならないようにするためです。

訪問歯科診療のメリット

歯科医師や歯科衛生士が自宅を訪れてくれるということは患者さんがわざわざ通院しなくてもいいだけではありません。
入れ歯を作成した場合に歯科医師が直接患者さんの食生活を見られるのできめ細やかな指導が行えます。
さらに、お口のケアを指導する場合、通院ができない方の健康状態の他に介護者がどの程度患者さんに関われるか・・が問題になってきます。
ですが、訪問歯科診療であれば通院が難しい方の介護状況や生活状態などをチェックできるため、より最適なお口のケアを指導することができます。
通院ができない方のほとんどが食べられない・・という悩みを持っています。
その原因は入れ歯を壊した、歯が抜けた、入れ歯が痛む・・などです。
訪問歯科診療では通院が難しい方の気持ちをくみ取り、歯周病や虫歯治療の他に入れ歯を作ったり、修理、調整、お口のケアなど、さまざまな対応を行っています。
さらに、誤嚥性肺炎を予防する方法や食べる楽しみを回復するためのアドバイス、お口の機能のリハビリなども行っています。
治療方法は患者さんが無理なく行えるよう体調や体力を見ながら行っています。
また、費用については保険が適用されるので安心です。

訪問歯科診療を受ける理想のペースとは

歯はいったんなくしてしまうと元通りにできないものです。
つまり一生ものなので、虫歯や歯周病にならないよう予防歯科という観点が大切ですね。
では、いったいどのくらいの頻度で訪問歯科診療を利用すればいいのでしょうか?
人によって変わってきますが、一般的に若くて健康なお口の状態であれば年に1~2回程度は受診した方がいいでしょう。
お口の中は日ごろの生活習慣が重なり変化していくものだと言われています。
今はたとえ大丈夫であっても数か月後はどう変化しているか予想がつきません。
中高年~高齢者になれば入れ歯などを使用している方が増えてくるため、お口の中の健康状態をチェックすることは当然ですが、詰めものや入れ歯の状態をチェックしてもらうためにも訪問歯科診療は1~3か月に1度利用するのが理想だと言えるでしょう。

訪問歯科はクリニックによって異なります!正しいクリニックの選び方を徹底伝授

まとめ

お口の中の状態は人によって違いますので、理想的な頻度も人それぞれです。
もし、虫歯や歯周病なら利用する間隔は短くなりますし、健康な状態ならもっと長くてもいいでしょう。
実際にどの程度がいいのかはプロに相談するのがベストです。
患者さんに合わせて理想的なペースを提案してくれるはずですよ。
ぜひ、訪問歯科診療を利用する際のご参考になさってみて下さいね!