介護保険制度と歯科についての知識

はじめに

介護している人にとって心配ごとの一つに医療機関の受診があります。
寝たきりや体の不自由な方は通院するのが困難なので自宅での生活が中心となり、日ごろの介護や緊急時にどうすればいいのか・・など、心配ごとは尽きませんよね?
そういった不安がある方に知っておいて欲しいのが自宅に医師や歯科医師、薬剤師などの専門家が訪問し、生活指導を行ってくれるサービスです。
これを居宅療養管理指導と言います。
ここではこれから介護を始める人や現在介護を行っている方のために、このサービス内容について詳しくご説明したいと思いますので、ご参考になさってみて下さい。

居宅療養管理指導とは

居宅療養管理指導とは簡単に言うと歯科医師が行う医学管理上の指導や、歯科衛生士が行うお口のケア・・などです。
居宅とは自宅の他に老人ホームやグループホームなども含まれており、含まれないのは病院や特別養護老人ホーム、老人介護施設などです。
訪問歯科を行うクリニックの案内に介護保険について書かれているものはこの居宅療養管理指導のことを指します。
居宅療養管理指導は介護が必要な方のお口の機能や環境の向上やお口のケアが注目されつつある現在、あまり知られていないサービスで分かりにくいサービスだと言えるでしょう。
ではこの居宅療養管理指導のポイントについてご紹介してみます。

・歯科医師と歯科衛生士が行うものに分かれている

居宅療養管理指導での歯科治療には歯科医師が行うものと歯科衛生士が行うものとがあります。
歯科医師が行うものには医学的管理が継続的に行われ、ケアマネージャーに情報提供を行ったり、利用する方やその家族にサービスを利用する上での注意点などの助言も行います。
歯科衛生士が行うものはお口のケアの他に摂食、嚥下機能、入れ歯の掃除などに関する指導や、利用する方や家族の方に対してそれらに関する指導やアドバイスを行うものです。

・重要事項説明書

現在、居宅療養管理指導を行っているクリニックでもこれについてまだ知らない、行っていないクリニックも多いようです。
居宅療養管理指導は利用者へサービス提供を提供するにあたり、重要事項説明書を提供しなくてはなりません。
当然ですが、居宅療養管理指導は介護サービスの一つなので、この説明書に基づいて説明しなくてはなりません。

居宅療養管理指導のメリット

このサービスの最大のメリットは通院が難しい方でも、自宅などにいながらプロの健康管理やアドバイスが受けられる点でしょう。
日常生活で呼吸器などの医療器具を使用していたり、お口や歯にトラブルを持っている方でもプロによるケアを定期的に受けられるのでご家族も安心できるはずです。

居宅療養管理指導のデメリット

いっぽうで、居宅療養管理指導のデメリットとしてはご自分の意思だけでサービスを受けられない・・という点でしょう。
居宅療養管理指導は歯科医師の指示があってこそ利用できるサービスなのです。

訪問診療、往診との違いとは

さて、この居宅療養管理指導と同じようなサービスに訪問診療と往診がありますが、どういった違いがあるのかそれぞれの特徴を書いてみたいと思います。

・訪問診療

まず、訪問診療とは通院が困難な方の居宅を訪問し診察することですが、往診と違うのは定期的に訪問する点です。
訪問の回数は月2回と決まっています。
さらに、訪問診療は往診と同様医療保険が適用されます。
また、医師はケアマネージャーに報告する義務がないのが特徴です。

・往診

次に往診についてですが、これは通院が難しい人やその家族からの依頼でその都度医師が訪問する診察のことで、定期的ではなく不定期なものです。
例えば、救急車を呼ぶほどの緊急性はないものの、突発的な症状が起きた、容体が急に悪くなった・・などの場合に利用するものです。
こちらも介護保険ではなく医療保険を使うため、医師がケアマネージャーに報告する義務はありません。
つまり、居宅療養管理指導はサービス内容が医療機関や保健機関などの担当者の健康管理上での指導やアドバイスですが、訪問診療や往診は医療保険が適用となり、サービスの内容も医療行為であることが最大の相違点です。
居宅療養管理指導を利用してみたいが思ったような治療が受けられない・・などと後悔しないよう、しっかりとそれぞれの違いを理解した上で利用するようにしましょう。

居宅療養管理指導サービス業者を選ぶ際のポイント

・実際に利用している人の口コミをチェックする

実際に居宅療養管理指導を利用している方の口コミはそのサービス業者がいいかどうか判断するための材料になります。
たとえば、インターネットの書き込みなどは前もってチェックできるので、ぜひ一度見てみることをおススメします。
また、知り合いで利用したことがある方がいればそれに越したことはありません。
ぜひ、意見を聞いてみましょう。

・説明を詳しくしてくれるか

サービス内容や費用などを詳しく説明してくれるかどうかは業者を選ぶ際の最大のポイントと言えるでしょう。
気になる点が少しでもあったらすぐに質問していただき、相手の答えを注意深く聞くようにしましょう。
その時の相手の言葉遣いや態度、ていねいかどうか・・などを見ればいい業者かどうか分かるはずですよ。

・緊急時の対応

もし、事故が起こったりした場合の苦情受付や損害賠償など、相手にとってあまり説明を行いたくないことまでちゃんと教えてくれる事業者なら安心できると言ってもいいでしょう。
事故などはいつ起きるか予想できないので、もし実際に起きてしまった時トラブルにならないように前もって確認しておくことが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
居宅療養管理指導とは自宅で医療のプロの指導が受けられるサービスで非常に便利なものです。
病院まで付き添ったり、介助する必要がないので、介護する方にとって非常にメリットが多いです。
ただ、実際に医療行為は行えないので、生活する上での指導や治療を受けたい場合は医療保険を適用する訪問医療や往診を利用した方がいいでしょう。
利用する方本人の気持ちや症状をもう一度確認した上で、どれが最も適しているかを見極めて利用するようにしましょう。