訪問歯科で出来ることと訪問歯科のメリットについて

はじめに

歯科医師や歯科衛生士が直接自宅や施設に来てくれる訪問歯科診療は超高齢化社会において必要性が急速に高まっています。
ここではそんな訪問歯科診療でできることや訪問歯科診療のメリットなどについてお教えしたいと思います。

訪問歯科とは

そもそも訪問歯科とはお口の中のことで困ったことがあってもクリニックへ行けない方を対象とした、歯科医師や歯科衛生士が直接自宅や施設に来てくれるものを言います。
分類しますと、急に歯が痛み出したとか、入れ歯が合わないなどの場合に訪問治療してくれるものを往診と呼び、定期的に時間を決めて訪問し治療やケアを行ってくれるものを在宅診療と呼びますが、一般的にこの両方を合わせて訪問歯科診療と呼ぶことが多いです。

訪問歯科診療の治療内容

歯科治療

訪問歯科診療では治療用の器材を持って来てくれるため、基本的に一般のクリニックと同様の治療を受けることができます。
たとえば、虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作成や修理、調整・・などですね。
特に希望されるのが加齢によってお口の中の歯ぐきの衰退などで起こる入れ歯のトラブルや作成などだそうです。
治療のために患者さんが特に準備するものはないようですが、水道と電気を使いますので、それらがある部屋を用意する必要があります

お口のケア

お口のケアには2つあり、1つ目はお口の中を掃除することです。
お口の中の構造は非常に複雑になっており、細菌が繁殖しやすくなっているため、自分やご家族などできないところまで歯科医師や歯科衛生士が一人一人に合った専門的な方法でケアしてくれます。
そうすることでお口の中の衛生状態をよくし、高齢者の方に多い誤嚥性肺炎やインフルエンザなどの感染性の疾患を防止します。
さらに、食べたり飲んだりする機能を回復することです。
発音の練習やマッサージなどのお口のリハビリを行いながらお口の機能や維持を向上させ、できる限り患者さん自身のお口で食事をしたり会話をするなど、心身共に質のいい生活が送れるようにします。

訪問歯科診療のメリット

まず、通院しなくていいことが挙げられます。
介護を受ける方だけでなく介護する方にとってもクリニックへ行くための肉体的、精神的負担が軽くなり、時間の節約にもなります。
さらに、歯科医師や歯科衛生士によるプロの指導によって、お口の中の健康状態を維持することが可能です。
また、生活を行っている場所で診療を受けられるため、患者さんの生活に合った指導を受けられるのもメリットでしょう。
歯科医師や歯科衛生士がその方の日ごろの行動や家族との関係、嗜好などを把握した上でよりよい治療が行えます。
さて、歯と全身状態は大きな関係があり、お口の中のケアを行うことが質の高い生活と健康を作っていくと言っても過言ではありません。
自覚症状が全くない方の9割以上もの方がお口のさまざまなトラブルを抱えているとも言われています。
緊急性が必要な虫歯治療や入れ歯製作、調整などとは違って軽く見られがちなお口のケアですが、放っておくと全身の健康状態に悪い影響があります。
訪問歯科診療なら寝たきりの方でも治療してもらえるため安心ですね。
高齢者の健康とお口の中の状態は比例すると言われているので、自覚症状を感じる前に治療を行うことこそが健康維持につながるわけですね。

訪問歯科診療を行うクリニックの選び方

  1. 訪問可能なエリアであること
    訪問歯科を探す場合に施設や自宅が訪問可能なエリア内かどうかが重要です。
    法律ではクリニックのある場所の半径16キロ圏内と決まっているからです。
    もし、その条件を満たしているところでも、向こうの都合で断るようなクリニックは避けておきましょう。
    訪問歯科診療用のスタッフがいて、エリア内ならどこでも来てくれるクリニックを選ぶといいでしょう。
  2. クリニックと同じレベルの治療内容であること
    訪問してもらわなければ治療が受けられないので、クリニックと同じレベルの治療内容であることが大切です。
    もし、早く来てもらいたい場合には訪問歯科診療専門スタッフがいるところであれば早く来てもらえるそうです。さらに、訪問歯科診療専用の機器が揃ってあるところであれば、機器が不足していることを理由に断られることもないでしょう。
    患者さんが準備するものは特にないため、保険証やお薬手帳などを用意しておくだけで治療が受けられます。
    訪問歯科診療を行っているクリニックにはクリニックが苦手・・と感じるような方でも安心して治療が受けられる工夫をしてくれているところもあるそうですよ。
  3. 診療範囲が広い
    お口の中の痛みがあるところだけを治療するだけなのか、入れ歯を作ったり調整したり、お口のクリーニングなども行ってくれるのか・・など、どの範囲までの治療を行うかもクリニックによって違っています。
  4. 機材の充実度
    訪問歯科診療では診療に使用する機材はクリニックから持って行きます。
    ただ、どのような機材が揃っているかはクリニックによって違いがあり、歯を削るものや歯石を除去するもの、ライトやレントゲン、麻酔など、クリニックと同等の機材を用意しているところもあります。
    訪問歯科診療を利用する場合、機材がいかに充実しているかが選ぶポイントになるでしょう。
  5. かかりつけのクリニックや地域の担当部署に聞いてみる
    かかりつけのクリニックがある場合は訪問歯科診療が可能かどうか聞いてみるといいでしょう。
    そのクリニックで対応できそうにない場合には他のクリニックを紹介してくれるかもしれません。
    訪問歯科診療を行う場合は介護の知識がとても重要になります。
    なのでケアマネージャーなどの資格を取得している歯科医師に頼むのも選び方の一つと言えるでしょう。
    または、市町村の保健センターなどに問い合わせたり、主治医や介護職などの方に聞いてみれば、最近では地域でのネットワークが整備されているためいいクリニックが見つかるはずですよ。

まとめ

訪問歯科で行う治療内容や訪問歯科診療のメリット、クリニックの選び方などをご紹介してみました。
訪問歯科診療を利用したいけれど内容などよくわからない・・という方はぜひここでご紹介したことを参考にしていただき、一度利用してみて下さいね!