介護の一環である訪問歯科の重要性

はじめに

訪問歯科診療とは治療が必要にもかかわらず、さまざまな事情でクリニックへ行くことが難しい方のため歯科医師や歯科衛生士が訪問して治療を行うことです。
自宅や施設などで歯が痛んだり、お口のケアが必要になった場合など訪問して治療を行ってくれます。
ここでは、そんな訪問歯科診療の重要性についてお教えしましょう。

訪問歯科を受診するには

訪問歯科を受診できる方は希望した人全員というわけではありません。
治療を受けたいのに通院できない方を対象としているため、クリニックに通う時間がない、めんどう・・などの理由では治療は受けられません。
具体的に書きますと、介護が必要な高齢者や体が不自由なため通院できない方などが対象です。
さらに、条件となるのは訪問するクリニックから半径16キロ以内にあることです。
もし、訪問歯科を利用したい、どういった治療が受けられるのか知りたい・・という方はかかりつけのクリニックに聞いてみるといいでしょう。

訪問歯科治療に使える保険とは

さて、訪問歯科を利用すると医療保険と介護保険を使うことができます。
費用については、それぞれの保険で決まった分が自己負担となります。
さらに、医療保険の点数については訪問診療料というものが加算され、心身障碍者医療受給や生活保護受給などによる公費負担があることもあるようですね。

訪問歯科診療のメリット

リラックスして治療が受けられる

訪問歯科診療の最大のメリットは認知症などのせいで長時間じっと座っていられなかったり治療が難しい方にとって、日ごろの生活の場で治療が受けられるためリラックスして治療が受けられる点でしょう。
リウマチや脳梗塞、パーキンソン病などの疾患がある場合や座位や体勢を変えるのが難しい方の場合であっても、寝たままの状態で治療を受けることができます。
さらに、たくさんの患者さんを順番に治療する必要があるクリニックでの診療とは違って、一人のために処置を行ってくれるため患者さんも安心できます。

本人や介護者のリスクや負担が少ない

通院する場合には適切なクリニックを探したり、通院すること自体本人や介護者にとって負担になります。
また、インフルエンザなどの感染症が流行している時に通院すると、不特定多数の方が集まるクリニックでは感染のリスクが高まります。

受診機会をなくすことを防止できる

受診するのが簡単なので、患者さんが受診する機会をなくすことが防止できます。
健康な方の中にも通院しなければと思いつつ、忙しかったりめんどうだったりで通院を途中でやめてしまう方がおられるでしょう。
ですが、訪問歯科診療では通院する負担や手間のせいで受診する機会を失ってしまい、症状を悪化させる心配がありません
通院が困難な方でもそうでない方にとっても重要なことは必要な時に必要な治療が受けられるということで、これによって得られるメリットは何より大きいと言ってもいいでしょう。

訪問歯科の重要性

  1. 全身の健康が保てる

    超高齢化社会の現在、訪問歯科診療の対象となる高齢者や体が不自由で通院できない方がますます増えています。このような方の歯の健康を保てるほかに、全身の健康を保つためにも訪問歯科診療は重要な役割があります。日本の人口は平成26年時点で1億2,708万人ほどで、そのうち高齢者の人口は3,300万人もいると言われており、割合は25.9パーセントにもなります。
    つまり、現在高齢者の割合は全人口の4分の1ということになりますね。
    この超高齢化社会に伴って自宅や施設で医療を受ける方も増えており、要支援者や要介護者認定を受けている方も急増しています。同時に、自宅や施設で歯科治療を受ける方も急増しています。

  2. 高齢者や寝たきりの方にとって必要不可欠

    抵抗力や体力が弱っている高齢者や身体の不自由な方にとって、お口の中の細菌は大敵だと言えるでしょう。歯周病や虫歯が発症し悪化するほか、お口の中の細菌によって誤嚥性肺炎を起こすことがあったり、糖尿病や心臓病、血管障害などのリスクが高まります。その中でも特に誤嚥性肺炎は高齢者の死亡原因の上位となる怖い病気なのです。

  3. 患者さんが安心できる

    訪問歯科診療を実際に受けている方のほとんどが、歯科医師や歯科衛生士の治療を自宅や施設で受けられることに対して安心感を得ていると言われています。
    つまり、訪問歯科診療は患者さんにとって安心感をもたらします。

  4. 生活の質を向上できる

    人間にとって食事を楽しんだり会話をすることは人生において大きな楽しみです。
    食事や会話を行うためにお口の中が健康であることは必要不可欠でしょう。
    健康な口の状態があってこそ楽しい食事や会話が行えるため、訪問歯科診療は生活の質の向上につながると言ってもいいでしょう。

訪問歯科クリニックの選び方

訪問歯科診療の経験が豊富

訪問歯科診療ではほとんどの場合、高齢者や身体の不自由な方の診療を行っていますので、訪問する歯科医師は歯科医療だけでなく介護の知識が必要になります。
もし、治療途中でなんらかのトラブルがあった場合、介護の知識がある歯科医師なら適切な対応ができるからです。
なので、長年訪問歯科診療を行っているクリニックなら安心して治療が受けられそうですね。

親身になって相談に乗ってくれる

歯科治療を受ける際、どんな方であっても緊張がつきものです。
訪問歯科診療でも同様で、不安を感じずに治療を受けるには治療前後にしっかりとした説明があり、疑問点があれば丁寧に答えてくれるクリニックを選ぶことでしょう。
治療技術はもちろん、親身になって患者さんの相談に乗ってくれるクリニックを選ぶことが大切です。

まとめ

訪問歯科診療の重要性やメリット、クリニックの選び方などについてご紹介しました。
介護を受けている方や体が不自由な方はクリニックに通院できにくいため、お口の中が不衛生になりがちです。
ですが、訪問歯科診療を利用すればお口の中を衛生的に保つことができ、ひいては全身の健康を保つことにつながります。
ぜひ、訪問歯科診療を利用してみたいと思っている方のご参考になれば幸いです!