気になる訪問歯科のQ&A

 

はじめに

昔から口は健康の入り口、魂の出口などと言われていますが、口は食事以外にも社会的生活を営む上でも重要な役割があります。

日本歯科医師会はどのような状況にあっても、患者さんが歯科医療を受けられるようシステム構築を行ってきました。

日本では超高齢化社会を迎えるにあたって、さらに訪問歯科診療の必要性が高まる時代になったと言えるでしょう。

 

ここでは、そんな訪問歯科診療について基本的なQ&Aをご紹介してみたいと思います。

ぜひ、今後訪問歯科診療を利用する際のご参考になさっていただけると幸いです!

 

歯科訪問診療Q&A

Q.歯科訪問診療って?

A.訪問歯科診療とはその言葉の通り、何らかの精神的・肉体的理由により歯科医院に通院できない人に対して、歯科医師や歯科衛生士などによって施設や自宅を訪問してお口のケアや診療を行うものです。

まだまだ歯科訪問診療について詳しくご存じない方が多いようですが、最近、こういった訪問歯科診療を積極的に行っているクリニックは増加しています。

一言で言うと走る歯医者さんですね。

高齢者や体の不自由な方にとって、強い味方として期待されつつあります。

 

Q.どうやって依頼すればいいの?

A.さまざまな窓口や依頼方法があるため、一番気軽に行える方法で相談することをおすすめします。

まず、かかりつけのクリニックまたは受付で相談しましょう。

日頃かかりつけのクリニックにご本人かご家族が電話して相談しましょう。

また、地元の歯科医師会の事務局に相談してもいいでしょう。

在宅歯科治療や歯科訪問診療などの相談に乗ってくれる窓口があったりもします。

 

都道府県の歯科医師会に相談する方法やケアマネージャー、訪問看護師に相談する方法もあります。

介護や医療に関わる訪問看護師やケアマネージャーに相談すれば診査などがあり、ケアや治療の計画を立案してくれます。

病院の看護師や地域医療連携室のスタッフに相談する方法もありますので利用してみるといいでしょう。

 

Q.依頼するクリニックが決まったらどんな準備が必要?

A.今困っていることを具体的に伝えるようにしましょう。

たとえば、数日前くらいから右下の奥歯が腫れてしまい痛みがあります・・などですね。

さらに、安心して診療を受けるため分かる範囲でいいので、過去にかかった病気や今かかっている病気、服用中の薬などについて伝えましょう。

保険証や介護保険などの書類を準備しましょう。

かかりつけのクリニックやケアマネージャー、訪問看護師の連絡先を教えましょう。

 

Q.どうしてお口のケアが大切なの?

A.お口の中の細菌の数は生理的作用や生活行動などにより、1日のうちでも変化が大きいと言われています。

長期的に寝たきりの患者さんや介護が必要な方にとって、お口のケアがいい加減になるとプラークが増えてしまい、たんが舌や口蓋についてしまうため爆発的に増加します。

さらに、入れ歯が不衛生だと細菌の温床になるため、感染や病気の原因である細菌を減らすことこそが病気の予防に繋がると言ってもいいでしょう。

また、お口の中をキレイにしておくと食事が美味しく感じたり、爽快感を感じられるため生活の質が向上します。

 

Q.歯科訪問診療のメリットって?

A.歯が健康であることと全身の健康には深い関係があると言われています。

お口のケアが質の高い生活と健康を作る・・と言ってもいいわけですね。

自覚症状がなくても、9割以上もの方がさまざまなお口のトラブルを抱えていると言われているほどです。

虫歯や入れ歯製作、調整などの緊急性がいるものではなく軽く見られがちなお口のケアですが、放っておくと全身にさまざまな悪影響を及ぼします。

 

訪問歯科診療は車いすやベッドにいたまま治療を受けることができますので、寝たきりの方でも診療が受けられます。

自覚症状が出る前に適切に対処することこそが健康を維持することに繋がります。

他にメリットとしてはお口をキレイにすることで虫歯や歯周病を予防でき、入れ歯のお手入れをすることで食べる機能や話す機能を保てます。

 

つまり、体力をつけられ人と会話することが可能になるため生きる気力がわいてきます。

 

Q.訪問歯科診療の治療内容って?

A.クリニックに通院して受ける治療と訪問歯科診療の治療内容はほとんど同じだと言えます。

協力医療機関のクリニックでは歯を削るための機器からレントゲンなど持ち運べる専用機材を揃えているため、歯周病治療や虫歯治療、入れ歯の製作や調整・・などといった通常クリニックで行われている治療とほとんど同じ治療が受けられます。

 

お口のケアについてはお口の中をキレイにする気質的口腔ケアの他に口腔機能を維持、回復させる機能的口腔ケアを受けられることになっています。

さらに、患者さんの健康状態によって歯科医師が治療内容を判断し、重い疾患の方や体の健康がすぐれない方にはその状態から判断して主治医に相談した上適切な歯科治療を行います。

 

Q.訪問歯科診療の選び方って?

A.訪問歯科診療の選び方の最大のポイントはその経験の豊富さではないでしょうか。

訪問歯科診療の対象となる方は歯科医師がクリニックへ通院するのが難しいと判断した方に限定されますが、クリニックで行われるほとんど全ての治療が施設や自宅で受けられます。

さらに、介護事業者や医科と連携が取れているかも大切なポイントです。

つまり、歯科治療を行う前に主治医などと密接な連携を行うことで合併症などの把握や情報収集ができるからですね。

 

Q.費用はどのくらいかかるの?

A.治療を受けるのが介護施設か自宅か、複数か一人なのかによっても費用は変わってきます。

介護保険によって市町村によって各種助成制度や上限額が決まっているため、もよりの相談窓口で相談してみるといいでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ご本人やご家族が日頃からかかりつけのクリニックや歯科医師を持っておくことは、介護がいざ必要になった時に安心して治療を受けるために重要になるでしょう。

なので、まだ通院できる段階から信頼できるクリニックを見つけておくことが必要ですね。

ぜひ、訪問歯科診療を受ける際のご参考になさっていただき、安心・安全に訪問歯科診療を受けてくださいね!