知っておきたい訪問歯科についての注意点

みなさんは訪問歯科という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 
訪問歯科とは簡単に言うと施設や家に来てくれる歯医者さんのことです。
体が不自由な方や高齢の方は通院したくてもなかなか通院できません。
ですが、お口の中をいい状態にしておかないと、健康を損なってしまう可能性があります。
そこで、施設や自宅に来てクリニックと変わらない治療やケアを行ってくれるのが訪問歯科診療なのです。
ここでは、そんな訪問歯科診療を受ける際の注意点などについてお教えしましょう。
ぜひ、利用する際のご参考になさっていただけると幸いです。

訪問歯科のメリットとは?

では、そもそも訪問歯科のメリットとはどういうものなのでしょうか?
訪問歯科の最大のメリットは、日ごろ歯科医院に行けない方でもじゅうぶんに診療を受けられ、お口の中の健康をきちんと管理できることでしょう。
日ごろ、施設や自宅で過ごすことが多い方にとって通院はかなり緊張して疲れるものです。
ですが、訪問歯科ならいつも生活している場所に歯医者さんの方から来てくれるので、リラックスして診療を受けられます。
介護をしている方にとっても、付き添いや送迎の負担が軽くなるのはかなりメリットでしょう。

訪問歯科の重要性

超高齢化社会と言われている日本では年々高齢化が進んでおり、施設や病院などで看護や介護を受けるお年寄りが増加しています。
その中で、高齢者の方が日々受けられるサポートとしてお口のケアはいい加減になってしまいがちです。
その理由はお口の中の病気が全身の健康にかかわるという認識があまりないからでしょう。
ところが、お口のケアをいい加減にすると全身の重大な病気を招く可能性があるのです。
高齢化社会の今こそ、訪問歯科の重要性が大きくなっていると言えるのです。

お口のケアは後回しにされがち

介護される方の歯科治療やお口の中のケアはあまり緊急を要するものではないため、後回しにされがちな問題があります。
それに、ご自分でクリニックに行くこともできません。
ですが、お口の中のケアや歯科治療を行うことによって栄養状態が改善されたり、誤嚥性肺炎などのリスクが下がるため、介護の現場において最近お口のケアや歯科治療は再評価されはじめています。
なので、ぜひ介護をされている方は訪問歯科を利用してみていただきたいです。

訪問歯科を選ぶ時の注意点とは?

現在の日本ではコンビニの数より歯科医院の数が多いと言われています。
まだまだ訪問歯科を行っている歯科医院は多いとは言えませんが、その中から利用者にぴったり合ったクリニックを選ぶのは至難の業だと言えるでしょう。
それに、訪問歯科を利用するのは体の不自由な方や高齢者の場合が多いため、歯科医院を選ぶ際には注意が必要です。
ここでは、訪問歯科を選ぶ際の注意点をお教えしたいと思いますので、ぜひご参考になさってみてください。

訪問歯科の経験が豊富かどうか

訪問歯科ではほとんどの場合、体が不自由な方や高齢者の診療を行うため、訪問する歯科医師は介護の知識も必要となります。
もし、診療中に何かトラブルが起きた場合でも、介護の知識があれば適切な処置ができるはずです。
つまり、経験豊富な歯科医院なら安心して任せられるでしょう。

機材が充実しているか

また、訪問診療では歯科医院にあるような大きな機材や機器は持って来ることができません。
なので、訪問歯科専用の機材がどの程度あるかというのが選ぶ際の大きなポイントになります。
歯科医院で受けるのと同程度のきちんとした治療を受けるには、訪問歯科専用の機材が豊富かどうかをチェックすることが必要でしょう。

親身になって相談に乗ってくれるか

歯科診療では健康な方でも緊張するもので、訪問歯科でもそれは同様です。
不安を感じずに診療を受けるには診療の前後にきちんと説明を行ってくれ、ちょっとした疑問点にも丁寧に答えてくれる歯科医院を選びたいものです。
もちろん、治療技術は重要ですが、親身になって相談に乗ってくれるかどうかはかなり重要なポイントでしょう。

訪問のスピードが速いかどうか

訪問歯科では介護されている人のために介護している人が呼ぶ場合がほとんどです。
なので、つらい思いをしている患者さんのためにもできる限り早くきてくれる歯科医院を選びましょう。

治療内容の充実度

高齢者が利用する機会の多い訪問歯科では、虫歯治療以外にも入れ歯の調整や嚥下治療、がん検診・・などといった、専門的な治療も必要です。
なので、お口の中の痛い部分だけを応急処置するだけなのか、お口のクリーニングや入れ歯の調整などまでしてくれるのかは、クリニックによってさまざまなようです。
さまざまな処置を行ってくれるクリニック選びをしたいものですね。

訪問可能なエリアかどうか

訪問歯科を利用する際、自宅がそのクリニックの訪問可能なエリア内にあるかどうかを確認してからにしましょう。
訪問診療では法律上、訪問できるエリアはそのクリニックがある場所から半径16キロ以内という決まりがあるからです。
さらに、訪問可能な条件を満たしていたとしても、クリニックの都合で断るようなところは避けていただき、訪問歯科専門のスタッフを用意していてエリア内ならどこにでも来てくれるようなクリニックを選びましょう。

安心感があるかどうか

たとえ歯科医師とは言っても、訪問歯科では他人を自宅の中へ入れることになります。
地域のかかりつけ医として実績があれば、安心して家族も迎え入れることができるでしょう。

まとめ

一般的に訪問歯科を利用する方は、日ごろからお口の中のケアがおろそかになりがちです。
そのため、治療を受けてもしっかりとその後のお口の中のケアができないのですぐに悪化してしまうようです。
歯科医師や歯科衛生士などの専門家によるケアに加えて、介護している方のケアや本人によるセルフケアなどともきちんと連動している必要があります。
それには訪問歯科を行っている歯科医院以外にも健康管理や介護を行っている方へのアドバイスをしてくれるクリニックを選ぶことが大切です。
ぜひ、訪問歯科を利用する際のご参考になさってみてください。