訪問歯科はクリニックによって異なります!正しいクリニックの選び方を徹底伝授

はじめに

みなさんは訪問歯科という言葉を耳にしたことがありますか?
訪問歯科とは分かりやすく言うと、家や施設に来てくれる歯医者さんのことです。
高齢の方や体が不自由な方はクリニックに通院したくても自由に行くことができませんが、お口の中を悪い状態にしておくと口腔内の健康を損なうことがあります。
そこで、自宅や施設などに行ってクリニックと変わらない治療を提供するのが訪問歯科診療というものです。

訪問歯科のメリットとは?

では、この訪問歯科のメリットとはいったいどういうものなのでしょう。
この訪問歯科の最大のメリットはクリニックに行けない人でもじゅうぶんに診療を受けられ、お口の中の健康を管理できることでしょう。
日ごろ自宅や施設で過ごす方にとって、外出して診察を受けるのは緊張するものです。

 

さらに、診察が終われば疲れてしまう方も多いでしょう。
ですが、訪問歯科ならいつもの場所に来てくれるので、リラックスした状態で診察を受けられるメリットがあります。
また、介護している人も付き添いや送迎の負担がかるくなるため、かなりのメリットがあると言えますね。

訪問歯科の重要性とは

超高齢化社会と言われているように、日本では高齢化が年々進み施設や病院での介護を受ける高齢者が急増しています。
そんな中で、高齢者が受けられる健康サポートで軽視されがちなのがお口のケアです。それは、お口の疾患が命に係わる可能性がある・・という認識がまだまだ薄いせいでしょう。

 

ですが、口腔ケアをおろそかにすると、重篤な全身疾患を招く可能性があります。
高齢化社会の現在、訪問歯科の重要性が高まっています。
つまり、訪問歯科を積極的に利用することが大切だと言えるでしょう。

訪問歯科の選び方とは?

日本では現在、コンビニの数より多いとも言われている歯科医院ですが、まだまだ訪問介護に対応可能なクリニックはそう多くはないようです。
さらに、その訪問歯科に対応しているクリニックの中からここだというクリニックを選ぶのは難しいもの。
その上、訪問治療の対象となる方は、障がいを持つ方や高齢者が多いので訪問歯科選びは特に慎重にならざるを得ません。
ここからは訪問歯科の選び方のポイントをご紹介してみましょう。

訪問可能なエリアかどうか

訪問歯科を探す場合、自宅や施設が訪問可能なエリアかどうかを確認しておきましょう。
訪問診療において、法律でそのクリニックがある場所から半径16キロ圏内と決められています。
もし、訪問可能な条件を満たしているクリニックでも向こうの都合で断ってくるところではなく、訪問歯科専門のスタッフが用意されていて、エリア内であればどこでも訪問できるところを選ぶといいでしょう。

院内と同じレベルの診療内容

訪問してもらわないと歯の治療が受けられないため、やはり院内の診療と同レベルのクリニックがいいものです。
もし、できれば早めに診療してもらいたいなら、訪問歯科専門のスタッフがいるクリニックだとすぐに来てもらえるはずですよ。
また、訪問歯科専用のレントゲンや機器を用意してあるクリニックであれば、器具の不足を理由に断ってこられることもないはず。
患者側としては特に用意しておく器具などはありませんので、保険証とお薬手帳などを用意しておけばいいでしょう。
訪問歯科の中には、クリニックが怖いと感じているような方でも安心して治療が受けられるような工夫を行っているところもあります。

経験豊富な歯科医師を選ぶ

訪問歯科ではクリニック内で行う診療とは全く環境が違っています。
クリニックだと専用のいすやライトなどが完備されていますが、訪問歯科ではそういったものはなく、患者さんのお部屋でそれぞれの方に合わせた位置や姿勢で診療を行わなければなりません。

 

つまり、そのような状況下で診療するには経験豊富であることが大切なんですね。

しっかりカウンセリングを行ってくれる

決まった診療内容があって、それを淡々と行っていくような訪問歯科では患者さんや家族の満足度は低いはずです。
お口の中の状態だけでなく、全身の健康状態や生活状況、本人以外にも家族が希望する診療の進め方やケアマネージャーが作った計画などすべてを考慮した上で、その人それぞれに合った治療計画を作ってくれることが大切です。

 

歯科治療はどんな人でも緊張するものですが、訪問歯科でもそれは同様です。
不安なく安心して治療を受けるには診療の前にしっかりと話を聞いてくれ、説明してくれるクリニック選びが大切でしょう。
治療技術は当然ですが、親身になって相談に乗ってくれるようなクリニック選びをする必要がありそうですね。

診療の範囲が広い

お口の中の痛いところだけを応急処置するだけか、入れ歯の修理やお口のクリーニングなどもしてくれるのか・・など、どこまでの診療を行ってくれるのかもクリニックによってばらつきがあるようです。
さらに、歯の治療以外にも自分でちゃんと飲み込むためのトレーニングを行わないと本当の意味で健康であるとは言えませんよね。
なので、そこまで行ってくれるクリニックを選ぶ必要がありそうです。

機材が充実している

さて、訪問歯科では診療に必要となる機材はクリニックから持っていくことになっています。
ですが、どういった機材があるのかはそのクリニックによって違っています。
歯を削るための機器や、歯石を取り除く機器、レントゲンやライト、バキュームや麻酔などといったクリニックとなんら変わらなないほどの機材を揃えているクリニックが好ましいです。

まとめ

訪問歯科を利用する患者さんは日ごろから口腔ケアがおろそかになりがちで、治療を受けたとしてもその後しっかり口腔ケアできないためすぐに悪化してしまいがちです。
なので、歯科医師や歯科衛生士などのプロによるケアに加え、本人のセルフケアや介護している方の介護者口腔ケアすべてがしっかりと連動していることが大切です。
そのためには、訪問歯科を行うクリニック以外にも診療を受ける方の健康管理や介護しているスタッフへアドバイスを行ってくれるようなクリニック選びが重要と言えるでしょう。
ぜひ、訪問歯科を選ぶ時のご参考になさってみてくださいね!