訪問歯科の料金は?訪問歯科を有効活用して健康な歯を保ちましょう!

 

はじめに

訪問歯科とは歯について困っていることがあってもクリニックに行けない人を対象とし、歯科医師や歯科衛生士さんが自宅や施設などに訪問して治療を行うものです。
細かく分けますと歯が急に痛み出した、入れ歯が合わなくて困る・・などの人のため訪問治療を行うものを往診と言い、定期的な日時を決めてケアや治療をすることを在宅診療と呼びますが、一般的にこの両方を訪問歯科と呼んでいます。
ここでは、そんな訪問歯科について料金を含めご説明しましょう。

訪問歯科とは?しっておくと便利な「訪問歯科」でできること

訪問歯科が受けられる人とは?

保険を使いこの訪問歯科を受けるためにはいくつか決まりが設けられています。
まず、自分で近くのクリニックへ通うことができない正当な理由がある人ということです。
具体的に言うと高齢のため介護を受けているとか、体が不自由なため通院できない・・などで、通う時間がないとか、面倒などの理由では診療することはできません。
次に、訪問するクリニックから半径16キロ圏内に施設や自宅があることでしょう。
申し込みの際にはその圏内にあるのかどうかを確認しておきましょう。

 

どういった費用がかかるの?

治療の際には医療保険と介護保険が適用となるため、それぞれ決められた自己負担額がかかってきます。
医療保険の点数に訪問診療料が加算され、自己負担金については1割~3割となっていますが、心身障碍者医療受給や生活保護受給による公費負担が受けられる場合もあります。
もし介護保険を使った場合には訪問歯科診療はケアプランとは別枠になるため介護保険の自己負担金が必要になります。
また、訪問するための交通費が請求できると認められています。
クリニックによっては交通費がかかる場合もありますので事前にチェックしておきましょう。

どういう治療があるの?

基本的にはクリニックで保険治療として行われているほとんどの治療を受けることができますが、まれに訪問診療用の機材では対応不可能なものもあります。
主な治療としては次のようなものがあります。

  • 入れ歯の作成、調整、修理など
  • 虫歯や歯周病の治療
  • お口の中のケア

どこまでできるの? 訪問歯科の診療内容と回数について

訪問歯科の費用は?

費用については歯の状態や保険などによって違ってきます。
また、介護保険を使った場合は医療保険の自己負担金とは別に介護保険の1割負担として月々350円~2400円程度かかってきます。
おおよそですが、虫歯の治療の場合1日当たり1500円~4000円程度で、入れ歯の作成は総額10000円~18000円程度となっています。
なお、入れ歯の調整や修理だと総額3000円~5000円程度となっています。

訪問歯科の支払い方法とは?

訪問歯科の自己負担金の支払い方法についてはその日にかかった治療分を都度支払う方法の他に、全かいの治療分を毎回払う方法や月に1回まとめて払う方法などクリニックによって支払い方法が違っています。
なので、1回目の治療の際に確認しておきましょう。
支払いでトラブルにならないためにもきちんと領収書をもらっておくことをおススメします。

誰に頼めばいいの?

訪問歯科を行っているクリニックはまだ多くないので、近くのクリニックに直接電話しても断られるケースが多いようですね。
自宅に訪問してもらいたい場合にはケアマネージャーや地域包括支援センターなどに相談すると探してくれるようです。
施設に来てもらいたい場合は施設の人に相談してみましょう。
訪問歯科医院と提携していることもありますし、以前他の方が利用したクリニックを紹介してくれることもあります。

どんなクリニックがいいの?

訪問歯科はいろいろなところでいろいろな体の状態の人を治療するため、経験が豊富でコミュニケーションがうまい医師であることが望ましいです。
たとえば、介護施設などでその医師の印象を聞いたり、口コミなどでチェックしてみるといいでしょう。

訪問歯科医師の選び方

準備はどんなことをすればいいの?

なお、用意しておくものとしては健康保険証や今飲んでいる薬の内容が分かるもの・・などがあります。
治療の場所としては流しなどの水回りの近くでコンセントがあり、一人分のスペースが脇にある場所となります。
治療を立ち会う人はできるだけ家族の方が好ましいでしょう。
特に初回についてはどういう治療を今後行って苦化を相談する必要があるので立ち会った方がいいでしょう。

治療の流れ

まず、医師と歯科衛生士さんなどがポータブル歯科器材を持参して訪問されます。
ほとんどの場合車で来るので近くの駐車場の場所を伝えておきましょう。
治療はベッドや椅子の上で行い、1回あたりの治療時間は30分程度でしょう。

 

また、お口の中のケアやリハビリについてはお口の中のおそうじ以外に歯ブラシを使用したり、リハビリから発声のリハビリなどまで幅広いケアが行われているようですね。
治療が終わると次の予約や自己負担金の支払いを行います。
前の方の治療が長くなったり、渋滞などがあることを考えて予約時間には幅を持たせておきたいものです。

訪問歯科の必要性

現在、口腔内細菌が全身の健康に非常に影響を及ぼすことが分かってきています。
日本人の死亡原因の第4位の肺炎もその1つと言われており、肺炎によって亡くなる患者さんの9割もの方は65歳以上の高齢者とも言われています。
この肺炎の原因になる細菌はお口の中に潜んでおり、健康な人なら気管の中に細菌が入っても白血球や咳をすることによって排除できます。
ですが、歳を取るとどの防御機能も弱くなりますしものを飲みこむ力も低くなるため、高齢の方は知らないうちに細菌が気管から肺へ流れ込むため肺炎が起こってしまうのです。

 

つまり、歯科医師や歯科衛生士によるプロの口腔ケアにより常にお口の中を清潔に保ち、細菌を除去することが重要になってきます。
また、同時に話す、食べるなどの口の機能が低下するのを防ぐためにお口腔マッサージや構音訓練などといったリハビリを行うことにより、口の機能を維持、向上させることも可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
訪問歯科について料金など詳しくご説明してみました。
訪問歯科についてあまり知らなかった方もこれで基本的なことがお分かりになっていただけたかとおもいます。
ぜひ、今後訪問診療を利用することがあれば上でご説明したことを参考にしていただきたいですね!