訪問歯科で行う口腔ケア。その目的と効果とは?

はじめに

訪問歯科の場合には口腔ケアを行っています。
では、訪問歯科の口腔ケアはどのような目的と効果があるのでしょうか?
ここでは、訪問歯科の口腔ケアの目的と効果についてご紹介しましょう。

訪問歯科の口腔ケアの目的

最大の訪問歯科の口腔ケアの目的は、 生活の質である※QOLを高め、 体全体を口腔から健康にすることです。
自分の口で摂ることができるのは、健康な心と身体であるためには大切です。
また、友人や家族と会話が楽しくできることも、生活を充実するためには非常に大切です。
思うように摂ることができ、思うように会話ができることは当然のように思うかもしれませんが、実際は非常に大切なことです。
心も身体もその人らしい豊かな生活がいつまでもできるように、訪問歯科の口腔ケアはサポートしています。

※クオリティ・オブ・ライフ

口腔ケアの効果

訪問歯科で口腔ケアを続けると、いろいろな病気を防げる可能性があります。
また、多くのメリットがそこから派生してくることも期待できます。
ここでは、訪問歯科の口腔ケアの効果についてご紹介しましょう。

 

  1. 発熱が予防できる

    発熱が発生する確率は、口腔ケアを行っている場合とそうでない場合では違っており、発生する確率は口腔ケアを行っている場合の方が低いようです。
    そのため、訪問歯科の口腔ケアは、発熱が発生するリスクが少なくなる効果が期待できると言えるでしょう。

  2. 誤嚥性肺炎が予防できる

    誤嚥性肺炎が起きる要因は、大きく分類すると2つのケースが想定されます。
    1つのケースとしては、食べ物は食道へ普通はいきますが、気道へ誤っていって炎症が起きる場合で、もう1つのケースはだ液を飲む際に誤嚥が起きて、肺にだ液の中にいる細菌が侵入して発症する場合です。
    高齢者の場合は、眠っている時などにだ液を知らない間に誤嚥する場合が多くあり、誤嚥性肺炎は高齢者が死亡する要因の中でもトップクラスになっています。
    訪問歯科の口腔ケアの場合は、清潔に口腔内を保って、さらに誤嚥が緩くなるリハビリも実施しているので、実施した場合と実施していない場合では、口腔ケアを実施した場合の方が、誤嚥性肺炎の発症率が低くなっています。

  3. 認知症が予防できる

    訪問歯科の口腔ケアの場合には、噛み合わせや歯などのケアも行います。
    しっかりと歯で噛めるのは、いい効果が脳に対して期待できるそうです。
    20本以上歯がある場合と、ほとんど歯がなくてしかも入れ歯も使用していない場合では、認知症になるリスクが2倍近くも違うというようなデータもあります。
    歯が無くなる一つの要因である歯周病などは、脳に直接影響を与えるリスクがあると言われています。
    また、噛む力が弱くなってくると、脳の認知機能が下がってくるリスクもあります。
    どのようなものでも噛める場合に比較して、あまり噛めない場合は認知症になるリスクが1.5倍もあります。
    十分に噛むことが難しくなれば、刺激が脳に対して少なくなって、脳が萎縮するため認知症にもよくなります。
    訪問歯科の口腔ケアは、十分に噛む機能が作用するようにサポートすることによって、認知症を予防するためにも役に立ちます。

  4. 心臓病が予防できる

    臓病になるリスクが、歯周病がある場合は高くなると言われます。
    口の中の粘膜や歯茎が傷ついて、口の中の歯周病菌がこの傷口から血液の中に侵入すると、動脈硬化が起きる要因になる場合があります。
    症状が悪くなってしまえば、狭心症や心筋梗塞などが起き、最悪の場合には死亡する場合もあります。
    訪問歯科の口腔ケアの場合には、口腔内の状態をケアする前にチェックします。
    また、菌が傷口に近づかないように、だ液の分泌を促進したり、歯周病自体にならないようにケアも行ったりします。
    このような口腔ケアを行うことによって、未然に口腔内からの心臓病を防止することができます。

  5. 糖尿病が予防できる

    「境界型」というのは、糖尿病になる少し前の症状がある人のことです。
    あるデータによると、歯周病がある場合と無い場合で境界型になるリスクを比較すると、歯周病の中くらいのものがある場合には約2倍、歯周病の重度のものがある場合には約3倍もの違いが出てくるそうです。
    歯周病菌が血液の中に侵入すると、インスリンの障害という血糖値が低下するようになると言われています。
    さらに、歯茎が歯周病によって炎症になると、糖尿病が悪化・発症することが、最近の研究によって明確になってきているようです。
    一見すると、糖尿病と口腔ケアは関係が全くないように見えます。
    しかし、要因が歯周病にもあると想定されているので、糖尿病を予防するためにも効果が期待できるのではないかと考えられています。

  6. だ液の分泌が促される

    口腔内が乾いてくるのは、口腔内を細菌や食べ残しが覆って、だ液の分泌を妨害するためです。
    訪問歯科の口腔ケアによって口腔内を清潔にすることで、少しずつだ液が分泌してくるようになります。
    また、口腔ケアの際には、多くだ液が分泌される「だ液腺」の箇所に刺激を指や歯ブラシなどによって与えるので、活発に働きがなり、だ液が分泌してきます。

  7. トータルの医療費が低減できる

    健康な口腔であれば、歯が無くなるリスクも低下してきます。
    多く自分の歯が残っている場合は、歯科治療費のみでなく、トータル医療費も少なくなるそうです。
    あるデータによると、歯が多く残っているほどトータルの医療費に違いが出てきて、残っている歯が0本~4本の場合は約54万円余り年間に費用がかかりますが、残っている歯が20本以上の場合は約36万円余りになり、この違いは約18万円近くにもなります。
    体の違和感や怪我・病気をそのままにしておくことは、当然ですがいいことではありません。
    しかし、訪問歯科で口腔ケアを行うと、出費が気がかりになることもまた真実です。
    健康な体であることが最も節約できるということであれば、訪問歯科の口腔ケアは全身の健康に繋がるため大きなサポートになるでしょう。

なお、訪問歯科の口腔ケアは、このようにいろいろな効果が期待できますが、一方、注意することも実際にはあります。
そのため、訪問歯科の口腔ケアを利用する場合には、かかりつけの歯科医などにしっかりと相談をしましょう。