訪問歯科は保険適用内?気になる費用と保険の話

はじめに

一般的に、虫歯などの治療をする場合には、歯科医院に行く必要があります。
しかし、訪問歯科によって虫歯などの治療をすることができます。
ここでは、訪問歯科について詳しくご紹介しましょう。
訪問歯科を利用する場合に気になる、訪問歯科の値段は保険適用内かなど、訪問歯科の値段と保険について把握しておきましょう。

 

訪問歯科とは

訪問歯科とは、歯について悩んでいるが歯科医院に通うことができない人のために、歯科衛生士や歯科医師が歯の治療をするために施設や自宅を訪問することを言います。
訪問歯科を細かく分類すると、「往診」という入れ歯が合わないので困った、あるいは急に歯が痛くなった、というような人の要求に対応するために訪問して治療するものと、「在宅診療」という日時を定期的に決めて訪問して治療やケアを行うものがあります。
一般的に、訪問歯科はこの往診と在宅診療を一緒にしたものです。
では、訪問歯科はどのような人が受けられるのでしょうか?

 

訪問歯科の決まり

訪問歯科を、保険を使用して受けるためには決まりがいくつかあります。
まず、近くにある歯科医院まで自分で通えない理由の正当なものがある場合に限定されています。
具体的には、介護を高齢であるため受けている場合、あるいは不自由な身体であるため歯科医院に通うことが難しい場合が対象になります。
歯科医院に通う時間がない、あるいは歯科医院に通うのが面倒である、というような理由の場合には、保険が適用されません。
もう一つの理由としては、施設や自宅が半径16km以内に通う歯科医院がある場合です。
訪問歯科の診療を利用する場合には、このような範囲になっているかチェックしてみましょう。

 

訪問歯科の負担額

では、訪問歯科ではどのくらいの値段になるのでしょうか?
訪問歯科で治療する場合には、介護保険と医療保険が適用になるため、自己負担金のそれぞれ決められた分のものがかかります。
訪問診療料が、医療保険の点数にプラスされます。
自己負担金としては、1割~3割になりますが、公費負担として「心身障害者医療受給」や「生活保護受給」によるものがあるケースもあります。
介護保険を使う場合は、ケアプランと訪問歯科診療は枠が別になり、自己負担金が介護保険で発生します。
また、交通費として訪問にかかったものを請求することが許可されています。
そのため、交通費が歯科医院によっては発生することがあるため、訪問歯科を利用する際に確認してみましょう。

 

では、具体的に訪問歯科はどの程度の値段になるのでしょうか?
歯の状態や保険などで違ってきますが、ここでは、基本的な医療保険の自己負担金の目安についてご紹介しましょう。
なお、介護保険を使った場合は、介護保険の1割負担として医療保険の自己負担金の他に、350円〜2400円が毎月かかります。
1割負担とした場合の医療保険の自己負担金としては、

  • 虫歯の治療の場合は、1日あたり1500円〜4000円くらいで期間は1日〜5日くらい
  • 入れ歯を上下いずれか片方を製作する場合は、トータル額が10000円〜18000円くらいで期間は4日〜8日くらい
  • 入れ歯の修理・調整の場合は、トータル額が3000円~5000円くらいで期間は1日〜3日くらい
    になります。

訪問歯科を利用する方法

では、どこの歯科医院に依頼するといいのでしょうか?
歯科医院で訪問歯科を行っているところは、まだそれほど多くありません。
そのため、直接近くにある歯科医院に電話をかけても断られることがあるようです。
訪問歯科を利用したい場合は、地域包括支援センターやケアマネージャーの人などに依頼すると見つけてくれます。
施設で訪問歯科を利用したい場合は、施設の人に確認してみましょう。
提携を訪問歯科医院としていたり、別の人が以前に利用した訪問歯科医院を紹介してくれたりする場合があります。
では、どのような歯科医がおすすめなのでしょうか?
訪問歯科の場合には、さまざまなところで治療をいろいろ行う必要があるため、コミュニケーションが上手く経験がある歯科医の方がおすすめです。
例えば、施設や介護事業所に歯科医のイメージを聞いたり、評判を口コミで確認したりするのもいいでしょう。
では、訪問歯科ではどのような治療が受けられるのでしょうか?
訪問歯科の場合でも、歯科医院に通院する際に受けられるほとんどの治療を受けることができます。
この中においても治療としてよく行われるものは、歯周病や虫歯の治療、入れ歯の製作や修理・調整、口腔ケアなどです。しかし、対応が訪問歯科で診療する機材ではできないこともまれにありますので確認しましょう。

 

訪問歯科の治療の流れ

では、訪問歯科を利用する場合にはどのようなものを準備しておくといいのでしょうか?
準備しておくものは、

 

  1. 医療保険、介護保険、後期高齢者医療保険などの保険証
  2. 服用説明書、お薬手帳などの飲んでいる薬が分かるもの
  3. 治療する場所として、水回りの流しなど、コンセント、1人分のスペースが脇に確保できるところ

 

が挙げられます。

治療する際には、家族の人ができるだけ立ち会いましょう。
特に、初めての場合は、どのような治療をこれから行うかを相談するので、必ず立ち会うようにしましょう。
では、治療はどのような流れになっているのでしょうか?
ポータブルの歯科機材を持って、歯科医師と歯科助手や歯科衛生士が訪問します。
ほとんどの場合は車を使うため、駐車場を近くに確保しておきましょう。
ベッドやイスの上などで治療は行われ、30分くらい1回の治療にかかります。
また、リハビリや口腔ケアの場合には、口腔内をきれいにするのみでなく、リハビリは歯ブラシを使用したものから発声によるものまで、ケアが幅広く行われます。
治療が終わると、自己負担金の支払いや次の予約を行います。
自己負担金を支払う方法としては、毎回当日の治療分を支払うもの、毎回前回の治療分を支払うもの、まとめて月に1回支払うものなどがあるため、初めての時に確認しておきましょう。
また、トラブルにならないように、必ず領収書はもらっておきましょう。