歯医者さんが来てくれる!?訪問歯科のメリット

従来の歯科治療は、基本的に街中にある歯科医院に患者様が訪れる通院形式をとっていましたが、現在では、歯科医師が患者様のご自宅に伺い、自宅内で治療をする「訪問歯科」を積極的に行う歯科医院が増えてきました。

訪問歯科は通院が困難なお年寄りや、障害がある方にとっての強い味方として注目され始めています。

今回は、「“歯医者さんが来てくれる”訪問歯科のメリット」についてご紹介します。

 

歯科医院に行く事が出来ない人こそ、歯の治療は必要です

訪問歯科とは、ご高齢となってお一人で歯科医院まで歩いて通う事が出来ない、要介護のお年寄りの方で歯科医師との意思の疎通が難しい、または身体的・精神的な障害があり通院が不可能といった「歯科医院に一人で通う事が困難」な方を対象とした歯科治療であります。

治療は患者様のご自宅内で行います。

訪問歯科が「歯科医院に通院困難な方のみ」を対象にしているのは、要介護のご高齢の方や身体や精神に障害がある事が理由で「歯を診てもらい直接治療してもらいたくても受ける事が出来ない人」、限定した訪問治療、という形で治療を実施している為です。

高齢者の方や身体的・精神的な障害がある方はどうしても歯のケアが行いにくくなり、虫歯や歯周病などのお口の中の病気が起こりがちです。

この為、高齢者の方や障害がある方こそ、特に歯やお口のケアが必要となります。

患者様のご自宅にお伺いして治療を行う訪問歯科によって、長年苦しんでいたお口の悩みを解消する事が出来たという人も少なくありません。

ご自宅で治療を受ける事が出来る訪問歯科のメリット

患者様の生活の場に入る事でより密着した治療が出来ます

歯医者さんがご自宅まで来てくれる訪問歯科のメリットは、単に「患者様が治療を受ける為に歯科医院に通院しなくても済む」という事だけにはとどまりません。

例えば、入れ歯を患者様にお作りする義歯治療を行う場合、訪問歯科を行う歯科医師が治療を受ける患者様のご自宅に入り、実際の患者様の食生活の場を見ながら食事内容に合わせた入れ歯を選ぶなど、「きめ細やかな」治療が出来るというメリットがあります。

訪問歯科では患者様の食生活などの「普段の生活の様子」を歯のプロフェッショナルである歯科医師が見る事で、患者様のお口の中の状態を把握しやすくなり、患者様により密着した適切な治療を行う事が出来るようになります。

嚥下障害の症状をいち早く察知し、リハビリによって対応します

ご高齢者の方や精神に障害のある方で向精神薬を服用している場合には、食べ物を飲み込む事が困難となる「嚥下障害」が発生しやすくなります。

歯科医師がご自宅にお伺いして治療を行う訪問歯科では、嚥下障害を起こしている疑いがある患者様に対して専門の歯科医師が診察を行います。

その後、必要がある場合には嚥下指導や摂食指導、嚥下の訓練などの各種リハビリ訓練を開始します。

訪問歯科で治療を受ける患者様が嚥下障害を起こしているかどうかは、専用のVE(嚥下内視鏡)機器を使用したVE検査を行い確認する場合もあり、ご自宅内の診察で的確な診断が可能となります。

歯科医師や歯科衛生士とふれあう事でコミュニケーションに広がりが生まれます

ご高齢となって歩行が困難な方や、要介護でベッドから自力で起き上がる事が出来ない高齢者の方、そして身体的な障害によって歩く事が困難な方や、統合失調症やうつ病などの精神障害がある事で外出が出来ない状態となっている方の多くが、ご自宅に閉じこもり一人っきりでお悩みを抱えてしまっている場合が多いです。

訪問歯科では歯科医師や歯科衛生士が患者様のご自宅にお伺いして歯科治療を行うだけではなく、患者様に対し人としてお話をし、コミュニケーションを取る事で、治療を受ける患者様の「ご自宅に寝たきり」「ご自宅の中に閉じこもりっきり」といった状態に変化を持たせる事が出来ます。

患者様のコミュニケーションに広がりを生み出し、より良い環境を作り出しています。

ADL(日常生活における動作の質)を向上させる事が出来ます

訪問歯科では「入れ歯のサイズが合わない」「歯が痛くて食べ物が食べられない」といった摂食時の苦痛を歯科治療によって軽減させる事が出来るほか、ご高齢者の方や認知症の症状がある方に嚥下指導や摂食指導など各種の「食習慣サポート」を行う事でより楽に食べ物や飲み物を飲み込む事が出来るようになり、治療を受ける方のADL(activities of daily living:日常生活における動作の質)が向上します。

ご高齢者の方の中には入れ歯の状態が悪くて発音がさえぎられてしまい、言葉を上手に話す事が出来なくなっているケースも多く、そのようなケースでは訪問歯科で口腔ケアを行って入れ歯の交換や修復をする事でなめらかに話す事が出来るようになった例もあります。

また、歯が悪い事で摂取する食事に偏りが出ている場合でも、訪問歯科の歯科治療によってお口の中の状態を改善し、よりバラエティに富んだ食事を取る事が出来るようになります。

訪問歯科で行う診察・診療内容

訪問歯科で行う診察・診療内容は、訪問治療の為に開発された専用のポータブルユニットを使用する事により通常の歯科医院内で行われる治療とほぼ同じ内容の診療が可能です。

具体的な診察・診療内容としては、

治療内容

・虫歯治療 ・歯周病治療 ・入れ歯などの義歯治療 ・入れ歯の調整

・抜歯 ・歯石除去 ・歯のクリーニング

予防ケア

歯科治療と並行して歯科衛生士が患者様のお口の中の予防ケアを行います。

・口腔内ケア ・口腔清掃 ・入れ歯の清掃 ・口臭の改善

・正しいブラッシングの仕方の指導 など

リハビリテーション

・嚥下障害の診察 ・VE検査による嚥下診断 ・嚥下訓練のリハビリ

・摂食指導 など

 

訪問歯科は治療を受ける患者様の快適な生活を実現します

食べ物を食べたり飲み物を飲む事は人間の生活における基本であり、生活の中心でもあります。

治療を受ける患者様のご自宅に歯科医師が訪問して治療を行う訪問歯科では、ご高齢となって歩行困難な方や認知症などにより意思の疎通が上手に出来ない状態の方、そして身体的・精神的障害があり自宅から外出する事が出来ない方が「より快適に生活出来るお手伝い」をさせていただきます。

訪問歯科は歯のプロフェッショナルである歯科医師や歯科衛生士が実際に患者様のご自宅にお伺いする事で、「患者様がご家族以外の人とお話をしてコミュニケーションの輪が生まれる」というメリットもあります。

ご高齢者の方や障害がある方でも歯の治療はあきらめず、ぜひ、今回ご紹介した訪問歯科を活用して「毎日の食事を美味しく、楽しみながら食べる生活」を実現してください。