高齢者に多い誤嚥性肺炎を防ぐための訪問歯科

はじめに

誤嚥とは食べものや胃液、唾液などが気管に入ってしまうことですが、それらに含まれている細菌が気管から肺に侵入し起こる疾患が誤嚥性肺炎です。

人間は起きていれば気管に何か入ってもむせるので気づきますが、寝ている間だと少しずつ唾液を誤嚥するため気づかないことが多いく非常に危険です。

そんな高齢者に多い誤嚥性肺炎について、誤嚥性肺炎を防ぐための訪問歯科について効果や利用の流れなどをご紹介します。

誤嚥性肺炎のメカニズム

誤嚥性肺炎は高齢者がかかりやすい病気です。

高齢になると、薬に対して菌が抵抗力を持ってしまうので効きづらくなりますので、誤嚥性肺炎を予防しておく必要があります。

高齢者や体が不自由な方が寝たきりになると、お口の中が不衛生な状態になりやすく、お口の中で肺炎の原因菌となる細菌が増殖してしまうと言われています。

また、寝たきりになると、咳反射が低下するため嚥下機能が衰えてしまい結果的にお口の中の細菌が気管から肺へと侵入し肺炎が起きます。また、栄養状態が悪かったり、免疫機能が落ちるため誤嚥性肺炎にかかりやすくなります。

そのほかにも嘔吐などをした時に食べものと胃液を誤嚥してしまうことで発症することもあります。

誤嚥性肺炎の症状

では誤嚥性肺炎の症状にはどういったものがあるのでしょうか。

咳、膿、発熱、痰などが主な症状だと言われています。ですが、こういった症状がなく食欲不振や元気がなくなる、のどがゴロゴロする・・などの症状が起こることもあります。

誤嚥性肺炎を予防するには

食事に工夫をする

誤嚥性肺炎を予防するには食事に工夫をすることが大切です。たとえば、ゼリー状、ぺースト状、ムース状などにすることで飲み込みやすくなります。

このような状態にすると、歯がなくて十分に咀嚼できなくてもそのまま飲み込めますし、食べ物が一塊になるためそのまま飲み込めるため食べものの残りかすで誤嚥するリスクを軽減できます。

ただ、病気の状態によっては他の方法を勧められることもあるようですね。

他に、食後はすぐに横にならないことも大切で、できれば食後2時間程度は座っているようにしましょう。寝たきりの方の場合30度程度頭を持ち上げれば誤嚥を防止できます。

お口のケア

歯が全くない方やお口から食事をしていない方は特に誤嚥性肺炎に気を付けなければなりません。

歯があり咀嚼ができれば、唾液腺が刺激されるのでお口の中を潤わせることができますが、噛まない状態が長く続くと、お口を動かさない状態が続くため唾液が分泌されづらくなります。

そうなると、お口の中が乾燥してしまうと同時にお口の周りの筋肉が衰えてしまい、常に口が開いたままになり細菌が増殖しやすくなります。

そのままの状態で呼吸し続けてしまうと、細菌が繁殖した唾液を飲み込むことで肺に細菌が侵入し、何も食べたり飲んだりしないのに誤嚥性肺炎を起こすことがあるので大変危険です。

また、歯がある方も寝ている間は口をあけっぱなしにすることがあるので、寝る前にうがいをするか、お口の中をきれいにしておくことが重要です。

訪問歯科とは

高齢者や寝たきりの方は誤嚥性肺炎になりやすいものの、歯科へ自力で通院することが難しいことが多いです。

そんな時に利用したいのが訪問歯科です。

訪問歯科で定期的に口腔ケアを行っていれば、誤嚥性肺炎を防止することもできます。

では、具体的に訪問歯科とはどういったものなのでしょうか。

訪問歯科とはさまざまな理由で歯科へ通院できない方のために自宅や施設へ訪問し診療を行うものです。

歯科衛生士や歯科医師が直接訪問し、歯周病や虫歯治療、予防治療やお口のケア、入れ歯の調整などを行います。

訪問歯科の効果

訪問歯科の効果はよく噛んで食べられるようになったり、誤嚥性肺炎を予防できたり、お口の中の痛みや腫れを治療することができます。また、お口の中をきれいにすることで清潔で爽快感を得られ、口臭を防止できます。さらに、咀嚼訓練や嚥下訓練を行うことで食べものが飲み込みやすくなったり、むせるのを防止できたり、しっかり噛むことで認知症を予防できたりします。

はっきり発音できるようになったり、全身が健康になる効果もあります。

 訪問歯科の利用の流れ

  1. 利用申し込み
    まずは訪問歯科を利用するために申し込みをします。本人以外の家族の方や介護されている方からでも可能です。
  2. 訪問日時を決める
    利用する方の希望に沿った訪問日と時間を決定します。
  3. 初診&カウンセリング
    介護保険、健康保険が使えるので、初診か月始めの診療日に必要な書類を用意しておきます。患者さん本人または家族の方からお口の状態についてのカウンセリングを行います。また、さまざまな検査を行って現在の状態を診断し、急を要する症状があれば、応急処置を行うことになっています。
  4. 治療プランの提案
    診断した結果に基づいて、歯科衛生士や歯科医師が患者さんやご家族に治療プランを提案しますので、不安点や疑問点があれば質問しましょう。
  5. 治療開始
    患者さんの健康状態を考慮しながら、負担がかからないような体勢で治療を進めていきます。
  6. 治療終了
    治療が終ったら、担当の歯科医師からアフターケアについての説明があります。
  7. 定期検診
    その後、お口の健康を維持するためにも定期的に検診を受けていただき、メンテナンスを行うことをおススメします。予防のためのプランを提案してもらい、お口のケアや入れ歯の調整、リハビリなどを行っていきます。

まとめ

高齢者に多い誤嚥性肺炎について、誤嚥性肺炎を防ぐための予防歯科について、利用の流れなどについてまとめてみました。

たかが肺炎と思われがちですが、高齢者が誤嚥性肺炎になってしまうと命に関わることもあります。

誤嚥性肺炎を予防するにはお口の中を清潔にすることが重要ですが、歯科医院に通うことができない場合、訪問歯科を利用することで自宅や施設などで治療が受けられます。

もし、今後ご自分やご家族の方が訪問歯科を利用しようと思うことがあったら、ここでご紹介したことを思い出していただきたいです。

誤嚥性肺炎を防いでいつまでも健康に過ごしたいですね!