インプラント治療を受けることができる人・できない人

はじめに

インプラント治療を行うことで治療前のようになんでもしっかりと噛んで食べられるようになり見た目もきれいになりますが、そもそもこの治療はどんな人でも受けられる治療ではありません。

あごの骨の成長が落ち着いて治療に耐えうるあごの骨になっていることが前提なので、18歳以下の方は治療を遅らせるように言われるはずです。

さらに、インプラント治療を行った後もお口の中の衛生状態を保つためにきちんとメンテナンスを行うことが大切です。

ここではそんなインプラント治療が受けることができる人とできない人についてご紹介しますので、ぜひご参考になさってみてくださいね。

 インプラント治療を受けることができる人

失った歯の両隣の歯が健康である

この場合だと、歯を失ったことによって部分入れ歯を勧められることはないでしょう。

ブリッジ治療だと健康な両隣の歯を削ることになります。せっかく健康な歯を削ってしまうことに抵抗がある方は多いでしょうし、削ってから元通りにすることは難しいでしょう。

ですが、インプラント治療なら健康な両隣の歯を全く削ることなく治療ができます。

お口の状態がよくメンテナンス状態がいい

インプラントを埋め込むお口の中の状態がインプラント治療の成功率を上げるかどうかにかかってきます。

インプラントを埋め込む箇所の周辺の歯が歯周病にかかっている場合と、そうでない場合とでは成功するかどうかかなりの差が出ます。

なので、インプラントを埋め込むまでに歯周病の治療を終わらせておく必要があり、お口のケアが十分にできていることが条件になります。

このことはインプラント治療を受ける上でとても大切なことで、それができていればインプラント治療が安心に受けられるはずです。

総入れ歯に違和感がある

総入れ歯に違和感があって悩んでいる方は多いです。

ですが、総入れ歯の方は高齢者の方がほとんどで、全身疾患を抱えている方も多いのでインプラント治療ができないことがあります。

なので、総入れ歯にする際にインプラント治療を選択することをおすすめします。

インプラント治療が受けられない人

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪い方はインプラント治療を行うと必要以上の力がかかるため、インプラントの寿命が短くなり、ぐらついたり抜け落ちてしまうことがあります。

なので、噛み合わせがあまりに悪い方はインプラント治療を選択できないことがあります。

ただ、このケースでは噛み合わせを改善すれば治療が行ることがあるので、矯正治療を行って噛み合わせをよくした後に治療することもあります。

また、噛み合わせが悪いと全身にも悪影響があるため、インプラント治療を行うかどうかにかかわらず改善しておいた方がいいでしょう。

骨粗しょう症

インプラント治療は手術により人工歯根をあごの骨に埋め込むものです。そのため、骨密度が低い方や骨がもろくなってしまっている方はインプラント治療が不可能なことがあります。

インプラントを埋め込む部分の骨の厚みや密度が不足している場合や歯周病のせいで骨が溶けてしまっている方はインプラント治療が不可能なことがあります。

ただ、これらのケースでは骨移植によって治療ができる場合があるため、クリニックで確認しておきましょう。

腎疾患がある

腎疾患の方は免疫力が落ちやすく、そのせいで傷の治癒が遅くなることが多いです。

インプラント治療では基本的に2回の外科手術が必要ですし、その際に血が出ることもあるので注意が必要になります。

特に重度の場合には人工透析を受けているため骨がもろくなっているので、インプラント治療は難しいと思った方がいいでしょう。人工透析を行っていると細菌が臓器にいきわたってしまうことがあります。

こういった点から考慮すると、インプラント治療を受けない方がいいと言えます。

軽い腎疾患ならまだしも、人工透析を受けるほど重度の場合は手術にリスクが伴います。

重度の心臓病

枕を背中に当てていないと息苦しくて眠れない、階段を上がる時に息がきれる、足が常にむくむなどの症状がある方はインプラント治療を受ける前に内科医で診察を受ける必要があります。

ただ、狭心症の場合は最近数か月の間に発作が起きていないか、あっても軽い場合、心筋梗塞の場合は発作があってから半年以上が経っている場合などはインプラント治療ができる可能性があります。

いっぽうで、心臓弁膜症や人工弁置換術などの主術を受けた方や不整脈のためペースメーカーを入れている場合は細菌がこういった人工物についてしまい感染性心内膜炎を引き起こすリスクがあるため避けた方が無難でしょう。

重度の肝臓病

肝硬変、急性肝炎などの方もインプラント治療が受けられないことがあります。

たとえば肝硬変の方だと血漿中のアルブミンという成分が肝臓で作られない他、血液を凝固させる成分を作るのが難しいからです。

なので、手術した際に血が止まらないかもしれません。

また、手術によって刺激が与えられ肝機能が悪化することもあり、手術時に投与される薬が肝臓できちんと代謝できないこともあるからです。

糖尿病

糖尿病の方もインプラント治療が行えないことがあります。

糖尿病は体の抵抗力や免疫力を下げてしまうので、そうでない方より歯周病のリスクが上がります。

この歯周病にはインプラントにとって最大の敵とも言えるもので、進行するとインプラントの脱落の原因になると言われています。

また、抵抗力が弱いので傷が治りにくいので手術による傷の治癒も遅れます。

ただし、糖尿病だからと言っても100パーセントインプラント治療を行えないということではなく、血糖値のコントロールができる方はインプラント治療が可能です。

まとめ

インプラント治療が受けられる人とそうでない人について具体的にご紹介しました。

大切なのはここでご紹介した疾患や特徴がある方であっても治療が受けられるケースもあるということです。受けられない可能性があるということだけなので、100パーセント不可能だというわけではありません。

ご自分がインプラント治療を受けられるかどうか不安な方はまずはクリニックで歯科医師に相談してみることをおすすめします。