インプラント治療の1回法・2回法とは

はじめに

インプラント治療には1回法と2回法とがあり、1回法では手術は1回で済み、インプラントを埋め込み一部をあごの骨の外に出しておき、インプラントと骨が結合したら外に出してあるところにアバットメントを付けて人工歯を装着していきます。

2回法では手術を2回行い、1回目であごの骨にインプラントを埋め込んで歯ぐきを閉じインプラントと骨が結合してから2回目の手術を行っていきます。

1回法は歯ぐきを切開する手術が1回で済むのがメリットです。ここではそんなインプラントの1回法、2回法についてそれぞれ詳しくご紹介したいと思います。

1回法と2回法の違い

では、インプラント治療の1回法と2回法で手術回数の他にどういった点が違うのでしょうか。

手術回数が少ないのはとてもありがたいことですが、それぞれにどういったメリットやデメリットがあるのかご紹介しましょう。

1回法の特徴やメリット、デメリット

1回法ではその名の通り手術が1回で済む方法です。

歯ぐきを切開しインプラント体を埋め込みますが、インプラントはアバットメントと言われるものを露出したままで数ヶ月骨を結合するのを待つ必要があります。

インプラントと骨が結合したらそこに被せものを装着し完成ですが、2回法と比べた時に被せものを早く装着できるのがメリットです。

さらに、国産メーカーのインプラントが使われていることが多く、インプラントの表面にハイドロキシアパタイトがコーティングされているのが特徴です。

1回法は骨と結合するまでの期間が短くて済むため体への負担も軽く拒絶反応も少なくて済むため成功する確率が高いと言われています。

それに、手術回数が1回で済むため手術時間も短くて済みますが、インプラントを埋め込む骨がしっかりしている必要があります。

1回法のデメリットとしては粘膜が厚い場合や審美性を求める場合向いていないと言えます。

また、アバットメントや人工歯のねじを外す時に詰めものが摩耗したり、脱落することがあります。

1回法の治療の流れ

  1. 局所麻酔を行って歯ぐきを切開し、あごの骨にインプラントを埋め込むための穴を開けます。
  2. 次にインプラントを埋め込みアバットメントを装着します。
    この時、アバットメントが歯ぐきの上に出ている状態にします。
  3. インプラントとあごの骨が結合するのを待って、その後人工歯を装着します。

1回法の治療期間

手術から治療が終わるまでの期間は上顎の場合で3~4ヶ月程度、下顎で2~3ヶ月程度だと言われています。

2回法の特徴やメリット、デメリット

次に2回法の手術についてお伝えします。

2回法では手術を2回行いますが、まず1回目で歯ぐきを切開して穴を開けインプラントを埋め込んでいきます。

この時にインプラントを完全に骨の中に埋め込んで歯ぐきをそこに被せて縫い合わせます。

その後、インプラントと骨がしっかりと結合するのを数ヶ月程度待ちます。

3~6ヶ月程度経ってインプラントと骨が結合したのを確認したら2回目の手術を行いますが、縫い合わせた歯ぐきを切開してアバットメントを結合させて仮の歯を装着しさらに1ヶ月程度待ちます。

その後、型どりを行って被せものを装着し終了です。

アバットメントについてはさまざまなものが使われているため、2回法で治療を行う際にはどこのメーカーのものを使っているかクリニックでしっかりと確認しましょう。

国産ではプラトン、海外製ではオステム。ブローネマルクなどの、メーカー

2回法の特徴は金属アレルギーの方でもインプラント治療が受けられることや、サイズがさまざまなので患者さんにぴったり合ったものが選べるということがあります。

ただ、2回法は2回手術が必要なので、患者にとって負担が大きいというデメリットがあります。

2回法の治療の流れ

  1. まず、局所麻酔を行って歯ぐきを切開し、あごの骨にインプラントを埋め込むための穴を開けていきます。
    インプラントを骨に埋め込み、そこに歯ぐきを被せインプラントがあごの骨と結合する期間をおきます。
  2. 2回目の手術はインプラントとあごの骨が結合したら歯ぐきを切開し、埋め込んであるインプラントにアバットメントを付けます。
  3. 切開した歯ぐきが治癒したら人工歯を装着します。

2回法の治療期間

上顎のインプラント治療の場合5~7ヶ月程度で、下顎の場合は3~4ヶ月程度かかります。

1回法と2回法どちらがいいのか

これらの点を考慮すると、1回法の法が治療が早く終わるのでいいのでは?と思いがちですが、一概にそうだとも言いきれません。当然早く治療を終わらせたい方には向いていますが、治療期間が短いのでトラブルの可能性が高くなるからです。

それに比べると2回法の場合にはインプラント体を粘膜の下にしっかりと埋め込んで歯ぐきを被せ縫い合わせるので、骨としっかり結合させることができるメリットがあります。

また、感染症のリスクも軽減できるので、安全性が非常に高いのもメリットです。

よくインプラント治療をやり直すというのを耳にしますが、2回法だとそういったトラブルが少ないのもメリットです。

最近では2回法の治療期間を短くできるクリニックも増えていますので、ほとんどのクリニックでは2回法を勧めるはずです。

当然ですが、どちらの治療を選ぶ場合も歯科医師の技術力や知識の豊富さが必要です。

また、どちらの方法で治療するかは患者さんのお口の状態によっても違います。

たとえば、どうしても1回法で治療を受けたいと希望しても、1回法では治療が不可能な場合もあります。

その理由は1回法には症例に限りがあるからで、そういった場合には2回法でしか治療ができないため、2回法を選ぶしかないでしょう。

どちらにしても歯科医師の判断にゆだねることになりますね。

まとめ

インプラントの1回法、2回法それぞれにメリットがあればデメリットもあります。また、どちらの方法がご自分に適しているのかは歯科医師と相談することが大切です。

外科手術が必要である以上さまざまなリスクを考慮し、ご自身にはどのような治療方法が最適なのか、納得のいく説明を受けた上で治療を開始するようにしましょう。