インプラント治療の痛みに関するお話

はじめに

歯科治療の中でも特に高額な治療費がかかるインプラント治療。その分メリットも多いため多くの方が治療を受けているのが現状です。

ですが、インプラント治療における痛みが気になるあまり、治療を前向きに考えられない方も多いです。歯医者と言えば痛いというイメージがあるため、治療を受けたくても前向きになれないのでしょう。

ここではインプラント治療の痛みについてをまとめてみました。どの程度の痛みがあるのか、痛みを軽減するにはどうすればいいのかなど、ぜひ知っておいて下さいね!

インプラント治療の痛みとは

治療中の痛み

インプラント治療とは簡単に言うとあごの骨に穴を開け、インプラントを埋め込む治療を言います。

痛みがあるのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、手術中は麻酔を使うので痛みはほとんどありません。

もし痛みがあるとすれば、最初に行う麻酔の注射の針が刺さる時で、それもチクッとする程度なので安心しましょう。

インプラント手術は基本的に1つの歯につき30分程度で終わるので、手術時間似合わせて麻酔が処方されていればまったく問題ありません。

つまり、インプラントの手術中に痛みを感じることはほとんどないと言っていいでしょう。

インプラント手術後の痛み

手術後クリニックでは痛みが起きた時のために痛み止めを処方されますし、痛みは通常少しずつ収まってくるはずです。

いつまでも痛みが続くということはなく、数日程度で収まることがほとんどなので安心しましょう。

手術後の痛みは骨を移植した場合や、歯ぐきを大きく切開した場合・・などに起こりやすいと言われています。

これらに当てはまる場合には前もってクリニックで痛みを軽くする方法や注意すべき点などを確認しておきましょう。

インプラント手術中の痛みを軽減する方法

麻酔用注射器を使う

麻酔の注射は痛いと先入観を持っている方が非常に多いので、そういった場合には電動の麻酔用注射器を使うことがあります。

麻酔用の注射は針を刺した時の痛み以外に麻酔薬を注入する際の痛みがあり、これは急に注射液が注入されるため起こるものです。

電動の注射器だと注入速度を調節できるので痛みを感じずに麻酔を打つことができます。

局所麻酔と静脈鎮静法を併用する

局所麻酔を行う場合、治療時の痛みを軽減できても恐怖感や不安感まで取り除くことは不可能です。

静脈鎮静法は全身麻酔のように意識を完全に失ってしまうものではなく、うとうとしている間に治療ができるので恐怖感や不安感が強い方に適しています。

方法は鎮静剤を点滴で投与するだけで、全身麻酔と比べると安全性はとても高いです。

インプラント治療後の痛みを軽減する方法

インプラント治療後は鎮痛剤が処方されますので、痛みを軽減することができます。

インプラント手術前、手術後の注意点

インプラント手術での痛みや腫れは手術の種類や埋め込む本数や、患者さんそれぞれによって違ってきます。

また、生活習慣や体調によっても違うため、インプラント手術が決まったら悪い生活習慣を改善するようにしたいものですね。

極度の体調不良や疲労の際に治療は避ける

手術前に深酒したり、寝不足だったりと体調不良の際は体力が落ちているため手術での負担が増えます。

手術中に体調が悪くなったり、手術後に傷が治りにくくインプラントとあごの骨が結合しづらくなることもあります。

ですので、インプラント手術を行う前の日はゆっくりと過ごし、十分に睡眠を取るようにしましょう。

バランスの取れた食生活を送る

バランスの取れた食生活を送るようにしましょう。

きちんと食事を行うことで体力もつきますし、手術後の傷の治癒も早くなるはずです。

インプラントを埋め込んだらしばらく流動食になる場合でも医師と相談し、バランスの取れた食生活を送るようにしましょう。

禁煙する

たばこを吸う方のインプラント治療での失敗する確率はそうでない人と比べると倍だと言われています。理由は歯ぐきの血管が収縮してしまい血行が悪くなるためで、抜歯後の傷の治癒が遅くなるからです。

また、喫煙は歯周病の進行を促すとも言われています。

たばこを吸う人とそうでない方を比べると10年の間に3倍も歯をなくすリスクが高くなるという調査結果もあるほどです。

歯周病で健康な歯が抜けてインプラント治療を行うことになった方も多いはず。また同じことを繰り返さないようにするためにも、そういった方はインプラント手術を機会に禁煙することをおすすめします。

場合によってはクリニックで禁煙外来を紹介してもらってもいいでしょう。

仕事復帰は体調に合わせて

インプラント治療にはオールオンフォーのような手術したその日に仮の歯を装着するものもあります。

インプラント手術を受けた翌日は激しい運動や人前で話す機会が多かったりと口を多く使うことは避けた方がいいですが、痛み止めを服用してのデスクワーク程度なら体調が良ければ可能でしょう。

仕事復帰の予定についてはクリニックで歯科医師と相談した上で決めるようにしましょう。

術後のケアを怠らない

高い治療費をかけ行ったインプラント治療なので、アフターケアはきちんと行いましょう。

インプラントを埋め込むと年に数回程度クリニックで定期検診やクリーニングを受ける必要があります。

プロがケアしてくれているからいいのでは?と思いご自分でのケアをいい加減にせず、日ごろから自宅でしっかりとケアを行いましょう。

何も特別なケアは必要なく、歯ブラシや歯間ブラシなどを使って毎日きちんと歯を磨くようにしましょう。

歯の周りにプラークや食べもののかすが詰まると歯ぐきが炎症を起こすことがあり、これをインプラント周囲炎と呼びます。

このインプラント周囲炎が進行すると最悪の場合インプラントが抜けてしまう可能性もありますので要注意が必要です。

まとめ

インプラント治療における痛みはほとんどありません

手術後痛みが起きることもありますが、それも痛み止めを服用するのでさほど気にするものでもないでしょう。

痛みに敏感な方は手術前にクリニックでしっかりと相談していただき、手術前に痛みが起きないよう注意して過ごしましょう。