インプラント歯周炎とは?

はじめに

歯をなくした時の治療法の一つとしてインプラント治療がありますが、入れ歯のようにがたついたり、ブリッジのように他の歯を削る必要もないため、メリットが多い治療法として広く行われています。
ただ、デメリットとして天然の歯と同様、インプラント周囲炎にかかることがあります。
ここではインプラント周囲炎について詳しくご説明しますので、インプラント治療を受けようと思っている方はぜひご参考になさってみてくださいね。

 

治療の前に知っておこう。インプラントのリスクと安全性について

インプラント周囲炎とは

そもそもインプラント周囲炎とはインプラントを埋め込んだ周りの歯ぐきが細菌に感染してしまい炎症を起こすものです。
放っておくとインプラントを支える歯槽骨が侵されてしまうため、最悪インプラントが抜け落ちることがあります。
日ごろ適切なケアを行っていなかったり、クリニックで定期的にメンテナンスを受けていないと、お口の中の歯周病菌が増えてしまい感染します。
このインプラント周囲炎は通常の歯周病より進行が速いのですが、自覚症状がほとんどないのが特徴です。
日ごろの正しいケアやメンテナンスを行っていなければかかるリスクが高まってしまうため、かかりつけのクリニックで定期的にクリーニングを受け、正しい知識を持ってケアを行うことが大切です。

インプラント周囲炎の原因

さて、インプラント周囲炎が起きる原因には通常の歯周病と同様、プラークや磨き残しのお口の汚れから発生する細菌感染です。
さらに、インプラント手術の際に細菌が入り込んでも起こることがあります。
ただ、健康な歯とインプラントの歯の周りには大きく違う点があり、インプラント治療を行った後の歯の方が細菌感染しやすいそうです。
では、どういった理由でインプラント治療を受けた後の方がかかりやすいのでしょう。
健康な歯と歯槽骨の間には歯根膜というものがあるため、これにより血液で運搬された栄養が抵抗力を高めてくれる効果があります。
ですが、インプラント治療を行った後の歯と歯槽骨の間にはそれがないため抵抗力が弱まってしまい、細菌感染しやすいのです。

インプラント周囲炎の治療法

インプラント周囲炎は自覚症状がなく気づきにくい病気ですが、治療法はあるため安心しましょう。
まず、インプラント周囲炎の初期段階であるインプラント周囲粘膜炎の段階の時に見つけることで早期治療ができます。
インプラント周囲粘膜炎の段階ならまだ炎症が歯ぐきだけに起こっているため、クリニックで歯石除去やクリーニングで炎症を抑えられます。
異常や痛みがなくても、鏡を見て歯ぐきをチェックする習慣を日ごろからつけておくことが早期発見につながるでしょう。
症状が進んでしまい歯周組織に炎症が起きてしまった場合には歯ぐきを切開したり、歯周ポケットを切除するために外科的処置をすることになります。
つまり、簡単な治療で済ませるためには早期発見が重要だということですね。

インプラント周囲炎を予防するには

・適切なブラッシング

ブラッシングのコツは歯と歯の間や歯ぐきを意識的に磨くことです。
それは、食べもののかすがこの場所に溜まりやすいからです。
ただ、力を入れてブラッシングするのはおススメできません。
歯ブラシを歯と歯の間や歯ぐきに当てたら優しくブラッシングしましょう。
これはインプラント治療後でも同じで、強く磨くのではなくかき出すようなイメージで磨くようにしましょう。
なお、正しい歯磨き法を行うためにプラークを染め出す薬剤を使ってみるのもいいでしょう。

・歯間ブラシやデンタルフロスを使用する

歯と歯の間は歯ブラシだけではきれいに磨くのは難しいです。
なので、歯間ブラシやデンタルフロスを使って食べもののカスをきれいにするようにしましょう。
ただ、これらを使うかどうかはクリニックで歯科医師に相談して決めるようにしましょう。
特に歯間ブラシは勝手に使ってしまうと歯と歯の間にある歯ぐきを傷つけてしまうことがあるため、一度クリニックで相談してみてから使うようにして下さいね。

・マウスウォッシュを使う

マウスウォッシュを使うこともインプラント周囲炎を予防に効果的だと言われています。
マウスウォッシュはバイオフィルムを除去することは不可能なので、歯磨きの補助的な役目しか果たせません。
ただ、歯周病を予防したり、プラークが溜まるのを防ぐことはできると言われているため、補助的に使うといいでしょう。

・喫煙や飲酒を控える

歯ぐきとインプラントがきちんと結合しなかった場合、インプラント周囲炎が起きやすいです。
喫煙や飲酒は結合を妨げる原因になるということが分かっているため、できれば控えた方がいいでしょう。

・クリニックでのメンテナンス

インプラント周囲炎を予防するには日ごろのセルフケアだけでなく、クリニックでのメンテナンスも重要です
ご自分できちんとプラークコントロールができるようになるまでの間は月に1回程度クリニックでメンテナンスを受ける方がいいでしょう。
最初のうちはできるだけ頻繁にクリニックに通った方がインプラント周囲炎を予防できるからです。
さらに、その後は3ヶ月に1回程度はクリニックで治療したインプラントの状態をチェックしてもらいましょう。
PMTCと言われる歯のクリーニングを受ければ、インプラント周囲炎を予防することができます。
定期的にクリニックでメンテナンスを受けることによって、インプラント周囲炎になっていたとしても初期段階で発見できるはずですよ。

インプラント周囲炎を防いでインプラントを長持ちさせるケア方法  

まとめ

インプラント周囲炎は一見しただけでは分かりづらいものが多いです。
腫れや痛みなどがない限り自覚症状がほとんどないので、治療せずに放っておく方も多いです。
一度かかってしまうと急速に症状が悪化するので、早期発見・早期治療が重要な病気です。
クリニックで歯科医師や歯科衛生士による適切なブラッシング指導を受けていただき、定期的なメンテナンスを受けてインプラント周囲炎を予防しましょう。
天然の歯以上に日ごろのプラークコントロールに気を付けることこそインプラント周囲炎を予防できるポイントだと言えます。
インプラント周囲炎にならなくて済むよう、ここでご紹介したことをぜひ実践してみて下さいね!