インプラント?入れ歯?それぞれの違い

失った歯を取り戻す方法として、入れ歯とインプラントという2つの方法があります。

どちらを選択すべきか迷っている方のために、入れ歯とインプラントそれぞれの特徴、メリット・デメリットについてご紹介します。 

入れ歯とは

入れ歯は、取り外しができる人口歯のことをいいます。

人工歯を専用の接着剤を使って歯茎の上に接着して使います。

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、次のような違いがあります。

総入れ歯

すべての歯を人口歯にする。

歯槽堤に義歯床と呼ばれる人工歯茎をつけて使う。

すべての歯がなくなってしまったときに使用する。

部分入れ歯

一部の歯を人口歯にする。

義歯床にのせた人工歯を隣の歯にクラスプ(バネ)をかけて安定させる。

歯が1本なくなった場合〜残りの歯が1本になった場合まで、歯が1本でも残っていれば使用できる。

 

義歯床はレジンという合成樹脂でできています。

その一部に、金属を使ったもの(金属床)やシリコンを使ったもの(シリコンデンチャー)、磁石を使ったもの(マグネットデンチャー)などがあります。

部分入れ歯については、クラスプを使わないノンクラスプデンチャーやテレスコープデンチャーなどがあります。

インプラントとは

インプラントとは、歯茎に埋め込んだ人工歯根に人工歯冠を被せて作る義歯のことをいいます。

インプラントは、入れ歯と異なり、取り外しができません。

インプラント(implant)とは埋め込むという意味で、インプラントは「第2の永久歯」ともいわれます。

チタンを使用した人工歯根・義歯(歯冠)・アバットメント(接着部)の3つで、歯茎に義歯をしっかりと固定します。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

・いつでも簡単に取り外しができる

・手入れがしやすいので衛生的である

・必要になってから比較的短時間で作ってもらえる

・壊れてもレジン(プラスチック)製なので修理しやすい

・保険で作れるので安い(※材質によっては保険適用外になります)

・体調や歯の具合にかかわらず、誰でも作ることができる

デメリット

・装着感がよくない、慣れるまで時間がかかる、合わないケースもある

・いかにも人工歯で見た目がよくない

・接着させるので歯がぐらつきやすく、咀嚼力も不十分である

・専用洗剤で毎日手入れをしなければならない

・レジン(プラスチック)製なので、寿命が短い

・レジン(プラスチック)製なので、匂いや汚れがつきやすく変色しやすい

・部分入れ歯の場合、健康な歯も削らなければならないことがある

 

入れ歯のメリットは、毎日洗うことができて衛生的であること、誰でも作れることです。

デメリットは吸着させて使うので安定感に欠け噛み心地がよくないこと、手入れが面倒なこと、変色など劣化しやすいことなどです。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

・白いセラミックで作るので、本物の歯のような見た目にできる

・骨に埋め込むので安定感があり、自分の歯のようにしっかり物が噛める

・人工歯でも装着感がよく、違和感がない

・ぐらつきにくい

・セラミック(陶器)なので、寿命が長く変色しにくい

・健康な歯を削る必要がない

デメリット

・外科手術が必要で、術前術後の準備がいる

・自由診療なので費用が高額である

・術後のケアをきちんとしないと感染症のリスクがある

・治療期間が長く、通院回数が多い

・歯や体の状態によりできないことがある(高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、重度の歯周病など)

・手術後も定期的に受診し、経過観察を受けなければならない

・新しい治療なため、クリニック間に技術格差がある

 

インプラントのメリットは、本物の歯のような見た目、使い心地が実現でき、しっかり物が噛めることと変色などが少なく長持ちすることです。

デメリットは手術が必要になることと一本あたりの費用が高額なことです。

入れ歯の作り方・期間・費用

作り方

1.石膏で入れ歯の型取りをする

2.樹脂でかみ合わせを見る模型を作る

3.ベースと蝋提で咬合床を作る

4.咬合床に前歯から奥歯へ順に人工歯を並べていく

5.咬み合わせを調整し、研磨する

期間

制作には約1ヶ月程度かかり、比較的短期間で作ることができます。ただし、初めて使う場合は慣れるまでに約1ヶ月はかかるといわれています。

費用

保険適用の入れ歯であれば、部分入れ歯で約5,000円〜、総入れ歯で約10,000円〜作れます。

 インプラントの入れ方・期間・費用

入れ方

1.検査(CT撮影や問診、レントゲン撮影など)をし、治療計画を立てる

2一次手術(歯茎を切開してインプラントを埋め込む手術)

3.治癒期間をおく(約3〜6ヶ月間、インプラントと骨が結合するまで待つ)

4.二次手術(インプラントの頭と義歯との接着部:アバットメントをつける)

5.治癒期間をおく(約1〜6週間、歯茎が治癒するまで待つ)

6.義歯の型をとって制作し、アバットメントに装着する

期間

インプラントでは治癒期間を設けるので、入れ歯よりも時間がかかります。一本入れるのに約3~10ヶ月程度はみておいたほうがよいでしょう。

費用

保険適用がない自由診療であるため、1本あたり10万円以上かかります。

入れ歯の方が良い人

・取り外しができて、手入れが楽な方がよい

・すぐに義歯が必要である

・何度も通院したくない

・持病(高血圧、糖尿病、骨粗しょう症など)があってインプラントができない

・重度の歯周病でインプラントができない

 

入れ歯は短期間で人工歯が必要な人、インプラントが作れない人などに向いています。

管理も楽なので、面倒な管理が苦手な人にも向いています。

インプラントの方が良い人

・装着感やかみ心地を重視している

・自分の歯のように使える歯を入れたい

・持病や歯周病など、インプラントができない理由がない

・術後メンテナンスが自分でしっかりできる

 

インプラントは費用や時間がかかっても噛み心地見た目などにこだわる人、事前検査や術後メンテナンス、体調管理などが自分で管理できる人などに向いています。

また、外科手術になるので、経験豊富な信頼できる歯科医院を探すことができる人におすすめです。

まとめ

入れ歯にもインプラントにも、それぞれメリットとデメリットがあります。

歯科医に相談しながら、ご自分に最適な方法を選ぶようにしましょう。

よい歯を手に入れることは、生活の質を向上させます。

安易に妥協せず、できるだけよい歯を作ることをおすすめします。