インプラントの寿命と長く使うための秘訣

はじめに

インプラントに興味はあっても、どのくらいもつものなのか、何度もやり直す必要があるのか分からない・・という方は多いでしょう。
インプラントとは歯をなくしたところに人工歯根を埋め込む治療ですが、実施にインプラント自体に寿命はないようです。
それはインプラントは溶けたり腐ったりするものではないからですが、歯周病になることでインプラントが抜け落ちることがあります。
ここではインプラントの寿命やインプラントを長く使うための秘訣などをご紹介します。
今後インプラント治療を受けてみたいと思っている方もそうでない方も、ぜひ最後まで読んでみて下さいね!

インプラントの構造・材料・方法は?受ける前にチェックするべき5つのこと

インプラントの寿命とは

インプラントは治療を行って10年経った時の残存率は9割以上だと言われています。
メンテナンスをきちんと行っていれば10年以上は持つそうです。
また、インプラントはメーカーが10年保証を付けているものもあり、最近ではインプラント保証会社が認めたクリニックで10年保証を確約してくれるところも増えています。
つまり、これはインプラントの寿命が高いので可能な制度だと言えますね。
中にはインプラント治療を受けてから40年以上も使い続けていた方もいるようです。
人工歯根を埋め込む土台となる骨が健康を維持でき、きちんとメンテナンスを続けていれば一生涯使い続けられる治療法です。
いっぽうで、入れ歯やブリッジの寿命とはどのくらいなのでしょうか?
歯をなくしてしまった時に補う治療法には入れ歯やブリッジなどがありますが、入れ歯は5年程度、ブリッジは8年程度が寿命だそうです。

インプラントの寿命を短くする原因

インプラントがだめになる最大の原因はメンテナンス不足によるインプラント周囲炎があります。
これはインプラントの歯周病と言われるものです。
メンテナンスが適切に行われていなかったことによってプラークや歯石が溜まってしまい、天然の歯と同様インプラントが細菌感染し、歯ぐきから血が出たり、インプラントがぐらついてしまったり、脱落したり・・ということが起きます。
さらに、インプラント周囲炎は歯周病と比べて進行しやすく自覚症状がほとんどないのが特徴で、気づいた時にはすでに手遅れ・・ということが多いです。
また、インプラント周囲炎は自然治癒は見込めないので、おかしいな?と思ったら早めにクリニックを受診するようにしましょう。
インプラント周囲炎が進んでしまうとインプラントを使い続けることができなくなってしまい、最悪また治療を受けることになります。
インプラントの寿命を延ばすためにも、インプラント保証を受けるためにも適切なメンテナンスは必要ということですね。

インプラント周囲炎を防いでインプラントを長持ちさせるケア方法  

インプラントを長く使うためには

・適切な歯磨き

残っている健康な歯を維持するためにも、日ごろのていねいな歯ブラシは重要です。
インプラントを磨く際には歯ブラシの硬さに注意が必要です。
それは、歯ブラシが固すぎるとインプラントの周りの歯ぐきを傷つけてしまうからで、ふつうの硬さのものを選びましょう。
インプラントの周囲の歯ぐきを丁寧に磨くようにします
インプラントは根元が細くなる構造なので、根元に特に汚れが付きやすいからです。
汚れを残さないように歯ブラシを少しずつずらして丁寧に磨いていきます。
また、歯と歯の間の汚れを落とすためにはデンタルフロスも有効です。
特に、インプラントの根元に汚れを残さないようデンタルフロス
この時、デンタルフロスを上から入れてしまうと歯茎が傷つくことがあるのでやめましょう。
また、デンタルフロスにスポンジがついたスーパーフロスを使うのも効果的です。
スーパーフロスをインプラントの間に入れ、スポンジの部分で周りの汚れをきれいにできます。
プラウトブラシと言われるものを使うのもおススメ。
歯ブラシだけでは届きづらい一番奥のインプラントや根元の細くなったところに毛先を当てて使います。
このプラウトブラシはヘッドが小さいので小回りがききやすいのが特徴です。
ただ、その分効率が落ちるので歯ブラシでは磨きづらいところに使う程度にしておきましょう。

・クリニックでの定期的なクリーニング

天然の歯と同様、ご自分でのケアには限界があるためインプラントを長く使うためには定期的にクリニックでクリーニングを受けることが重要です。

・噛み合わせの調整を行う

天然の歯にはいわゆる歯と骨の間に歯根膜と言われるクッションの役目をする組織がありますが、インプラントにはそれがないので使っているうちにインプラントに力がかかってしまうため、定期的にクリニックで噛み合わせをチェックしてもらいましょう。
また、寝ている間に歯ぎしりをする方はマウスピースを作ってもらい装着することで改善することがあります。

・骨を健康に保つ

また、糖尿病にかかっている方はインプラント治療が受けられない場合があります。
糖尿病は骨粗しょう症を併発しやすいため、人工歯根を支えるための骨がもろくなるリスクがあるからです。
なので、積極的にカルシウムを摂るようにし、骨を健康に丈夫に保つことがインプラントの寿命を延ばすことにつながります。

・信頼の高いメーカーを選ぶ

インプラント治療は自由診療のため費用が高額になりますが、高い治療費を払うからと言って寿命が保障されるものでもありません。
大切なのは信頼できるインプラントメーカーを選ぶことです。
世界的に認知度の高いインプラントメーカーを選べば安全性も高いですし、寿命も長いと言ってもいいでしょう。

インプラントのメンテナンスが大切な理由!方法や費用について

まとめ

インプラント治療を受けた方には40年以上も使い続けている方もいます。
日ごろのセルフケアや、クリニックで定期的なメンテナンスを受けることでインプラントを長持ちさせることが可能です。
逆に言うと、健康な歯と同じくメンテナンスをいい加減にしていてはインプラントの寿命は短くなります。
残された健康な歯やインプラントをなくさないためにも、全身の健康管理や定期的なメンテナンス、セルフケアをきちんと行うようにしましょう。
高い治療費を払って治療したインプラント。
ぜひ、ここでご紹介したケア法を実践していただき、インプラントと長くつきあえるよう努めて下さいね!