インプラント治療後のアフターケアが重要なのはなぜ?

はじめに

天然の歯と同様、できるだけインプラントを長持ちさせるためには正しい歯磨きが最も大切だと言われています。
インプラントの素材はチタンなどの金属なので虫歯にはならないため、治療後の歯のメンテナンスは歯に比べ簡単に感じるでしょうが、いい加減なケアをしているとインプラントの周りの粘膜が炎症し、最終的にはインプラント周囲炎という病気になります。
つまり、虫歯にならないとは言え、毎日のケアが必要になるためネジのしまり具合や噛み合わせを調節することが大切です。
ここではインプラントのアフターケアがいかに重要かについてご説明したいと思います。

インプラントのメリット

そもそもインプラントとはなくなってしまった歯のあったところに人工歯根を埋め込むもので、あごの骨にしっかりと固定し人工歯を装着します。
このインプラントのメリットは多く、一つ目はしっかり噛めるという点です。
インプラントが行われる前に主流だったブリッジや入れ歯は残された歯の力で補っていましたが、インプラントは自然な歯と同様の噛み心地が実感できる優れた治療法です。
また、二つ目はがたつきがないことがあります。
しっかりと固定されているため、がたつかずしっかり噛むことができ違和感も全くありません。

インプラントのアフターケアを怠ると

なくなってしまった歯の代わりに人工歯を埋入するインプラントですが、ご自分の歯のように再生できるため最近人気の治療法です。
ただ、インプラントでせっかく再生できた歯でも、アフターケアをいい加減にしているとトラブルの原因になるようです。
そのトラブルとはインプラント周囲炎で、この病気は土台になっている人工歯根に細菌が入り込み繁殖して炎症が起きるものです。
また、インプラント周囲炎が原因で炎症が起き周りの骨が溶けることもあるようですね。

インプラント周囲炎とは

具体的に説明しますと、インプラント周囲炎とは歯ぐきや歯周組織が細菌感染により起きる炎症のことで、歯ぐきから始まり歯周組織にまで炎症が広がってしまうと歯槽骨が吸収され、インプラントが抜け落ちることもあります。
自然の歯の歯周病と違う点はインプラントには栄養血管がないので抵抗力が弱くなっており、症状が進みやすいということですね。
急速に炎症が進行するため重症になりやすいと言われています。

インプラント周囲炎の原因

さて、インプラント周囲炎の原因ですが、プラークや歯石の中の細菌と言われており、きちんと歯磨きをしている方でも感染することがあります。
ブラッシングだけではお口の中の汚れが取りきれないため、クリニックで定期的にアフターケアをしてもらう必要があります。
つまり、インプラント治療をした後はセルフケアに加えて定期的にクリニックでのアフターケアを行うことでインプラント周囲炎を予防できるのです。
また、喫煙や糖尿病などの全身疾患などもインプラント周囲炎の原因や進行を早める原因になります。
なので、たばこを吸う方や糖尿病の場合はそういったことも考慮しつつインプラント周囲炎の治療を行う必要があります。
インプラント周囲炎は早期発見、早期治療が重要ですが、治療よりもっと大切なことはセルフケアやメンテナンスなどのアフターケアだと言えます。
プラークコントールの方法などを知りたい場合はクリニックで尋ねてみるといいでしょう。

インプラント周囲炎の治療法

では、具体的にどういった治療法があるのでしょうか?
インプラント周囲炎は初期段階であれば、適切にプラークコントロールを行うことによって症状を改善できると言われています。
まず、プラークコントロールの指導のほか、PMTCや抗菌療法、殺菌療法などが効果的だと言われています。
ですが、炎症が歯周組織まで広がってしまうとインプラントに汚れが付いてしまうため、インプラントを清潔にするための施術を行う必要が出てきます。
さらに進むと歯槽骨の吸収が始まり、外科的処置が必要な場合もあります。
具体的に言いますと、歯ぐきを切開しインプラントに付いてしまった汚れを取り除いて歯周ポケットを切除する・・などです。
また、歯槽骨が激しく吸収されているケースだと骨の量を増やしたり、歯ぐきが著しく退縮しているケースでは歯ぐきの量を増やす治療が必要になってきます。
細菌学検査や噛み合わせのチェックなどもインプラント周囲炎の治療に必要です。

定期検診でしっかりアフターケアを

インプラント治療が終ったらそこで全て終わりというわけではなく、そこからアフターケアが始まります。
インプラントをしっかりアフターケアし続けるためには使用されているネジがちゃんとしまっているか、噛み合わせがいいかどうかなどの調整も必要ですので、クリニックで定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。
インプラントはアフターケアを適切に行えば10年以上使える確率が9割以上だと言われている優れた治療法です。
治療で再生した歯の寿命を延ばすためにも、アフターケアをしっかり行うようにしましょう。
なお、アフターケアの費用についてはクリニックによってさまざまです。
一般的に1回当たり5千円程度のところが多いようで、内容についてはレントゲンを撮ったり、クリーニングを行ったり、インプラントを調整したり・・などがあります。
アフターケアの費用が気になる方はインプラントの治療前のカウンセリングの際にクリニックで聞いてみてはいかがでしょうか?
アフターケアの料金を把握しておくことで、インプラント治療が安心して受けられるはずですよ。

まとめ

インプラント治療でせっかく手に入れた歯もアフターケアを怠るとインプラント周囲炎になってしまうこということがお分かりになっていただけましたか?
大切なインプラントを維持するためにも治療後のアフターケアが重要です。
自然の歯と同様に日ごろのブラッシングでプラークを取り除き、クリニックでの定期的な検診によって日ごろのセルフケアでは取りきれない汚れをしっかり落としてもらいましょう!
アフターケアをきちんと行えばインプラントの寿命を長くできます。
ぜひ、インプラント治療を行った際のご参考になさってみて下さいね!