インプラントの失敗例とリスク回避方法

はじめに

インプラントはあごの骨に埋めるインプラント体と人工歯、その二つをつなげるアバットメントで構成されており、現在インプラント治療の成功率は限りなく100パーセントに近づいています。
つまり適切に治療を行い、その後メンテナンスをきちんとしていれば、ずっと安定して使い続けられるものだと言えます。
ただ、しっかり治療したつもりでいても、なんらかの理由でトラブルが起きてしまうことがあります。
ここではどうしてトラブルが起きるのか、インプラントの失敗例とリスク回避法・・などについてお伝えします。

インプラントトラブルの原因とは

歯をなくしてしまった時に治療法として普及しつつあるインプラント治療ですが、歯科医師の技術力不足や知識があまりないことで手術中に大量に出血したり、麻痺が残るなどのトラブルが増えているのも事実です。
最近インプラント手術を受けて治療後にトラブルを抱え、大きな病院に再治療に訪れるケースが増えているということがある調査によって分かっています。
インプラント治療は年々増え続けていますが、それに比例するようにトラブルも増えているのです。
失敗例としては
・医師の技術力、知識や経験が不足していることでインプラントが骨や神経を傷つける
・手術後にインプラントが抜け落ちる
・しびれやマヒが残る・・などが挙げられます。
では、こういったトラブルの原因にはどんな問題があるのでしょう。
そもそもインプラント治療は保険が効かないため自由診療となっており、治療方法や料金も決まっていません。
さらに、保険診療とは違うため十分な技術や経験がない歯科医師が高額な治療費を得られるインプラントに走りやすくなっているのも現実です。
トラブルの現状を踏まえ、インプラント治療も保険外治療とは言え、なんらかの監督や規制が必要ではないか・・と言われはじめています。

インプラントの失敗例とリスク回避法

インプラント治療は歯茎を切開しあごの骨にインプラントを埋め込むものなので、虫歯治療などとは違って外科的手術が必要となります。
また、麻酔を使うため患者さんによっては手術中になんらかのトラブルが起きるリスクもあります。
手術前にどういったトラブルが起きる可能性があるのかしっかりと知っておき、不安を取り除いてから手術を受けることが大切です。

・手術中の失敗例とリスク回避法

治療への不安や緊張、恐怖から麻酔をした後に手足がしびれたり、頭痛がしたり、めまい、動悸、最悪の場合には意識をなくしてしまうこともあります。
それは歯ぐきに麻酔を行ったことからの痛みや麻酔に含まれている作用によって、心拍数が増えることによる動悸などが原因となっていることが多いです。
ただ、麻酔を行ってからの動悸に関しては1分程度でおさまりますので心配ないですが、あまりに恐怖感や不安感が強すぎる場合には呼吸困難に陥ることもあります。
この対策としては以前治療で気分が悪く鳴ったり、激しい動悸があったり、過呼吸などの経験があった方は外科的手術を行う前に歯科医師としっかり相談することが挙げられます。
さらに、こういった症状は治療について不安があるために起こることが多いため、もし気になることや心配なことがあったらスタッフに相談するようにし、しっかりと解決してから治療に臨むようにしましょう。
他の対策としては笑気麻酔静脈鎮静法などがあります。
もし、痛みについて強い不安がある方は麻酔を行う前に笑気麻酔や静脈鎮静法を受けるといいでしょう。
この静脈鎮静法とは手や鼻から薬を入れて恐怖感や緊張感を抑え、リラックスした状態で治療が受けられるものです。
全身麻酔とは違って鎮静状態からの回復時間が早いので入院する必要もありませんし、その日のうちに日常生活を送ることができます。
ただ、持病があったり、手術当日に体調がすぐれない・・などで鎮静法を受けられない方は他の方法が行えることもあるため、クリニックで相談するといいでしょう。

・治療後の失敗例とリスク回避法

次に治療後によく起こるトラブルとその対処法についてご説明しましょう。
治療後のトラブルの具体例としては歯茎が腫れたり、アバットメントやインプラントが外れる、インプラントの周囲が痛む、ぐらつく、膿が出る・・などが挙げられます。
対処法としてはなんらかの症状が出た場合クリニックで相談することが大切です。
放っておくと他の部位に悪影響を与えてしまうこともあるため、クリニックへ速やかに連絡して症状をできる限り正確に伝えることが重要です。
早めに処置することで治りやすく修復しやすいので、絶対に放っておかないようにしましょう。
まれに発音しづらくなることもありますが、しばらくすると慣れてきます。
もし、上部構造を付けて半年程度経過しても発音に影響があったらクリニックで一度相談した方がいいでしょう。

インプラントの失敗リスクを回避する方法

・クリニック選びは慎重に行う

口コミやホームページを見てインプラント治療を行っているクリニックを探し、院内の様子や歯科医師の実績や経験などをチェックしましょう。
インプラント治療の症例の掲載などを行っているクリニックもあるため参考にするといいでしょう。
その上でクリニックを選び、ご自分のお口の中の状態や治療方法、リスクや費用などについて詳しく説明してくれるかどうか確認した上でクリニックを選びましょう。

・ご自分の情報をきちんと伝える

カウンセリングの際にご自分の既往歴や持病、飲酒や喫煙、飲んでいる薬などの情報をしっかり伝えましょう。
インプラント治療ができるかの判断基準にもなりますし、治療計画に役立つ情報になるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
インプラント治療は歯を失った時に行う治療法として最近広がりつつある優れた治療法です。
ただ、100パーセント安全な治療だとは言い切れません。
どういった医療行為であってもトラブルが皆無な治療など存在しません。
ですが、トラブルが起きた時には速やかに対応することでその後のダメージを最小限にできるはずです。
ここでご紹介したことを参考にしていただき、インプラント治療のリスクを理解した上で治療に臨んでくださいね!