インプラントと差し歯の違い徹底解説

はじめに

最近広く行われるようになったインプラント治療と差し歯治療をごっちゃにしている方が多いようです。
この2つの治療法は似ているようで全く違う治療法です。
ここではインプラント治療と差し歯治療の違い等についてご紹介いたします。

差し歯とインプラントの違いとは

差し歯

差し歯は歯の根っこに治療を行うことがほとんどなく、簡単に言うと穴をあけその穴に人工歯を差し込む治療を言います。
つまり、差し歯治療には歯根部が絶対的に必要だということですね。
歯根部がないと、人工歯を差し込む場所がないため治療ができないからです。
もし、抜歯したところに差し歯を入れたいという場合には差し歯治療を行うことは不可能です。
歯根が残っているところに行える治療法で保険内診療になることとそうでない場合とがあり、人工歯の仕様によっても違うため、前もってクリニックで聞いておくようにしましょう。

インプラント

インプラント治療のことを差し歯治療と同じだと思っている方がおられますが、全く違うものです。
インプラント治療はあごの骨にチタン製の人工歯根を結合させてそこに人工歯を被せるという治療法です。
根っこの部分を含め歯が全てなくなってしまっている方でも行える治療法として知られており、むしろその方が適していると言ってもいいでしょう。
インプラント治療は見た目も回復でき、噛み心地などお口の中全てにおいて優れた効果をもたらしてくれる最新治療です。
さらに、医学的側面においてデメリットはほとんどないと言ってもいいでしょう。
ただし、差し歯は保険内診療で行えることがあっても、インプラント治療は全て自由診療となるため、特殊な例を除いて保険を使うことはできません。
素晴らしい治療法でありながら、費用面で躊躇する方が多いのが現実です。

差し歯治療の流れ

  1. カウンセリング
    では、差し歯治療はどういった流れで治療が行われるのでしょうか?
    まず、カウンセリングから始まります。
    治療方法や費用面、来院回数などの説明を受けて納得した上で治療が開始されます。
    ここでなんらかの痛みがある場合、その痛みを取り除く処置を行ってから治療に進んでいきます。
  2. 検査
    次に検査を行います。触診や視診、打診やエックス線検査などを行った後、歯ぐきや歯の状態をチェックし、治療方針を決めていきます。大きな異常がなければ治療に進んでいきます。
    もし、なんらかの疾患が見つかった場合にはその治療を行ってからとなります。
  3. 差し歯の土台を作る
    歯が激しく欠損していたり、神経にまで到達する虫歯がある場合にはその処置を行ってから治療を進めますが、治療が終れば根っこに土台を作っていきます。
    この土台は一般的に金属製ですが、色などが気になる方は他の素材で作成することもできます。
    見た目なども非常にいいため、希望する方はクリニックで相談してみるといいでしょう。
  4. 型作り
    土台が出来上がって調整が済んだら差し歯を作成するための型取りを行っていきます。
    この段階で保険内診療かそうでないかの違いが出てくるのですが、保険外診療であればより緻密な型を取ることが可能です。
  5. 歯の色を測定する
    専用の装置を使って歯の色を数値化しその色に合わせた素材を使いますが、ここで違いがでるのは保険を使うかそうでないかによって素材に違いがあるため、選べる色の範囲が限定されることもあります。
  6. 仮歯を入れる
    その日のうちに仮の歯を入れるため、見た目上で心配することはありません。
    その後、仕上げを行って次の来院で差し歯を装着して終わりです。

インプラント治療の流れ

  1. 精密検査と治療計画を確認する
    インプラント治療を行うためには施術前にどの程度の歯をなくしているのか、残っている歯の状態がどうなっているのかなどを骨の大きさや硬さ、噛み合わせの状態などはどうか・・などをしっかり把握しておくことが大切です。
    ほとんどのクリニックでは歯科用CTスキャンなどを使用し、患者さん一人一人のお口の中の状態や骨の状態などを確認した上で治療計画を提示します。
    その際に、どういった施術をするのか、通院期間や料金などについてもしっかりとカウンセリングを行った上で、患者さんが同意して初めて治療を始めます。
    骨の強度が不足している場合には造骨手術などを行うこともあります。
  2. 1次手術
    インプラント治療は通常2回手術を行いますが、1時手術では歯ぐきを切開しあごの骨を削って歯の土台になる人工歯根を埋め込んでいきます。この時、局所麻酔を使うため痛みはほとんどないようですが、それでも不安な型は無痛鎮静法などの麻酔法があるため安心してよさそうですね。
    なお、手術時間は1~3時間程度となっており、入院する必要はなくその日のうちに日常生活を送ることができます。
  3. 定着期間
    1次手術が終わったら消毒や抜歯を行い、骨とインプラントがしっかり結合し定着させるために6か月程度待ちます。
  4. 2次手術
    インプラントがしっかりと定着するのを確認したら、埋め込んだインプラントの頭の部分を出してアバットメントという連結部分をつける手術を行います。
  5. 人工歯を装着する
    歯ぐきが治ったら歯の型を取り、歯並びや歯の形、色などを確認しながらインプラントに装着するための人工歯を作成します。
    2次手術を行ってから1~6週間程度経ったら人工歯を被せインプラント治療が終わります。

まとめ

差し歯治療を受けようと思っている方である程度費用を用意できるのであれば、ぜひインプラント治療をおススメしたいです。
インプラント治療は差し歯治療と比べると格段にメリットが多いからです。
インプラント治療なら治療後にクリニックに通うことが少なくて済みますし、半永久的に持つものとして開発された画期的な治療なので長期間維持できるほか、仕上がりのレベルが差し歯と比べてはるかによく、精神的にも多くのメリットがあるからです。
それに、歯の根がなく差し歯治療ができない方でもインプラント治療を行えます。
しっかりと根を作るためそこに装着する人工歯が不安定なることもありません。
差し歯かインプラント治療か迷っている方は、ぜひここでご紹介したことをご参考になさってみて下さいね!