前歯をインプラントにするメリットデメリット

はじめに

前歯がなくなってしまうと、見た目以外にも食事や発音にも悪影響があると言われています。
前歯をインプラントにする場合、施術面でも奥歯とは違った注意点があります。
ここでは前歯をインプラント治療する場合のメリットやデメリット、クリニックの選び方・・などについてご説明したいと思います。

前歯の役割とは

そもそも前歯の最も大きな役割とは食事する際にものを噛むことです。
前歯にはものを噛み切る役割があり、奥歯は食べものをすりつぶす役割があります。
さらに、人間の場合発音する際にも歯が担う役割は大きく、サ行を発音する際に重要です。
また、前歯は顔の表情づくりにも重要なものです。
顔は表情筋によっておこったり笑ったり・・など、表情を作ることができます。
もし、前歯をなくしてしまうとその時の顔は内側に唇が落ち込んだ老け顔になってしまうと言われています。
つまり、前歯をなくしてしまった場合にはそれを補てんするため、なんらかの治療が必要になります。

前歯をインプラントにする際の注意点

前歯をインプラントにする際、奥歯とは違って難易度が高くなります。
そこで、前歯をインプラント治療する際の注意点について書いてみましょう。

歯ぐきの色

歯ぐきの厚みがない場合にはインプラントの色が透けてみえるためそこの歯ぐきの色だけ違ってみえたりします。

噛み合わせ

前歯には食べものを噛み切る役目がありますので、噛み合わせが悪いと噛み切ることができません。
しっかり噛めるよう嚙合わせる歯と当たりすぎると欠けることがあるため、このバランスは非常に難しいです。
さらに、歯並びが受け口の場合は特に前歯のインプラントが欠けてしまったり、傷みやすいと言われています。
つまり、前歯の噛み合わせを作るのは奥歯と違って非常に難しいのです。

骨が薄い

奥歯とは違って前歯はものを噛み切る役割があるため、食べる時に奥歯のように強い力がかからないので、骨も奥歯ほど厚みがありしっかりとしたものではありません。
つまり、前歯を支えている骨は薄く、インプラント手術を行った際に骨が溶けてしまい、インプラントが露出することがあります。
そうなると、見た目が非常に悪くなってしまいます。

歯ぐきが下がる

歯ぐきは歯を支えている骨についており、骨が吸収され痩せてしまうとそれに伴って歯ぐきも下がってしまいます。
インプラント手術によって骨が痩せてしまうと歯ぐきも下がってしまいますが、そうなると他の歯と比較して歯が大きく見えてしまうのです。

前歯の色や形

前歯は非常に目立つところにあるため、奥歯と比較すると見た目にとても大きな影響があります。
なので、他の前歯と比較して違和感のない自然な仕上がりにする必要があります。
インプラント治療で使う人工の歯の色や形を適切に合わせる必要があるわけですね。

前歯をインプラントにするメリット

前歯がなくなったり破損した場合にはブリッジかインプラント治療を検討するでしょう。
前歯は奥歯と比べると丈夫な骨がないので場合によってはブリッジを勧められることもあるでしょうが、インプラントはブリッジと比べると数多くのメリットがあります。
まず、ブリッジと違いインプラントは周りの健康な歯を削らずに済むのが最大のメリットだと言えますね。
歯を一度削ってしまうことで土台となる歯の寿命が短くなります。
さらに、ブリッジは隙間ができやすくその部分から虫歯になりやすいです。
その結果、両隣にある健康な歯まで抜かなくてはならなくなる場合もあります。
ですが、インプラントなら健康な他の歯に影響なく歯を取り戻すことが可能です。
また、耐久性についてはブリッジもインプラントも何年程度持つとは歯科医師は言い切れませんが、ブリッジは10年ももてばいい方だと言われています。
インプラントなら適切な治療と管理によって50年もつ場合もあるようです。
それに、50年前より今の歯科医療技術は進歩しているためインプラントは永久にもたせることができる・・と言ってもいいほどです。
また、インプラントはものを噛むときにグラグラすることがありませんので、ご自分の歯と同様な感覚で食事ができます。

前歯をインプラントするデメリット

前歯をインプラントにする最大のデメリットは治療が非常に難しいことが挙げられます。
では、そもそも前歯をインプラント治療するのはどうして難しいのでしょうか?
奥歯と比べると、もともと前歯の歯ぐきやあごの骨は厚みが少ないと言われています。
あごの骨が不足しているとインプラントを埋めても支えきれず脱落するリスクがあるので、あごの骨を形成して厚みを増強するための手術を必要とします。
もし、手術せずインプラント治療が可能な場合でもインプラントを埋めた後の歯ぐきが退縮するため、金属製の上部構造と人工歯根をつなぐ役割のアバットメントの色が黒く見えたり、インプラント治療を行った歯が長く見えてしまったりするため、見た目が悪くなりやすいです。

前歯のインプラント治療を受けるクリニックの選び方

前歯のインプラント治療はこのように難しい治療ですが、どのようにクリニックを選べばいいのでしょうか?
歯科医師だけでなくスタッフの資格、過去に行った症例数なども目安になりますが、特に自分と似た症例や治療経過を見せてもらうと、前歯のインプラントを受けるクリニック選びの判断材料になるはずです。
また、前歯のインプラント治療を受ける場合には歯科医師が骨の移植や造成手術などの経験が豊富かどうかも確認しましょう。

まとめ

前歯をなくしてしまった場合、食事だけでなく見た目や会話にも悪影響が出ます。
なので、前歯のインプラントを成功させるためには噛み合わせや骨の状態、見た目の問題などを考えた上で行わなければなりません。
さらに、骨の厚みが不足している場合には骨を作る手術が必要になりますので、治療後のメンテナンスを含め慎重に考えましょう。
インプラント治療後のメンテナンスにはクリニックで定期的に受けるものと自宅で日ごろ行うものがありますが、どちらが不十分でもインプラントの寿命を維持できません。
ぜひ、少しでも快適に前歯のインプラント治療ができるよう、ここでご紹介したことを参考にしてみて下さいね!