知らないと損する!インプラントのメリットとは

まるで自分の歯のような使い心地と優れた噛み心地で注目を集めているインプラント。

「良いとは聞いてるけど、どんなものなのかよくわからない」

という方もいらっしゃることと思います。

インプラントは他の義歯と比べてどんなメリットがあるのか、インプラントにするとどんなことができるのかご紹介します。

 インプラントとは

いま歯科の分野では8020(はちまるにいまる)運動というものが行われており、80歳で20本以上自分の歯を維持することが推奨されています。

その結果、自分の歯に対する意識が高い人が増え、同時にインプラントにも関心を寄せる人が増加しました。

20本以上自分の歯を保つといっても、虫歯などで失わざるを得ない歯もあります。

その失った歯に代わる義歯として、インプラントが注目されるようになりました。

まるで自分の歯のような外観と使用感を持つ美しい義歯は、「第二の永久歯」とも言われています。

 

失った歯を補う方法は3つあります。

入れ歯、ブリッジ、そしてインプラントです。

できるだけ自分の歯に近い義歯が欲しいとお考えの方は、インプラントを選択されています。

インプラントのメリット

インプラントのメリットは次のような点にあります。

 

・白いセラミックで作るので、本物の歯のような見た目にできる

・骨に埋め込むので安定感があり、自分の歯のようにしっかり物が噛める

・人工歯でも装着感がよく、違和感がない

・ぐらつきにくい

・セラミック(陶器)なので、寿命が長く、変色しにくい

・健康な歯を削る必要がない

 

インプラントは、セラミックでできた白い歯です。

あごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯冠を被せて新しい歯を作ります。

歯だけを補うのではなく歯根から歯を作るのが特徴で、土台から作るためぐらつかず安定感があり、食べ物をしっかり噛むことができます。

見た目も使用感も、なるべく自然の歯のように作る義歯がインプラントです。

他の義歯との違い

入れ歯

入れ歯は、取り外しができる義歯です。

歯槽堤と呼ばれる歯肉の部分に、義歯床という人工の歯茎を吸着させて使用します。

総入れ歯と部分入れ歯があります。

誰でも気軽にすぐ作れて取り外しができますが、安定感が悪く、食べ物の味も感じにくいのが難点です。

【メリット】

・保険適用なので安価

・短期間で作れる

・外せるので衛生的

・プラスチック(レジン)製で落としても割れにくい、修理も簡単

・ほとんどの症例で作れる

【デメリット】

・ぐらつきやすく、安定感・使用感がよくない

・物をしっかり噛めない、咀嚼力が弱い

・臭いがつきやすい

・食べ物の味を感じにくい

・手入れが面倒

ブリッジ

ブリッジとは、3本分の義歯冠を作り、失った歯の両隣りの歯の周りを削って冠を被せ、固定する装置です。

取り外しはできません。

入れ歯よりも優れた点がありますが、両隣の健康な歯を損ねるリスクが高いのが難点です。

【メリット】

・入れ歯よりも安定感がある

・入れ歯よりも咀嚼力がある

・保険適用なので安価

【デメリット】

・左右の健康な歯を削らなくてはならない

・装置が目立つ

インプラントだとこんなことができる!

固いものでもしっかり噛める

インプラントは、純チタンあるいはチタン合金の人工歯根をあごの骨(歯槽骨)に埋め込み、アバットメントで人工歯冠とつなぎます。

入れ歯やブリッジが歯冠の部分だけを作るのに対し、インプラントは歯根から作るので歯がぐらつきません。

おせんべいなど固い食べ物を食べてもしっかり噛めますし、隙間に食べカスが入り込むこともありません。

いつまでも白い歯が保てる

インプラントはセラミックと呼ばれる陶器からできています。

セラミックは銀歯に代わる補綴物としても利用されている素材で、強度と耐久性があります。

また、金属アレルギーの心配もありません。

銀歯に代わるものとしてはレジン(プラスチック)もありますが、プラスチックは劣化し変色する場合があります。

口元を気にせずスマイルが作れる

入れ歯もブリッジも装置が目立つのが難点です。

インプラントは余計な装置を必要としないので、外からは自然の歯のように白い歯冠しか見えません。

口元を気にすることなく、大きな笑顔を作ることができます。

気兼ねなく旅行ができる

入れ歯は毎日外して専用洗剤で手入れをしなければなりませんが、旅行先で外して洗うことに抵抗がある方も多いようです。

インプラントはいったん装着したら外して洗うメンテナンスは必要ありません。

インプラント部分を毎日丁寧にブラッシングすることは必要ですが、通常の歯磨きとまったく同じですから、人目を気にせず旅行が楽しめます。

1本だけ失った歯を取り戻せる

インプラントは失った歯だけを再構築するものなので、健康な他の歯には全く負担をかけません。失った歯を1本だけ、もう一度取り戻すことができます。

インプラントの方法・時間・費用

方法

インプラントは外科手術になります。次のような手順で行います。

 

1.検査(CT撮影や問診、レントゲン撮影など)をし、治療計画を立てる

2一次手術(歯茎を切開してインプラントを埋め込む手術)

3.治癒期間をおく(約3〜6ヶ月間、インプラントと骨が結合するまで待つ)

4.二次手術(インプラントの頭と義歯との接着部:アバットメントをつける)

5.治癒期間をおく(約1〜6週間、歯茎が治癒するまで待つ)

6.義歯の型をとって制作し、アバットメントに装着する

 

時間

外科手術であること、治癒期間をあけること、経過観察が必要なことなどから、治療に要する期間は長くなっています。

1本入れるのに、約3~10ヶ月かかります。

また、2年ほどは定期的にメンテナンスを受けなければなりません。(治療後1年間は3ヶ月に1回、2年目からは1年に1回程度)

費用

インプラントは自費診療になります。

保険が適用されないので、費用は入れ歯やブリッジよりも高額になります。

1本あたり10万円以上が相場です。

注意点

外科手術ですので、術前術後の検査とセルフケアが必要です。

きちんと衛生管理しないと、感染症やインプラント脱落のリスクがあります。

まとめ

インプラントは、自分の歯のように使うことができる大変優れた義歯です。

セルフケアやメンテナンスなど少し大変な点もありますが、これまで歯を大切にしてきた方であればきっと対応できるでしょう。

美しい歯を持つことは、生活にハリと元気を与えてくれます。

ご興味をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。