インプラント歯周炎にご用心!せっかくのインプラントを台無しにしないためにできること

はじめに

歯周病は知っていてもインプラント周囲炎について詳しく知っている方はそう多くないでしょう。

歯周病は健康な歯を失う原因の一つで細菌感染によるものですが、インプラント周囲炎はインプラントをなくす最大の原因で歯周病と同様大変怖い病気です。

このインプラント周囲炎もお口の中のプラークや歯石が原因となっており、インプラントを使っている方はじゅうぶんに注意する必要があります。

ここではせっかくのインプラントを台無しにしないためにも、インプラント周囲炎についてご紹介してみたいと思います。

ぜひ、インプラント治療を受ける際のご参考になさってみてください。

 

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎は歯周病と同様の症状があり、初期段階だと自覚症状はほとんどないと言われています。

インプラントの周りの骨が吸収し始めるとインプラントがぐらつき出し、状態によっては痛みが起きます。

ですので、インプラントは一生涯使えると思っている方は間違いで、長持ちさせたいなら健康な歯と同様かそれ以上にメンテナンスを適切に行わなければなりません。

 

歯周病との違いとは

では、歯周病とインプラント周囲炎との違いとはなんでしょうか?

歯周病は歯ぐきの病気で、歯周ポケットと言われる歯の周囲にある隙間の歯周病菌が有害物質を出して歯の周りの骨が吸収されていく怖い病気です。

ですが、歯周病菌は骨の中まで大量に入っていくことはないと言われています。

いっぽうで、インプラント周囲炎は次のような症状があります。

  • 歯周病と比較すると進行が速い
  • 歯周病と同じ細菌が原因
  • 人工歯根部と支台部の接合部分に炎症が強く起こる

・・などです。

また、インプラント周囲炎は歯周病菌が骨の中まで侵入します。

インプラントは人間の体にとって異物なので健康な歯に勝るものではないため、天然の歯より炎症が強く起こるわけですね。

天然の歯だと形が複雑なためブラッシングによる細菌除去は難しいので進行を止めるのは難しいと言われています。

でも、インプラントはブラッシングなどによって清潔にすることが簡単なので、適切にメンテナンスさえしていれば無理に歯周病の天然の歯を残しておくより長く使えることもあります。

 

インプラント周囲炎の原因とは

インプラント周囲炎の原因はプラークや歯石の中の細菌によるもので、毎日きちんとブラッシングしているという方でも感染する確率がゼロではありません。

ブラッシングだけではお口の中を完全にきれいにすることができないからで、定期的にクリニックでメンテナンスしてもらいお口の中の汚れを取ってもらう必要があります。

インプラント治療を受けた後はご自分でのケアに加えて定期的にクリニックでメンテナンスを受けましょう。

日ごろのブラッシングに加えてプロによるクリーニングを定期的に受ければインプラント周囲炎を予防することができるはずですよ。

 

喫煙

インプラント治療を受ける時、喫煙がいかにインプラント治療にリスクがあるかを説明されるはずです。

喫煙は歯ぐきの免疫力を低下させるため、感染の危険性が高まるのです。

つまり、インプラント周囲炎にならないためにはお口の中の細菌をなくすことと同時に細菌に強い歯ぐきを作ることが重要です。

 

クリニックの衛生管理

クリニックの衛生管理もインプラント周囲炎になるかどうか深く関係しています。

空気中の細菌やほこりなどが多いと治療する部位に侵入してしまうからです。

ですが、全てのクリニックが衛生管理を徹底しているとは限りません。

インプラント治療を受ける前にしっかりと衛生管理が整ったクリニックかどうかを見極める必要がありそうです。

ホームページなどでも院内の様子が分かりますし、できれば実際にクリニックに行ってカウンセリングなどを受けていただき、衛生管理が行われているかどうかしっかりと判断した上でクリニック選びをしましょう。

 

インプラント周囲炎を予防するには

プラークをきちんと落とす

インプラント周囲炎の最大の原因はプラークですので、丁寧に歯磨きして落としましょう。

しっかり落とすためには適切な道具選びと自分に合った磨き方が大切で、どちらもそれぞれのお口の状態によって違っています。

インプラント治療を受けた方は歯並びが変わりそれまでの歯磨き法で注意していたこととは変わる場合もあるので、インプラント治療を受けたら改めてブラッシング法をクリニックで指導してもらいましょう。

毎日しっかりとお口のケアを行って清潔な状態を保つようにしましょう。

 

しっかりと噛んで食事する

食べものをしっかり噛むと唾液の分泌される量が増えます。

唾液の量が多いと歯や歯ぐきに食べものが残りにくくなるためしっかりと噛んで食事しましょう。

また、柔らかいものばかり食べていると噛まなくなるため、海藻類や根菜類などしっかりと噛んで食べられるものを摂るようにしましょう。

 

時間を決めて食事する

プラークができるのは飲食の回数によって比例するため、時間を決めず飲食しているとプラークが増殖しやすいと言われています。

そうなると、インプラント周囲炎になりやすくなるため、家事や仕事、勉強などをしながらだらだらと食べるクセは改めるようにしましょう。

 

禁煙する

たばこを吸うと歯周病やインプラント周囲炎の原因となるためできれば禁煙しましょう。

もし、禁煙するのが難しいなら禁煙外来のあるクリニックに行くか歯科医院で相談するといいでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

インプラント治療後にしっかりとメンテナンスすればインプラント周囲炎にならずに済みます。

ですが、それでも状態が悪いと時にはインプラントを除去する手術が必要です。

早いうちに処置をすれば摘出して骨が吸収されていないかどうかをチェックしてもらえ再度インプラント治療が行えますが、インプラント周囲炎を放っておくと骨がどんどん吸収されてしまい、インプラントを埋め込むことが困難になります。

そうならないためにも、日ごろのケアに加えクリニックで定期的にメンテナンスを受けてくださいね。

せっかく高い費用をかけて治療したインプラントですので、一生涯使えるようケアしましょう!