痛みが心配な方も安心!痛くないインプラント治療とは

はじめに

インプラントの治療経験が何度もある人はそう多くはないでしょう。
ほとんどの方は未経験でどういった痛みがあるのか不安なはず・・。
でも、インプラント治療を受けるということはなくしてしまった歯がある、状態の悪い歯がある・・ということになります。
これまで経験がある虫歯治療とインプラント治療にはどの程度の痛みの差があるのか知りたいところです。
インプラント治療にはさまざまなメリットがあるので、痛みが怖いからと言って治療を避けるのはもったいないです。
ここではインプラント治療の痛みについてや、術後痛みを極力抑える方法などについてまとめてみましたので、ぜひご参考になさってみてくださいね!

インプラント治療の痛み

手術中は痛みを感じない

インプラント治療は簡単に説明しますと、あごの骨に穴を開けて歯を植える手術を行うもので痛そうに感じますが、手術中は当然麻酔を使用するので痛みはありません。
もし、痛みがあるとすればそれは最初に打つ麻酔注射のチクッとする痛み程度です。
ただ、激しい痛みではないので安心しましょう。
基本的にインプラントの手術は30分程度で終わるので、手術時間に合わせ麻酔が処方されることになっています。
つまり、インプラント手術中はほとんど痛みを感じずに済むので安心しましょう。

手術中に麻酔が切れてきたら?

手術を行っている間に麻酔が切れることもあるので、その際に痛みを感じることはあるでしょう。
ですが、そういった場合には麻酔が追加されるため基本的には痛みを感じることはなさそうです。
奥歯などの虫歯を治療する際にも麻酔が効きにくいということがありますが、その際に少し痛みがあることもありますがそれと同様です。
この場合にも麻酔を追加したりするため治療している間痛みに耐え続けることなどありませんよね?
麻酔についての不安は前もって取り除いておけるように、しっかりと歯科医師とカウンセリングを行っておきましょう。

それでも不安な場合

インプラント治療では麻酔をしてから手術を行うのが一般的です。
それでも不安な場合には静脈内鎮静法という方法を使って手術を受けると安心でしょう。
この方法は痛みをより軽減できる方法で、一般的な注射による麻酔より安心できるものです。
静脈内鎮静法を行うと寝ているような状態で手術が受けられるためウトウトしている間に施術が終わります。
それに、全身麻酔と比べると体への負担も少なくインプラント手術を行う本数が多い場合などにはこの方法が有効でしょう。

手術後の痛みを軽減する方法

安静にする

インプラント手術を行った日は安静にすることが重要です。
歯を抜いた時と同様に考えると分かりやすいです。
なお、手術が終わったら歯科医師の指導に基づいて過ごすようにしましょう。
守らないと手術後の腫れや痛みの他、予後に悪影響を及ぼすことがあります。

麻酔が切れる前に鎮痛剤を飲む

なお、インプラント手術が終わった後痛みが出始めるのは麻酔が切れた時で、麻酔が切れるのは術後2時間程度のためその前に鎮痛剤を飲んでおけば不快感を軽減できるはずです。

24時間までは冷やす

痛みや腫れを軽減するには抜歯した箇所を24時間過ぎるまでは冷やすといいでしょう。
それ以上続けると血流が悪くなるため回復が遅れるからです。
24時間経ったら逆に温めた方が痛みが早く引くそうです。

お酒は控える

お酒を飲むと血流がよくなるので傷ついた骨に血液が流れてしまい激しい痛みが起きる場合があります。
インプラント手術当日はお酒は控えるようにしましょう。

たばこは控える

たばこを吸うと毛細血管が収縮し歯ぐきの回復を遅らせてしまいます
歯ぐきの治りが遅れてしまうと細菌感染率が高くなるので痛みが出やすいと言われています。

食事は柔らかいものを選ぶ

インプラント手術当日は患部に食べものが当たってしまわないようヨーグルトやゼリー、雑炊など柔らかいものを摂るようにしましょう。
ただ、食べないと体力が落ちるため栄養はきちんと摂るようにしましょう。

正しいうがいや歯磨きを行う

強くうがいすると傷口が刺激され炎症が起きることがあります。
また、お口の中を衛生的にしておかないと感染の原因になるためお口の中を清潔にしておきましょう。
ただ、患部に負担をかけない歯磨きを行うことが大切です。

鼻をかむ時には優しくかむ

ソケットリフトやサイナスリフトなど、上あごの骨を増強する手術を行う際には鼻に繋がっているところに穴を開けるため強く鼻をかみすぎると穴が塞がることがあり、インプラントや人工骨が穴から吸い上げられ痛みが起きる場合があります。
さらに、手術後は鼻から多少の出血があることがありますが、自然に止まることがほとんどですので安心しましょう。

クリニックに行くべき痛みとは

インプラント手術後の痛みについては人それぞれ違いますし、治療内容によっても変わってきます。
埋め込むインプラントの本数が多い場合には腫れや痛みが起きやすいと言われていますし、歯肉や骨を移植した場合には起きやすいです。
ただ、次のような場合にはクリニックに行って診てもらうことをおススメします。

  • 鎮痛剤を飲んでも激しい痛みが続く
  • 痛みがだんだん強くなる
  • 長期間痛みが続く
  • 出血量が多い、鼻から大量の血が出る

・・などです。

ほとんどの患者さんはインプラント治療を受けた次の日には鎮痛剤を飲む必要がないそうです。
ですが、早めにクリニックで相談した方がいい腫れや痛みもあるので、上で挙げたものに当てはまる場合には早めにクリニックで相談しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
インプラント手術の痛みはほとんど感じないものばかりです。
ただ、手術後痛みを感じることがあっても痛み止めを処方されるのであまり神経質になる必要はありません。
痛みが苦手という方は手術を受ける前にクリニックでよく相談しておくことをおススメします。
きっと痛みを軽くする施術を選択したり、麻酔の量を調節してくれるなど最善の方法を行ってくれるはずです。
インプラント治療の痛みをあまり恐れることなく、歯をなくした時の選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?