治療の前に知っておこう。インプラントのリスクと安全性について

インプラント治療を受けたいけれど、不安があってなかなかクリニックへ行く勇気が出ない方は多いでしょう。
ここでは、インプラントのリスクと安全性、さらに寿命や体への影響・・などについてお教えしたいと思いますので、インプラント治療への不安を取り除いていただきたいです。

インプラントとは?

そもそもインプラントとは、体の中に埋め込む材料や機器を総称して言います。
歯科で行われているインプラント治療は歯がないところの骨に人工歯根を埋め込んで、そこに人工の歯をつける治療を言います。
一般的に、この歯科用インプラントのことをインプラントと呼んでいるようですね。
こういった歯科医院でのインプラント治療は虫歯が進行したり、歯周病などによって歯がなくなってしまった場合などに行われています。

インプラントの安全性

インプラント治療はあごの骨を削って人工歯根を埋め込む種々を行うものです。
使用する人工歯根は整形外科で骨折した時などにも使われるチタン合金や純チタン製でできているため、金属アレルギーの心配はありません。
また、体に調和しやすい材質だと言われています。
さらに、インプラント治療を行う時には一般的に局所麻酔が使用されるので、手術中に痛みを感じることもほとんどないので安心できます。
ただ、インプラント治療を安全に行うためには、衛生管理や滅菌環境の整備が大変重要になります。
やはり手術ですので100パーセント安全だとは断言できません。
歯科用CTなどを含め、全顎的な事前の検査がきちんと行われていない、患者さんの健康状態を把握できていない・・など、適切に治療が行われていないと再手術が必要になる場合もあります。
ですので、歯科医師と納得いくまで相談することをおススメします。

インプラント治療のリスクとは

インプラントとはなくなった歯を補える新しい治療法で、ブリッジや入れ歯のようなデメリットが少ない治療法です。
特に、健康な歯に負担がかからないため、元の自分の歯と同じ程度の審美性や機能性が期待できます。
ですが、インプラント治療はあごの骨に手術を行う必要があるため、どれだけ細心の注意を払っても100パーセントリスクがないとは言えないのです。
ただ、これらのリスクは高いとは決して言えません。
インプラント治療だけでなく、施術にリスクはつきものですので、インプラント治療だけが特別リスクが高いわけではないのです。
リスクが完全にゼロではないので、起こり得るトラブルについてはしっかり理解しておいた方がいいでしょう。
費用面以外にも信頼できる歯科医師を選ぶことも重要です。

インプラント治療のリスク

通常の場合骨としっかり結合するものですが、骨の質が良くないなどの場合や、インプラントに大きな負荷がかかる場合などは結合しにくいことがあります。

上顎洞や鼻腔に穴があく

インプラントを埋め込む際に専用のドリルを使って穴を開けるのですが、このとき、上顎洞や鼻腔底に穴を開けてしまうことがあります。
こうなると、上顎洞の粘膜が傷つき細菌感染する場合もあります。
また、蓄膿症や鼻づまりが起こることがあります。

インプラントが脱落する

歯周炎が起きる仕組みと同様、インプラントの周りには歯垢の細菌の塊がついてしまい、炎症がおきインプラント周囲炎を起こす可能性があります
これが進んでしまうとインプラントの周りの骨が破壊されてしまいインプラントが抜け落ちることがあります。

下顎管が傷つく

下顎の大臼歯の周辺には下顎管と言われるトンネルがありますが、この部分には下歯槽神経や下歯槽動脈、静脈などが通っており、施術の際にここを圧迫したりすると中にある神経や動脈、静脈が傷つくことがあります。
そうなれば大出血することもあり、神経が傷ついてしまうとマヒが残る可能性もあります。

失敗した時の対応はさまざま

2006~2011年までの間に2000件以上ものインプラントに対する相談が国民生活センターに寄せられています。
再治療してくれるクリニックもあれば、治療費を返金してくれるクリニックもあり、対応はさまざまなようですね。
ぜひ、インプラント治療を受ける際には事前に歯科医師にインプラントの安全性やリスクについて、またそれに対する対応などをきちんと確認しておきましょう。

インプラントの寿命

一般的に、インプラントは寿命が大変長いと言われています。
そのため、第二の永久歯とも言われており、その寿命についてはきちんとメンテナンスを行っていれば10年以上は持ちます。
ですが、メンテナンスをきちんと行っていないと上で書いたようにインプラント周囲炎を起こすこともありますので、定期的に通院しメンテナンスを受けるようにしましょう。
さらに、クリニックで指導されたとおりセルフケアをきちんと行い正しい食生活を行うことによって、長くインプラントを使えるよう患者さん自身も努力しましょう。

インプラントの体への影響

インプラントはチタンでできていますが、とは言っても体内に異物が入ることには違いありません。
なので、体にどういう影響があるのか心配なところ。
チタンは人工心臓などとしても使われていたりするため、体ととても馴染みがいいと言われています。
それは、チタンは分子レベルで骨とよく似ており、チタンを骨が異物だと感じず同じ骨として取り入れるためです。
これによって、チタンに対して拒否反応も起きず、体に悪影響を及ぼすこともありません。
さらに、チタンは腐食しないため安全性が高いと言われています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
不安な点はまだまだあるかもしれませんが、インプラント治療において最も重要なことは、カウンセリングや検査を通じ、自分にもっとも合った治療計画を提案してくれるクリニックと出会うことでしょう。
そのためにはセカンドオピニオンも重要だと言えます。
自分自身でもしっかり理解し判断できるよう、インプラント治療に対する知識を少しずつ身につけておきたいものですね。
ぜひ、上でご紹介したことを参考にしていただき、クリニックに行ってみてくださいね!
みなさんのインプラント治療への不安が少しでも解消されることを願っています!