インプラントのメリット・デメリット。リスクを知ることで正しい治療を受けましょう

 

はじめに

みなさんは今ご自分の歯で食事をしたり、話したりできていますか?

 

中には歯を失ってしまい、インプラント治療を受けたいと思っている人もいるはず。
インプラント治療を行いたいけれど踏み切れない・・という人も多いでしょう。
インプラントとはなくなった歯の部分に人工歯根を埋める治療法です。
ですが、実際にはインプラント治療はすべての方にできるわけでなく、体の問題などでできない人もいます。
また、再度入れなおす必要が起こる場合もあります。

 

ここでは、インプラントのメリットやデメリット、リスクなどについて詳しくご説明したいと思います。
ぜひ、ご参考になさってみてくださいね!

インプラントとは?

そもそもインプラントとは、外傷または欠損した部位に埋め込むために、人工的に作った器官や組織の代替物、またはそれを埋め込むことを言います。
つまり、義歯や人工関節、血管などもインプラントです。
ここでは、歯科医療で使われているデンタルインプラントについてご説明していきましょう。

 

このインプラントとは歯を虫歯や歯周病、怪我などで失った場合義歯が簡単に外れないよう骨に直接接合させた人工歯根のことで、従来だと歯をなくした時は、ブリッジと呼ばれるなくした歯の両隣を削ってない部分の歯を作ったり、入れ歯を使っていました。

 

ですが、ブリッジだと両隣の歯を削るため削った歯の寿命が短くなることもあり、入れ歯だと硬いものを噛んだ時に痛かったり、噛むたびに入れ歯が動くなどするため快適な使用感が得られませんでした。
現在多く使われているインプラントは純チタン製かチタン合金のものがあり、形はねじやシリンダー状、先が細くなったもの・・などがあります。
インプラントの表面については昔は機械研磨されていましたが、最近では表面構造が粗くなり骨との結合がよくなったタイプが増えています。
さらに、インプラントの表面にハイドロキシアパタイトがコーティングされたものもあります。
最近では純チタン製かチタン合金が主流のようですね。

インプラントのメリットとは?

周りの歯の負担が少ない

歯をなくした部分にブリッジや入れ歯を入れると、残った歯にかなりの負担がかかります。
そのため、残った歯の寿命が短くなりますが、インプラント治療だと残っている歯の負担が少ないため周囲の歯が割れたり、揺れたりすることがありません。

治療がシンプル

ブリッジや入れ歯だと、土台となっている歯が歯周病や虫歯になってしまうとすべてやり直す必要があります。
3つ連結しているブリッジだと、3つのかぶせ物を全部外した上でやり直す必要がありますが、インプラントならそれぞれ独立しているものがほとんどのため悪くなったものだけを治療するだけで済みます。

周りの歯を削らずに済む

歯がなくなったところをブリッジにすると回りの歯を削る必要がありますが、歯はいったん削るとやり直し続ける必要があります。
インプラントだと残っている歯を削る必要はなくキレイなままで残すことができます。

インプラントのデメリットとは

メンテナンスを怠ると歯周病になる

インプラントはメンテナンスをいい加減にしていると歯周病になり、抜けてくることがあります。
インプラントも歯と同じで歯石がつきますが、歯より防御機能が弱いためインプラントの周囲に細菌が残ったままだと膿が出たり、歯茎が腫れたり、揺れてきたりすることがあります。

治療に時間がかかる

インプラントだと治療してすぐ被せものを入れられません。
検査やかみ合わせを確認したり、インプラントが骨と結合するのを待つ必要があり最低3か月はかかるでしょう。

費用がかかる

費用についてはインプラントを埋入する本数や場所、方法、質などにより変わってきます。
基本的に保険診療ではなく自由診療となるため保険適用できません。
検査費用としては3万円程度かかります。

お口のクリーニングや歯周病検査、虫歯の検査、噛み合わせ検査、お口の中のレントゲン撮影・・などがあります。

 

さらに、インプラント本体が10~20万円程度かかります。
インプラントを埋入する箇所の状態により使うインプラントは変わってくると言われています。
かぶせる人工歯は10~15万円程度です。
天然の歯により近い材質であればあるほど費用が高くなります。
顎の骨が薄い人の場合インプラントを埋め込むのに手術が必要となり、3~20万円ほどかかります。

インプラントのリスクとは

外科手術においてのリスク

ごくまれに起こるリスクとして知られているのが、外科手術を行った際に唇に感じるしびれがあります。
インプラントを埋入する際に下歯槽神経の顎の骨の神経、歯の周りを取り巻いている膜にある神経を傷つけた時に起こるようです。
この場合には原因になっているインプラントを取り除いた上で、半年から長期にわたり経過観察を行います。
インプラントの成功率は98パーセント程度と言われているため、こういったリスクを回避するには事前に医師としっかりカウンセリングを行い、しっかりと治療計画を立てることが重要です。

持病がある場合

もし重度の内科的疾患や糖尿病、心臓病、重度の骨粗しょう症などがある方やあごの骨が非常に少ない方などはインプラントを埋入しても骨と接合しづらいため、治療が受けられないこともあります。
さらに、たばこを吸う方も骨の接合に影響があるため禁煙が必要となります。
さまざまなケースがあるため、しっかりと医師と相談しておきたいものですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
インプラント治療に不安なことはまだあるかもしれません。
ですが、インプラント治療でもっとも重要なこととはカウンセリングや検査を通じ、自分にもっともぴったり合う治療計画を提案してくれるクリニックを選ぶことでしょう。
そのために重要なことはセカンドオピニオンも一つの考え方ですね。

 

自分自身がきちんと理解した上で判断できるようここでご紹介したインプラントのメリット、デメリット、リスクなどをきちんと頭に入れていただいて治療に臨んでいただきたいです。

みなさんのがインプラント治療によって快適な生活を送れることを願っています!