インプラント治療の種類とそれぞれのメリット

はじめに

インプラント治療には種類がいくつかあり、取り扱っている製品は歯科医院によって違っています。
ここでは、インプラント治療の種類とそれぞれのメリットについてご紹介しましょう。

 

インプラント治療の種類を把握しておく

インプラント治療の後に、取り付けた上部構造やアバットメントを何らかの理由で取り外す場合もあります。
また、引越ししたり、歯科医院が止めたりしたことなどによって、インプラント治療を受けたところへ行けなくなる場合やアクシデントが外出先で起きる場合なども考えられます。
そのため、インプラント治療した後の万一のトラブルのために、自分のインプラント治療の種類などを確認して、どのくらいそれが普及しているかをチェックしておくようにしましょう。
それほど普及していないインプラント治療の種類の場合には、治療が先々困難になることもあります。

インプラントの規格

世界中でインプラントは100種類以上あり、30種類以上が日本国内においては使用されているそうです。
このようなインプラントは、インプラントを製造するメーカーで規格が違っているため、基本的に別のメーカーのものとの組み合わせがほとんどできません。
また、メーカーが同じ場合でも、規格が大きさや種類などで違っており、インプラントに繋ぐ部品や取り外しする器具が違う場合もあります。
日本国内のインプラント治療の場合には、主として厚生労働省で認められたものが使われています。
しかし、患者が了解すると、輸入品のインプラントを使うことが歯科医師の責任によって認可されているので、国内では認可されていない輸入品でインプラント治療する場合もあります。
認可されていないものでインプラント治療を受ける際は、リスク、デメリット、治療の過去の実績、トラブルが起きた際の対応などを十分に確認するようにしましょう。

 

インプラント治療の種類とそれぞれのメリット

インプラントの形状や素材、構造などがメーカーによって違っており、それぞれいろいろなメリットがあります。
インプラントの構造が、メンテナンスで取り外したり、部品を修理で交換したりする場合に影響することがあります。
インプラントの構造の種類としては、1ピースタイプと2ピースタイプがあります。1ピースタイプ

1ピースタイプ

アバットメントとインプラントが一体になっているタイプです。
トラブルがアバットメントに起きた場合、インプラントごと撤去する必要がある場合もあります。

 

2ピースタイプ

ネジでアバットメントとインプラントをネジで連結するタイプです。2ピースの場合は、インプラントを接続している箇所の形が違っており、アバットメントはこの形に応じたものが必要で、エクスターナルタイプとインターナルタイプがあります。

 

エクスターナルタイプ

凸型にインプラントの接続箇所がなっているもので、長年使われてきたものです。
ごく一部のアバットメントは、別の会社の製品が使えるものがあるそうです。

 

インターナルタイプ

凹型にインプラントの接続箇所がなっているもので、最近使われてきたものです。
細菌が侵入しにくいメリットがあります。
アバットメントは、別の会社の製品が使える場合はほとんどありません。

 

インプラント治療の流れ

インプラントは、顎の骨に埋め込む人工歯根と、無くなった歯の代わりになる上部構造、このような人工歯根と上部構造を繋ぐアバットメントから構成されています。
インプラント治療の種類のメリットを把握するために、インプラント治療の流れについてご紹介しましょう。
インプラント治療の場合は、外科手術で、歯茎にメスを入れて顎の骨をさわる必要があります。
一回法と二回法が、外科手術としてはあります。
一回法の場合には、1回だけ外科手術を行います。
人工歯根を手術で埋め込んで、アバットメントを繋ぐまで行います。
顎の骨によっては、歯茎からキャップがちょっと出た状態で歯茎を縫合するヒーリングアバットメントと言う方法もあります。
この場合には、ヒーリングアバットメントを骨にしっかりと人工歯根が結合してから外して、普通のアバットメントを連結します。
二回法の場合には、2回外科手術を行います。
1回目の外科手術の場合は、顎の骨にインプラントを埋め込んで、歯茎を一度閉じた後、約3ヶ月~6ヶ月間人工歯根と顎の骨が結合するのを待ちます。
2回目の外科手術の場合は、歯肉に再度メスを入れて、アバットメントを人工歯根に連結します。
なお、連結する場合に、周りを新しく形成した骨が覆っていれば骨を少し削ります。
このような外科手術が終わると、人工の歯を作製します。

 

インプラント治療のメリット

では、インプラント治療の1ピースタイプと2ピースタイプは、どのような一回法、二回法の場合に使うのでしょうか?
ここでは、インプラント治療の1ピースタイプと2ピースタイプのメリットについてご紹介しましょう。
1ピースタイプは、アバットメントと人工歯根が一体になったタイプで、一回法の場合に使います。
二回法と比較して、歯茎にアバットメントを連結するためにメスを入れる必要がありません。

1ピースタイプのメリット

  1. 外科手術が1回で終わるので、患者の身体へのダメージが軽い
  2. 部品が2ピースタイプよりも少ないため、費用が安くなる
  3. 人工の歯になるまで単純な工程になるため、2ピースタイプよりも治療時間が短くなる
  4. ネジが緩むことがなく、優れた強度がある

ことが挙げられます。

2ピースタイプは、ネジでアバットメントと人工歯根を連結するもので、2つの部品を装着します。
一回法、二回法のいずれも対応できます。

2ピースタイプのメリット

  1. 審美性を希望する場合や顎の骨が痩せている場合、全身疾患がある場合など、ほとんどの場合に適用できる
  2. 一回法・二回法の治療の進め方について応用がきく
  3. 治療経過と口の中の状態に応じて、アバットメントをいくつかの種類の中から選んで連結でき、必要に応じて人工の歯の形を変えることができる
  4. 強い衝撃を人工歯根の箇所に受けると、アバットメントを接合しているネジが折れるため、骨と人工歯根の結合に対するダメージがなくなる可能性がある

ことが挙げられます。