【知っておきたい】インプラント治療の流れとメンテナンスについて

はじめに

インプラント治療をする場合には、インプラントについての知識を知っておく必要があります。
最近では、インプラント治療と一言で言っても、いろいろな治療法があります。
「長い期間インプラント治療はかかるため大変である」ということをよく耳にします。
では、インプラント治療の期間はどのくらいになるのでしょうか?
ここでは、知っておきたいインプラント治療の流れ、インプラント治療の期間、インプラント治療後のメンテナンスについてご紹介しましょう。

 

インプラント治療の流れ

インプラント治療を行う場合には、施術する前に歯はどの程度無くなっているか、どのような状態に現在ある歯がなっているか、骨や骨格の大きさ・硬さ、どのように噛み合わせがなっているか、について正しく掴んでおくことが非常に大切になります。
そのため、それぞれの歯科医院においては、初めにCTスキャンやレントゲンなどを使用して、1人ひとりの骨格や口腔環境をチェックして、治療する方針を決定していきます。
その後、カウンセリングとして施術をどのように行うか、料金や治療法、通院する期間などを行って、患者が了解してからインプラント治療が始まります。
骨の強度がもし不足している場合は、造骨手術などをこのカウンセリングの際に相談します。
一般的に、インプラント治療の場合は、2回に分けて手術を行います。
1回目の手術のときには、歯茎にメスを入れてアゴの骨を削って、人工歯根という歯のベースになるものを埋め込みます。
手術の際には、局所麻酔を使用するため、ほとんど痛みはありません。
しかし、痛みが心配な場合には、無痛鎮静法などの麻酔法がいろいろ準備されているため相談してみましょう。
手術する時間としては、1時間~3時間くらいかかります。
しかし、入院する必要はなく、手術した後は普段の生活にすぐに戻ることができます。
1回目の手術をした後、抜糸や消毒などの過程を経て、しっかりと骨と人工歯根が結合して安定するまで、期間を約3ヶ月~6ヶ月くらいあけます。
2回目の手術では、人工歯根が安定した後、埋め込みした人工歯根の頭を出して、連結箇所である「アバットメント」と言われるところを装着する手術を行います。
歯の型取りを歯茎が治った時点で行って、歯の色や形、歯並びをチェックしながら人工歯という人工歯根の上にかぶせるものを作ります。
インプラント治療は、人工歯を2回目の手術の後から約1週間~6週間後にかぶせると完了します。

 

インプラント治療の期間

インプラント治療は、先にご紹介したように、大きく分けると、歯茎の中に人工歯根埋め込む、人工歯根が骨肉と結合するまで待つ、アバットメントを装着して人工歯をかぶせる、というような過程があります。
この過程の中で、人工歯根が骨肉と結合する期間として約2ヶ月~6ヶ月必要であるため、一般的にインプラント治療の期間としては3ヶ月~10ヶ月ほどトータルでかかります。
そのため、虫歯の治療に比較すると、インプラント治療は非常に治療する期間が長いと思う人も多くいるでしょう。
しかし、インプラント治療の場合は、穴を顎の骨に開けて人工歯根を埋め込むような外科手術であるため、治療する期間はある程度必要であると思っておきましょう。
また、個人によって口腔環境や骨の大きさ・硬さなどは違っているので、個人によって治療する期間も違ってきます。
虫歯や歯周病などがある場合は、歯の治療を先に行います。
また、インプラント治療は、骨の幅が広くない場合は骨を増大する治療を先に行ってからになります。
多くの本数を入れるほど期間もかかり、柔らかい骨の場合は治癒するために期間がかかる場合が多くなります。
基本的に、インプラント治療の期間は目安として考えて、詳細については主治医とよく相談して、どのように自分がしたいか、期間はどの程度かかるかをしっかりとチェックしておきましょう。
長期間通うのは仕事が忙しいのでできない、仕事は人前に出るものであるため、長い期間歯が無い状態で生活することができない、という場合のために、最近では「抜歯即時インプラント」という抜歯するとすぐにインプラントを入れるものや、「即日負荷インプラント」という埋め込み手術をしたすぐに後に仮歯を入れるものなど、インプラント治療が短期間で完了するような治療法も多くなっています。
このようなインプラント治療は、治療が受けられる場合とそうでない場合があるため、医師に相談してみましょう。

 

インプラント治療後のメンテナンス

長いインプラント治療がやっと完了した、ということでもこれで完全にインプラント治療が終わりにはなりません。
インプラント治療は、優れた耐久性があり、長期間自然の歯と同じように使用できると言われていますが、万能とは必ずしも言えません。
というのは、インプラント治療の場合には、歯周病のリスクがあるためです。
インプラント治療をせっかくお金と時間をかけて行っても、周りの歯肉が歯周病によって痩せたり痛んだりすると、インプラントが使用できなくなる場合もあります。
また、人工物であるインプラントの場合は、自覚症状が歯槽膿漏などに周りがなった場合でもなく、トラブルが悪くなることがあります。
このようなトラブルをそのままにしておくと、インプラントが最悪の場合には抜ける場合があります。
また、骨が非常に痩せている場合や、問題が全身の健康状態にある場合などは、インプラント治療が再度できない場合もあるため注意しましょう。
インプラントをできるだけ長期間保つには、普段からプラークコントロールや歯磨きを正しい方法で行って、健康に口内を保つことが大切です。
こまめにデンタルフロスや歯ブラシなどでケアするだけでなく、専門医に依頼してクリーニングを自分でできないような箇所まで行ってもらうようにしましょう。
また、検診を歯科医院で定期的に受けるようにしましょう。
骨の状態をレントゲンで確認したり、口腔環境や噛み合わせが問題ないかなどを正しく専門医に診てもらったりするのが大切です。
可能であればメンテナンスは3ヶ月ごとに、最低でも年に1回~2回は受けるようにしましょう。