入れ歯やブリッジではなくインプラントがおすすめな理由

はじめに

歯をなくしてしまった時の治療法としてブリッジ、入れ歯、インプラントがありますが、保険を使って行う治療にブリッジがあります。
ただ、ブリッジは橋げたとなる歯に負担がかかるというデメリットがあったり、入れ歯はぐらつくなどのデメリットがあります。
いっぽうで、インプラントは費用がかかるものの残された健康な歯への負担を考慮すると入れ歯やブリッジと比較して優れていると言えるでしょう。
ここではそんなインプラントがおすすめの理由についてまとめてみましたので、ぜひ今後の治療を受ける際のご参考になさってみてくださいね。

歯を補う目的とは

歯をなくしてしまった時の治療法としてブリッジ、入れ歯、インプラントがありますが、その目的とはどういったことなのでしょうか?

  • 残された歯の噛み合わせの負担を軽減する
  • 咀嚼力を回復する
  • 歯のないところに周りの歯が傾いてくるのを防止する

・・などがあります。

 

人間の噛み合わせにかかる力は体重程度あり、寝ている間の食いしばりの力はその数倍とも言われています。
通常は噛み合わせの際に他の歯に力が分散されますが、歯をなくしてしまうと力が分散されないので、一つの歯にかかる力が増えます。
その負担によってさまざまなお口のトラブルが起きてしまうのです。

歯はなくしたまま放置していると、そこに隣の歯が傾いてきたり噛み合わせの歯が飛び出してきたりするため、歯並びが悪くなりさまざまなトラブルの原因になります。
また、他の健康な歯が歯周病になったり、歯並びが悪くなってしまい回復するのが困難になり、治療したくてもできなくなることもあります。
特別なケースを除いてはブリッジ、入れ歯、インプラントなどで治療することで噛めるようになり、お口の中を健康な状態に戻すために重要なのです。

ブリッジとは

ブリッジ治療は被せものの種類によって保険で治療することもできます。
また、金属のバネがないので入れ歯に比べて付けた時に違和感が少ないと言われており、しっかり噛むことが可能です。
ただ、両隣の健康な歯を削る必要があり、橋げたとなる歯に余計な負担がかかるため健康な歯の寿命が短くなるというデメリットがあります。

入れ歯

入れ歯は簡単に治療ができ、健康な歯を削る必要がありません。
ただ、違和感がある場合もあり、硬いものを食べる時に食べづらいです。
また、発音しづらくなるのがデメリットで審美性に劣ります。

インプラント治療とは

インプラントはなくなってしまった歯のあったところの骨にチタン製のインプラント体を埋め込み、そこに人工歯を装着するものです。
人工歯をしっかりと骨で支えられるので、天然の歯と同様にしっかりと噛むことができます。
このインプラントは3つのパーツでできており、あごの骨に埋め込むための人工歯根と歯の形状をした上部構造、それらをつなぐアバットメントからなっています。
インプラント治療を行うには人工歯根をあごの骨に埋め込む必要がありますが、それには外科的手術が必要で、人工歯根と骨が結合するのを待ち、アバットメントや上部構造を付けていきます。
土台によって人工歯を支えるためあごの骨がもろかったり薄かったりする場合はインプラント治療が行えないこともあります。
また、外科的手術が受けられるだけの十分な体力がないと不可能ですし、糖尿病などの全身疾患がある方は治療ができない場合もあります。
特に問題なくインプラントの外科的手術が行える方であっても、骨と人工歯根が付くまでに数か月程度は必要で、歯がなくなって治療が終るまでの期間は1年程度はみておいた方がいいでしょう。
インプラントは保険が使えない自費診療なので、クリニックによって治療費に差があるものの、1本当たり30~50万円程度はかかるとみておいた方がよさそうです。

ブリッジや入れ歯ではなくインプラントがおススメの理由

ブリッジや入れ歯だと噛み心地が悪い、健康な歯を削る必要がある、味が分かりづらい・・などのデメリットがありますが、インプラントならこういったデメリットを補うことができます。

  1. 天然の歯と変わらない審美性
    インプラントは歯周病や虫歯、けがなどで歯をなくした場合に使用する補てん治療のことですが、人工歯根を骨に埋め込んで歯を被せるため天然の歯と変わらない審美性と強度が実現できます。
    これまでは入れ歯やブリッジによって治療するしかなかったのですが、最近インプラント治療が行われるようになり、見た目や噛み心地に優れた第二の永久歯を手に入れられるようになったのです。
  2. 他の歯に負担がかからない
    インプラントは独立して歯を作るので、他の健康な歯に影響が全くありません。
  3. 歯槽骨の吸収を抑えられる
    インプラント治療は歯槽骨の吸収を抑えることができるのもメリットです。
  4. 金属アレルギーの心配がない
    インプラントは金属を使わない治療なので金属アレルギーの方でも安心して治療が受けられます。
    また、経年劣化がほとんどないため寿命が長いのもメリットです。
  5. ケアしやすい
    インプラントはケアしやすいのもメリットです。
    天然の歯と同じようにケアできるため長持ちさせることができます。
  6. 噛み心地がいい
    骨とチタンが結合することをオッセオインテグレーションと呼びますが、これが発見されたことによってインプラント治療ができるようになりました。
    チタンでできた人工歯根をあごの骨に埋め込むとインプラントと骨がしっかりと結合するため、ぐらついたり外れたりする心配がなく、しっかりと噛むことができるようになります。

まとめ

ブリッジや入れ歯、インプラント治療について、ブリッジや入れ歯ではなくインプラントをおすすめする理由についてまとめてみました。
それぞれにメリットもあればデメリットもあります。
ただ、インプラント治療は他の2つの治療法に比べてメリットが多い治療法だと言いきれます。
もし、歯を失ってしまった場合にどういった治療を選べばいいか迷った時、ここでご紹介したことを思い出していただいて治療法を選ぶ際のご参考になさっていただきたいです!
まずはご自分の歯で一生過ごせるようにしっかりとお口のケアを行ってくださいね!