前歯をインプラントにする前に知っておきたい注意点

はじめに

みなさんはご自分の歯で食事をしたり、会話したりできていますか?
歯周病や虫歯、けがなどで歯を失うことがありますが、中には前歯をなくしてしまうというケースもあります。
審美性の問題もありますが、前歯は発音したり、食べものを噛んだりとさまざまな重要な役目があります。
ですので、歯がない状態を長期間放っておくと、生活に支障が起きることもあります。
なくなってしまった前歯を補うのにインプラント治療を選択肢の一つとして考える方は多いですが、前歯をインプラント治療するには難易度が高いためさまざまな注意点があります。
ここでは前歯のインプラント治療する前に知っておきたい注意点などについてまとめてみました。

前歯をインプラントにするメリット

治療が難しいと言われている前歯のインプラントですが、それ以上にメリットが多いのも事実です。

審美性が高い

入れ歯だと金属のクリップが見えることがあるため前歯の治療には向いていません。
インプラントなら直接骨に埋め込むので入れ歯などと比べると審美性が高いのがメリットです。
ただ、中には義歯の表面から金属の部分が見えることがあるため、ジルコニアアバットメントなどを使えばさらに審美性の高い治療が行えます。

歯がぐらつかず噛みやすい

インプラント治療は骨に埋め込むものなので、他の治療と比べて食べものを噛み切りやすいのがメリットです。
入れ歯治療だと強い力がかかると外れてしまいますが、インプラントなら骨に埋め込んでいるので前歯の治療に最適です。

健康な歯への負担が少ない

インプラント治療はあごの骨に直接埋め込むので健康な歯へ負担がないと言われています。
ブリッジ治療は両隣の歯を橋げたにするため健康な歯を削る必要がありますが、削ったところから虫歯になってしまうことがあります。
ですが、インプラントは健康な歯を削る必要がないため歯の寿命を延ばすことができます。

前歯のインプラント治療が難しい理由

歯周病により歯ぐきが退縮しやすい

前歯をインプラントにすると、歯周病によって歯ぐきの退縮が起きやすいというリスクがあります。
この退縮とは歯周病により歯ぐきが痩せることで歯ぐきのラインが乱れてしまう状態を言います。
歯ぐきが退縮してしまうと、埋まっていたはずの歯根部が露出してしまうため歯が伸びたように見えてしまいます。
インプラントは歯周病の影響を受けやすい治療ですが、前歯は特に歯ぐきが薄い部分ですので退縮が起こりやすいため難易度が高いです。

あごの骨が薄い

インプラント治療は前歯だけに関わらずどの歯でも行えると思われがちですが、条件としてはねじを埋め込むための土台が必要です。
前歯はお口の構造上あごの骨の厚みが薄いと言われているため、前歯のインプラント治療を粉う際は前もって詳しい検査や骨の厚みを増す手術が必要になることがあります。
つまり、歯科医師の技術力の高さが要求される難しい治療なのです。

審美性が要求される

前歯のインプラント治療は特に目立つところなので審美性を実現するために技術力の高さが必要になります。
また、前歯のインプラント治療は歯や骨の状態がいい状態でないと手術の回数も多くなり治療期間も長引くので患者さんとクリニックどちらにも負担がかかる治療です。
つまり、失敗するリスクの高い治療法だと言えるでしょう。
インプラント治療を行っているクリニックであっても、経験が不足していたり技術力不足なら前歯のインプラントを行っていないところもあるため、治療可能なクリニックを探すのも一苦労です。

前歯をインプラント治療する前に知っておきたい注意点

前歯のインプラント治療は非常に難易度の高い治療ですが、どういったことに注意すればいいのでしょうか?
ここではインプラント治療を受ける前に押さえておきたい注意点をご紹介します。

  1. 治療を早く始める

    歯がなくなったところをそのまま放っておくと、骨の吸収がどんどん進んでいくと言われています。
    骨が痩せるとインプラントを埋め込むのは難しくなっていきます。
    特に前歯の骨は薄いためインプラント治療を受けようと思っている場合には早めに治療を始める方がよさそうです。

  2. 金属を使わない材料で治療する

    インプラントに金属を使っていない材料を選ぶことで歯ぐきが変色したり、金属が透けてしまうのを避けられます。
    ただ、費用が高くつくことになりますが、前歯のインプラントは特に審美性が要求されるためセラミックやジルコニアなど金属を使っていない材料を選ぶのがおススメです。また、インプラント体と被せものを連結しているアバットメントと言われる部品にはチタンを使うのが一般的ですが、最近ではジルコニアでできたアバットメントを使うクリニックも増えているようですね。

  3. 症例数の多いクリニックを選ぶ

    インプラント治療を行うクリニックは最近増えていますが、どこで治療を受けたらいいか迷ってしまう方は多いはず・・。
    前歯のインプラント治療を受けるクリニック選びのポイントは自分の症状に似た治療を行った経験のあるクリニックを選ぶことでしょう。

  4. 治療を行った写真を見せてもらう

    実際に治療を行った写真に加え、治療後数年経った写真を見せてもらうといいでしょう。治療後の写真があれば、ご自分の将来の状態が分かるため安心して治療が受けられるはずです。

  5. 費用について理解しておく

    歯ぐきやあごの骨を増やす手術が必要な場合には費用が高くなることがあるため、その点を頭に入れておきましょう。
    もし、その手術が必要になったが費用を安くしたい、最小限の手術で済ませたい・・と考える場合には審美性や機能性についてしっかりと説明を受けた上で治療に臨みましょう。

まとめ

前歯のインプラント治療を受ける前の注意点についてまとめてみました。
前歯をインプラント治療すると、審美性や機能性など他の治療法と比べてさまざまなメリットがあります。
ただ、前歯をインプラントするには他の部分と違い難易度が高いため、さまざまな注意点があるということをお分かりいただけましたか?
今後、前歯をインプラント治療する際にはここでご紹介した注意点をしっかりと踏まえた上で治療に臨んでくださいね!