歯が無いと大変なことに!インプラントを行うべき理由

はじめに

歯がなくても支障がないからと言って、放っておく方は多いのではないでしょうか。

歯が1本くらいなくても日常生活でさほど不自由はないと思ってしまいませんか?ですが、実際には歯がたった1本ないだけでも見た目や噛み合わせ、全身にも悪影響があることがあります。

さらに、治療をしようと思っていても、どんな治療法がご自分に合っているのか分からない場合もあるでしょう。

ここでは歯がなくして放っておくとどうなるのか、インプラント治療がおすすめな理由などについてご紹介します。

ブリッジや入れ歯治療などと比較してどういったメリットがあるのかなどもご紹介しますので、ぜひご参考になさってみて下さい。

歯がないまま放っておくと

おいしさを感じない

食べものは歯で噛んで味が引き出されるので、歯がなくなるとしっかり噛めずに飲み込むことになるため食べ物そのものの味が分かりづらくなるそうです。

さらに、歯がないことで食べたいものを我慢する必要が出てきます。

胃腸に負担がかかる

歯は消化気管の一つであり、よく噛んで唾液と混ぜて胃腸が消化しやすいように飲み込むための働きをしています。

ですが、歯がないままだとしっかり噛めないまま飲み込むため胃腸に負担がかかります。

体調不良が起きる

歯がたくさんなくなると噛む位置が安定しないので、身体のバランスが崩れてきます。

あごの周囲には肩や首、頭の方向につながる筋肉がありますが、噛み合わせが不安的だとこれらの筋肉のバランスが乱れるため頭痛や肩こり・・などの原因になります。

老けて見える

前歯によって唇はハリを保っているため、前歯がないままだと唇が内側に入り込んだり、口の周囲の筋肉が緩んでしまうため老けて見えます。

噛み合わせが悪化する

奥歯がないまま放っておくと噛みあわせがずれてきてしまい、奥歯の周りの歯が倒れたり、噛み合うはずの歯が出てくるなど、噛み合わせが悪化します。

治療をしようと周りの歯を戻してからでないと噛み合わせが乱れたままになるため、元通りに治療するにはかなりの費用や時間がかかることになります。

顔の形が変わる

片方の奥歯がないままだと片方ばかりで噛むことになるため、顔が歪んでくるそうです。

噛める側の筋肉が発達して歯がない方の筋肉は衰えてしまうため、顔が左右非対象になって歪んでしまうのです。

発音しづらい

会話をする際、前歯はとても重要な役割を担っています。

舌の位置や前歯の位置などにより発音がはっきりすることで、相手に言葉を伝えることができます。

前歯がないと空気が漏れるので舌足らずな話し方に聞こえてしまうため、相手も聞き取りづらくなります。

見た目が悪くなる

前歯は人の見た目を決定づけると言ってもいいでしょう。

仕事でお客さんと接する場合に髪の毛が乱れていたり、服装がだらしなかったり、前歯がないと信頼を築くことはできません。最低限の身だしなみは社会人として必要なことなので、前歯がないままだと違和感があったり、間が抜けて見えたりなどデメリットが多いです。

 インプラント治療を行うべき理由

他の歯に悪影響がない

歯周病や虫歯、怪我などで歯を失ってしまった場合に行われる治療にはブリッジや入れ歯、インプラントなどがあります。

ブリッジや入れ歯は保険を使って治療できるので費用が安く済みますが、審美性や噛み心地でデメリットも多く、他の健康な歯に悪影響を及ぼすことが多いですが、インプラントは治療する部位以外の歯に影響を与えません。

寿命が長い

インプラントはしっかりとメンテナンスを行うことで一生使っていけるものだと言われています。

インプラント治療後にメンテナンスが必要な理由はインプラントは骨となじむように表面がざらついているため、プラークが繁殖しやすく細菌感染しやすいからです。

そういったトラブルを回避するためにも、日ごろのメンテナンスに加えてクリニックで定期的にメンテナンスを受けることが重要です。

ですが、それをしっかり行っていればブリッジや入れ歯とは違い一生使い続けていけるメリットがあります。

噛み心地を回復できる

保険を使えるブリッジや入れ歯は安く治療ができますが、噛み心地や見た目で劣る他、他の健康な歯に悪影響が及びます。

ですが、インプラントなら第二の永久歯と言われているほどしっかりと噛めるため、健康な歯に近い状態にまで回復できます。

歯根部までなくしてしまった歯の代わりに人工歯根をあごの骨に埋め込んでそこに人工歯を装着していきますが、人工歯根とあとの骨を結合させるので、天然の歯と同様の咀嚼力が回復できます。

ブリッジや入れ歯治療のデメリット

入れ歯

入れ歯は金属製のばねを残された健康な歯にひっかけ支えて装着、固定する治療法です。

入れ歯だと歯ぐきに乗っているという状態なので、噛むごとにその力が歯ぐきにかかります。柔らかい歯ぐきでものを噛むので、天然の歯と比べて3割の咀嚼力が回復できればいい方だと言われています。

また、バネをかけた歯の虫歯発生率は非常に高く、ケアも大変難しいと言われています。

ブリッジ

ブリッジは健康な歯を土台にして橋のように人工歯を装着する治療法で、7割程度咀嚼力が回復できる治療法です。

歯をなくしたところに人工歯があって、それを両隣の健康な歯で支えるというもので、支える両隣の歯にかなり負担がかかるので時間が経つほどダメージは大きくなっていくと言われています。

さらに、ブリッジは入れ歯とは違って健康な歯にも人工歯冠を被せるため歯を削る部分が多くなります。一度削ってしまった歯を元通りにはできないので、その点のリスクも十分に考えた上で治療を受けましょう。

まとめ

歯はたった1本抜けただけでもさまざまなデメリットがあることをお分かりいただけましたか?見た目だけでなく全身にも悪影響があるなんて驚きですよね。

インプラントは自由診療で外科的手術も必要なので治療をあきらめる方も多いですが、審美性や機能性などの面でメリットが非常に多く、口元を美しく保ちたい女性から特に人気のある治療法です。

歯を失ってしまった時にはさまざまな治療法がありますが、ぜひインプラントを選択肢の一つに入れていただき美しい口元を手に入れて下さいね!