歯周病によって起こる口臭の予防対策について

はじめに

歯周病が原因の口臭でお悩みの方は多いはず。

歯周病が原因の口臭は口臭の中でも特に強いと言われていますが、歯周病を改善することでほとんどの口臭はなくなると言ってもいいでしょう。そして、歯周病を改善することは口臭防止だけでなく、お口の中の健康や全身の健康にとってもいいことなのです。

ここでは歯周病が原因の口臭を予防方法についてお伝えしますので、ぜひご参考になさってみてくださいね!

歯周病とは

歯周病にかかってしまうと、最初のうちは歯周病菌が作り出すガスにより歯ぐきに炎症が起きます。さらに進行すると、歯を支えている骨が溶け出してしまいます。そうなると、歯がやがてぐらつきだしてしまい痛みが起きるので、最悪抜歯することになりかねません。

また、歯周病は歯肉炎と歯周炎の両方をさしますが、この二つを違う病気だと思っている方は多いです。

他にも、重度の歯周病を歯槽膿漏と呼ぶこともあるため、歯周病と歯槽膿漏は違う病気だと思っている方もいるようですね。

多くの方はこの歯周病のことを治療をすれば治る病気だと思っている方が多いようですが、重度の歯周病になってしまうとそう簡単に治るわけではありません。

歯周病は感染症の一種で歯周病菌は誰でも持っている菌ですし、持っていなかったとしても人からうつる場合があります。

それ以外にも、免疫力が低下したり、お口の中の状態が悪化するとすぐに再発する病気です。

再発と聞くと大きな病気をイメージするかもしれませんが、歯ぐきに軽い炎症が起きてしまい膿が出ている状態も歯周病が再発している状態です。

痛みもない軽度なものでも、歯周ポケットの中の膿から口臭が起きると言われています。

これが歯周病を治療しても口臭が起きる原因ですが、あまり知られていないため口臭で悩む人が多いというわけですね。繰り返しになりますが、歯周病は治療したとしても注意して過ごさなければ再発してしまう可能性のある病気なのです。

歯周病が口臭の原因になる仕組みとは

歯ぐきが腫れて生臭い

歯ぐきにプラークが付いたままだと歯ぐきが腫れて血が出てきます。

血のにおいは独特なにおいなので、デンタルフロスを使った時に血が付いているかどうかを見ると、歯ぐきから血が出ていたり口臭があることが分かります。

歯周ポケット内で細菌が発酵し腐敗臭が起きる

歯周ポケット内の細菌は歯ブラシだけでは落とせないので、長い間細菌が溜まったままになりがちです。そうなると、細菌が発酵してしまい腐敗し口臭が起きるのです。

歯周ポケットの中の細菌はクリニックで定期的に取除かなければ腐敗が続くことになります。

歯ぐきが膿んで膿のにおいがする

歯周ポケットが深くなってしまうと、歯ぐきの中に膿がどんどん溜まってきます。膿は細菌の死がいや白血球なのでとてもにおいがきついです。

人によっては痛みやひどい腫れがあることもあります。

歯周病が原因の口臭を予防するには

口臭防止効果のある歯磨き粉を使う

歯磨き粉にはさまざまなものがあり商品によって効果にも違いがありますが、歯周病が原因の口臭を防止するには口臭を防止する効果のある歯磨き粉を使うといいでしょう。

口臭防止効果の高い歯磨き粉にはお口の中を殺菌したり、歯ぐきの炎症を防止する効果のあるものが多いと言われています。

歯周病菌を抑制し歯ぐきの状態をよくすることによって、口臭を防止することができるはずですよ。

デンタルフロスを併用する

歯周病が原因の口臭を防止するにはデンタルフロスを使うことが有効だと言われています。また、歯周病そのものを防止するのにも効果的です。

歯ブラシでブラッシングを行ったら、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使ってお口の中をきれいにしましょう。歯ブラシだけでお手入れをしても、お口の中をきれいにすることは不可能です。

実際に、歯ブラシだけだとお口の中の6割程度の汚れしか落とせないことが分かっています。そのため、歯ブラシを使って磨いた後にデンタルフロスなどを使うことで、磨き残しを少なくすることが大切です。

歯と歯の間は特にプラークが多くついていると言われています。デンタルフロスを使った後、それをにおってみましょう。かなり強烈ににおいがするはずです。

これまでデンタルフロスを使ったことがないという方はぜひ今日からでも使ってみて下さいね!

クリニックでスケーリングを行う

プラークには歯周病菌が多く存在しており、時間が経つと歯の表面で石灰化してしまい硬くなって歯石へと変化します。

歯石にまでなってしまうと歯ブラシだけでは取りきれないため、クリニックでスケーラーと言われる専用の器具を使って取除く必要があります。

歯石はもともとプラークなので歯石の中にも細菌が多く存在します。この歯石を放っておくと歯周病が進行してしまい、口臭もどんどんひどくなることは想像できるでしょう。

たとえ歯ブラシやデンタルフロスを使ってケアしたとしても、多少磨き残しは出るはずです。それが数か月かけて少しずつ歯石へと変化するため、最低でも半年に1回程度はスケーリングを受けるようにしましょう。

スケーリングは保険が使えるので3,500円程度で受けることができますよ。

 歯周病を予防することが最も重要

歯周病は治療を受ければ治ると言われていますが、歯ぐきが下がってしまうと再生手術が必要となる場合もあります。

重度にまでなってしまうと歯槽骨が溶けるため元通りになることはありません。そこまで進んでしまうと、他の歯に悪い影響を与えないために抜歯せざるを得なくなります。

これが歯周病の恐ろしさで、大事なことは歯周病にならないよう日頃から予防を行うことでしょう。

そのためにも定期的にクリニックで検診を受けることが大切です。

 まとめ

歯周病は進めば進むほど歯周ポケットが深くなるため、深いところにプラークや歯石がどんどん溜まってしまいます。

ある程度のところであれば歯石を取り除くことはできるでしょうが、歯周ポケットが深くなればなるほど取り除きづらくなってしまい、歯周病の進行を止めるのが困難になると言われています。

ですので、そうならないために口臭があるかな?と思ったら、クリニックで診てもらうことをおすすめします!