歯周病と全身疾患の深い関係

はじめに

虫歯と同じように歯を失ってしまう原因に歯周病があります。この虫歯と歯周病が歯を失う原因の8割を占めていると言われているほどです。

歯周病は実際には歯を失う原因だけでなく全身疾患とも深く関わっていると言われており、生活習慣によりこれらの疾患にかかるリスクがあることから生活習慣病と位置づけられています。

ここでは歯周病と全身疾患との関係について、歯周病の予防法も含めてお伝えします。

歯周病の原因

お口の中には数百種類の細菌が棲んでおり、日ごろは悪影響がないものの、糖分を多く摂ると細菌が粘着性の物質を作り歯の表面に密着します。

これをプラークと呼び、強い粘着性があるためうがいを行った程度で落ちないことが多いです。このプラーク1ミリグラム中に10億個もの細菌がいると言われており、歯周病や虫歯の原因になります。中でも歯周病菌が多く存在していると言われていて、歯周病はプラーク内の細菌により歯ぐきに炎症が起きます。

また、歯周病は歯を支えている歯槽骨を溶かす病気で最終的に歯を失くす原因になると言われています。

プラークは放っておくとどんどん硬くなってしまい、歯石へと変わって歯の表面にぴったりと付着します。この歯石はブラッシングを行うだけで除去できないもので、周囲に細菌が入り込んでさらに歯周病を進行させる厄介なものです。

また、次のことも歯周病を進行させる原因になると言われています。

歯ぎしり、噛みしめ、食いしばり、不規則な食生活、ストレス、たばこ、全身疾患、薬を長期的に服用しているなどです。

歯周病と全身疾患の関係

心臓疾患

この疾患は心臓に血液を送る冠動脈が閉じてしまったり、狭くなることで心臓に障害が起きる病気を総称するもので、心筋梗塞や狭心症なども含まれています。

歯周病にかかることで心臓疾患にかかるリスクが高まると言われており、歯周病菌が血管内に入ってしまうと炎症が起き動脈硬化が進行します。

その結果、プラークがどんどん作られて血管内に付着し溜まっていき血管が狭くなるというメカニズムです。

また、歯周病にかかると歯ぐきから血管の中に細菌が侵入するため、血流に乗って細菌が心臓にまで運ばれるために感染性心内膜炎などになることもあります。

糖尿病

糖尿病の方は歯周病菌になる危険性が高く、歯周病になると糖尿病が悪化するとも言われています。

さらに、歯周病を治療すれば血糖値が改善されるため糖尿病がよくなるということも分かっており、この両方の病気はお互いに影響を与え合うことが判明しています。

早産や低体重児出産

歯周病の妊婦さんはそうでない妊婦さんと比べると、低体重児出産や早産のリスクが数倍にもなると分かっており、早産や低体重児出産の赤ちゃんは病気になりやすく障害を負うリスクも高いと言われています。

脳血管疾患

脳疾患にかかっている患者さんは歯周病にかかっている割合が高いことも分かっています。

この原因は血液に乗り歯周病菌が全身をめぐるためで、脳梗塞の原因である動脈硬化を引き起こしている可能性があるからだそうです。

関節リウマチ

この疾患は手足が痛んだりこわばったりする疾患で、進むと関節が変形します。最近この関節リウマチと歯周病が関わっていることが分かってきました。

歯周病菌が作る毒素により関節リウマチが起こったり、進行したり、症状が重くなったりすることが分かっています。

また、歯周病を治療すれば関節リウマチの症状がよくなることも分かっています。

骨粗しょう症

骨の量が減ってしまうことで海綿状になり、折れやすくなった状態のことを骨粗しょう症と言います。

高齢の女性に多い疾患として知られていますが、まだはっきりと解明されていない疾患です。

歯周病にかかった歯ぐきで作られるサイトカインという物質は骨の代謝に悪影響を与えるそうです。

骨密度の低下と歯を失うことは深く関係していると研究結果もあります。いっぽうで、骨粗しょう症の方が歯周病にかかってしまうと、歯槽骨が急激に吸収されるので症状が進みやすくなると言われています。

誤嚥性肺炎

誤嚥とは認知症や加齢などにより嚥下機能が落ちることで誤って気管に食べものが入ってしまうことです。

この誤嚥によって歯周病菌が器官内に入り肺まで達してしまうと、誤嚥性肺炎が起きることがあります。

歯周病を予防するには

プラークコントロール

歯周病の最大の予防法として知られているのはプラークコントロールです。

これは歯についているプラークを減らすことでプラークは歯周病の原因であるため、適切にコントロールすることで歯周病予防につながります。

プラークコントロールはご自分で簡単にできると言われていますが、その方法はていねいなブラッシングです。

生活習慣を改善する

日ごろの生活習慣にも気を配りましょう。

特にいい睡眠を取ることは免疫力アップにつながります。

いい睡眠を取って栄養バランスの取れた食事を行い、適度な運動や規則正しい生活を行うだけでも歯周病予防につながります。

また、食事の際に咀嚼回数を増やして唾液の量を増やすことを心がけましょう。唾液はお口の中の細菌や食べもののかすを洗い流してくれる効果があります。

クリニックで定期検診を受ける

ご自分での日ごろのケアと同時に、クリニックで定期検診を受けることも大切です。

定期検診は歯周病や虫歯の早期発見につながりますので、症状が進んでしまう前にプラークや歯石を除去でき歯周病予防に効果的です。

クリニックでの定期検診ではお口の状態をチェックしたり、歯石の除去や歯のクリーニングなどが行われます。

3ヶ月に1回程度は定期検診を受けるようにしましょう。

まとめ

歯周病の怖いところは初期段階では症状がほとんどないため気づきにくいことでしょう。

気づかないうちにどんどん進んでしまうと、全身にさまざまな悪い影響が及びます。

まず、歯ぐきの腫れや出血、赤みなどのサインを見逃すことなく、不安な点があればクリニックで診てもらうようにしましょう。

また、全身の健康を保つためにも歯周病を予防したり早期治療に気を配りましょう!歯周病を予防していただき、一生ご自分の歯で過ごせるように努めてくださいね!