歯茎の出血も!?知っておきたい歯周病のサイン

はじめに

加齢に伴って歯が抜けてしまう大きな原因となる歯周病にかかってしまう方は多いです。

歯が抜ける最大の原因が歯周病と言われている通り、40歳以上の7割もの方が歯周病にかかっていると言われ、実際に多くの方が歯周病が悪化して歯を失ってしまっています。

歯周病は誰にでも起こり得る身近な病気なのですが、初期症状では痛みがないため歯周病になっていると気が付かずに放置してしまう方が多いのです。

そこでここでは、知っておきたい歯周病のサインなどについてご紹介したいと思います。どういった症状が歯周病の可能性があるのか、歯周病の対策方法についてもお伝えしたいと思います。

歯周病のサインとは

歯ぐきにどういったサインがあれば歯周病の疑いがあるのでしょうか?ここでは一般的な歯周病の症状についてご紹介します。

歯ぐきが赤くなって血が出る

歯周病と言うとこの症状が最もよく知られています。

ただ、歯周病でなくても歯ぐきが赤くなったり、血が出ることはありますが、歯周病の場合何もしなくても歯ぐきが赤くなることが多いと言われています。

さらに、ちょっとした刺激だけでも血が出るため、ブラッシングのたびに歯ぐきから血が出るという方も多いようですね。

冷たいもの、熱いものがしみる

歯周病が進んでしまうと歯ぐきが痩せてしまい、歯ぐきの中にかくれていた歯が露出します。この部分に冷たいものや熱いものがしみてきます。

虫歯の場合もしみることがありますが、歯周病の場合広範囲でしみるのが特徴です。

硬いものを噛むと歯が痛む

歯ぐきは歯の土台ですが、歯周病になると歯が浮いたような気がすることもあります。そうなると、硬いものを噛んだ時に神経に触れてしまい痛みが起きることもあります。

また、歯周病が進行すると硬いものが噛みづらくなるのが特徴です。

歯が伸びたように見える

歯周病になると歯ぐきが痩せて下がるため、歯が伸びたように見えることがあります。出っ歯になったように見える場合もあるようですね。

膿がでたりひどい口臭が起きる

歯周病が進行すると歯ぐき全体が腐ると言われているため、口臭がひどくなったり膿が出ることがあります。ここまで進んでしまうと歯がぐらつき出し、最悪歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病予防のための対策法

歯周病予防や治療のために大切なことはたった一つ、プラークコントロールだと言えるでしょう。

ちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、これは正しい歯磨きのことで、歯磨きを行うことによって歯の表面に付着したプラークの量をコントロールするためこう呼んでいます。

歯磨きと聞くと小さいころからやっている習慣ですが、その正しい方法を理解している人はそう多くはないでしょう。

その理由は正しいブラッシング法を教えてもらうチャンスがないまま大人になるからで、大切なポイントを押さえないで自己流でブラッシングしてもプラークコントロールは行えません。

日ごろから歯磨きを行っていることと、日ごろから正しい歯磨きができていることは全く違うのです。

正しい歯磨きが行えていないと、プラークコントロールができないため歯周病のリスクを持ったまま生活していることになります。

この状態のままでクリニックにいくら通って治療を受けても根本的に解決できていないので、たとえ一時的によくなったように見えても歯周病がよくなることはないでしょう。

この状態から抜け出すためにできることはとても簡単です。

「正しいブラッシング法を知って習慣づけること」たったそれだけです。

もちろん、知識だけを身につけたとしても正しいブラッシングができるようにはならないので、毎日考えながら実行することが重要です。

歯磨きはお部屋のお掃除と一緒で、歯ブラシという掃除道具の正しい使い方を知ってしまえば、後はお部屋の中にある家具などの位置や形に合わせて動かしきれいにしていくだけです。もちろん、うまくできる人とそうでない人がいるでしょうが、必ずだれでもできるようになるはずです。

また、クリニックで正しいブラッシング法を教えてくれるはずなので、ぜひ教えてもらうようにしましょう。

ただ、プラークは24時間経つと歯の表面に歯石となってついてしまうので、質の高いブラッシングを1日1回行えばそれで十分だと言われています。つまり、1日に3回もていねいなブラッシングを行う必要はないということですね。

ブラッシングはそもそも集中力が必要な行為なので、1日に3回もていねいに行うのは難しいと言われていますので、回数の多さより質の高さを重視して行いましょう。

正しいブラッシング法さえ身につけてしまえば、歯周病を怖がることなど何もありません。

今日からでもプラークコントロールを実践してみて下さいね!

生活習慣を見直す

歯周病を予防するには禁煙することが重要です。禁煙すると数日で歯ぐきの血行が良くなると言われています。

さらに、栄養バランスがしっかり取れた食事を心がけたり、ストレスのない生活を送ることも歯周病を予防するのに重要です。

歯周病の原因となる病気を治療する

お口以外の歯周病の原因を取り除くことも歯周病予防になります。

歯周病の原因と言われている糖尿病や、唾液の量が低下するドライマウスなどの症状がある場合には早期治療が大切です。

定期的に検診を受ける

歯医者さん好きの方はあまりいないはずです。あのにおいや音に嫌悪感を抱いている方はとても多いです。

ですが、歯医者さんは何も歯周病や虫歯になってから通うところではなく、それらの病気を予防するために通うところでもあります。

歯周病や虫歯のチェックに健康保険が使えるので、40歳を過ぎたらぜひ3ヶ月に1回は最低でもクリニックに通っていただき、歯や歯ぐきをチェックしてもらうことが大切です。

そうすれば、早期発見につながるので早期治療を受けることができるはずですよ!

まとめ

歯周病のせいで失われてしまった歯は二度と元通りにはなりません。

歯周病の治療と一言で言ってもその進行を止めるだけなで、歯を元通りにできるわけではないからです。さらに、これは虫歯でも同様ですが、お口の中の病気はなってから治療するでは遅すぎるのです。

ご自分の歯はどんなに高いお金を払ったとしても二度と元通りにはならないのです。一生涯ご自分の歯で過ごせるように、歯周病を予防することに努めてくださいね!