口内環境を整えて歯周病を予防!

あなたは歯周病など、お口の中のトラブルに悩まされたことはありませんか?

歯磨きした時、血が出たり、歯ぐきが腫れているという方は多いですが、これらのお口のトラブルは口内環境の悪化により起こるものです。

口内環境が悪化してしまうと、お口の中で細菌が繁殖しやすくなるためお口の中だけでなく全身の健康にも悪影響を及ぼすと言われています。ここでは口内環境を整えて歯周病を予防する方法などを詳しくまとめてみましたので、ぜひ読んでみて下さいね。

口内環境とは

お口は体の一部で、肉体的にも精神的にも影響を受けやすいところです。
また、お口は食べものを入れるところででもあり、さまざまな雑菌もそこには混ざっています。
口内環境が悪いと虫歯や口内炎、歯周病にもなりやすいので、それらを防ぐには口内環境を整える必要があるわけですね。

口内環境と歯周病の関係

歯周病とはお口の中で繁殖してしまった細菌によって歯の組織が破壊されてしまう慢性疾患です。

日本人の成人のなんと8割が歯周病であると言われているほどで、歯を失う最大の原因が歯周病だそうです。

歯周病が進行すると、歯ぐきがブヨブヨしたり、歯がぐらついたりしますが、初期段階ではほとんど自覚症状がないので、気づきにくい病気の一つです。

口内環境を整えるには

口内環境を整えるためには日ごろのお口のケアが大切です。

たとえば、歯磨きやうがい、舌磨きの他にクリニックでの定期的なメンテナスも必要です。このお口のケアはお口の中の環境を整えるだけでなく、全身の健康にもいい影響を与えるものです。

日ごろからきちんと歯磨きをしているから大丈夫と思っている方は注意が必要です。それは、上でも書いたように歯磨きをきちんと行っていても8割もの方が歯周病にかかっていることから分かります。

正しい歯磨き

口内環境を整えるための正しい歯磨き方法とはどういったものなのでしょうか?

まず、歯ブラシ選びが重要です。歯ブラシはご自分の歯や歯ぐきに合ったものを選び、歯ブラシのヘッドは狭いところまで届く小さなものがいいでしょう。硬さは硬すぎないものがおすすめです。

最近では毛先が山形になっているものが売られていますが、ギザギザしているものは磨きにくくプラークを残しがちです。なお、毛先についてはまっすぐなものがいいですが、歯周病にかかっている方は柔らかい毛先のものを選びましょう。

電動歯ブラシを選ぶのも一つの手です。

磨き方ですが、歯を一つ一つ磨く感じで細かく動かすことがポイントです。毛先を歯にまっすぐに当てて、歯の向きに合わせ角度を変えて磨いていきます。力は強すぎない方がよく、毛先が広がるくらいに力を入れてしまうと歯茎を傷つけ、歯の表面のエナメル質をはがしてしまうのでやめましょう。

歯並びが悪い方は歯と歯の間をていねいに磨くことが大切です。

歯磨きのタイミング

口内環境を常に意識していると食後すぐに歯磨きを行いたくなりますが、食後は細菌が排出する酸によってお口の中が酸性になっています。

これを唾液によって中和させるためには食後30分程度経ってから磨くといいでしょう。酸性の時にブラッシングすると歯のミネラル分が溶けやすくなり、エナメル質が傷つきやすいからです。

なので、食後30分程度経ってから磨くようにしましょう。

唾液を増やす生活を送る

口内環境を整えるためには唾液が必要だと言われています。

唾液を増やす生活習慣としては噛む回数を増やすことと水分補給が挙げられます。最低1日2リットル程度の水を摂るのが理想だと言われています。

こまめに水分を摂ることで唾液の分泌を増やすことができます。さらに、食事の際には噛む回数を増やすようにしましょう。あごを動かせば動かすほど唾液腺が刺激されるので、唾液の分泌量が増えるからです。

口呼吸を治す

なお、口呼吸をする方は注意した方がいいでしょう。口呼吸によってお口の中が乾燥してしまうからです。
お口の中が乾燥してしまうと細菌が繁殖し、プラークが落としづらくなります。

空気が乾燥する時期は特にインフルエンザ菌などが繁殖しやすくなるので要注意です。お口の中から入ってしまった菌は乾燥した喉やお口の中で繁殖してしまうため、口呼吸ではなく鼻で呼吸するようにしましょう。

乳酸菌を有効活用する

最近歯周病に効果のある乳酸菌サプリが売られているのをよく見かけます。
この乳酸菌が活動するのはなにも腸内だけではなく、口内環境を整えて悪玉菌が増えるのを抑える効果があるそうです。

唾液にもこの乳酸菌はあり、歯周病予防効果があるそうです。この乳酸菌を使ったケア商品はさまざまなものが売られているため、一度試してみるといいでしょう。

酸性の食べものに気を付ける

口内環境を整えるためには酸性食品を摂りすぎないことも大切です。酸性の食品を摂る時はアルカリ性の食品を一緒に摂るといいでしょう。

お口の中が乾燥していると思ったら、キシリトール入りのガムを噛めば唾液が分泌されるのでおすすめです。キシリトール入りのガムは虫歯予防にも有効なのでおすすめです。もちろん、無糖のものを選ぶようにしましょう。

うがい、液体歯磨きを使う

うがや液体歯磨きを使うことも口内環境を整えるためには有効です。それに、歯磨きできない時に気軽にお口の中の細菌を取り除けるメリットもあります。

うがいを行う時には重曹の入った水で行うのがおすすめです。コップ1杯の水の中に食用重曹を1グラム溶かします。
1週間に2~3回程度で十分ですので、やってみて下さいね。

液体歯磨きについてもやりすぎるのは禁物です。あまりやりすぎると口内環境を整えるために必要な善玉菌まで洗い流してしまうからです。

まとめ

歯周病を予防するための口内環境の整え方についてまとめてみました。

口内環境は肉体的にも精神的にも影響を及ぼすものなので、日ごろからしっかりとケアするようにしましょう。
理想的なケア法としてはセルフケアに加えてクリニックでのケアを併用することです。

クリニックで定期的な検診を受けながら、ご自分でできることを行うようにしましょう。そうすれば口内環境を整えることができ、歯周病を予防できるはずですよ!