重度になると費用も嵩む?歯周病を早期発見することのメリット

はじめに

みなさんは歯周病かな・・?と思ったことがありますか?
歯周病になると歯ぐきから血が出たり、腫れたりして最終的に歯をなくしてしまうことになりかねません。
この歯周病にかかっている人は日本人の大人の8割もいると言われていますが、誰でも一生歯周病にならず自分の歯を残したいものです。
そのためには歯周病を予防することが大切です。
では、歯周病を予防し早期発見するためにはどうすればいいのでしょうか?
ここでは歯周病を早期発見することのメリットや予防法などについてご紹介しましょう。

歯周病の症状とは

歯周病の症状には次のようなものが挙げられます。

・初期

目立つ自覚症状はほとんどないため、歯周病にかかっていることに気づかないことが多いです。

・中期

歯を磨いた時に歯ぐきから血が出たり、腫れたり、歯と歯の間にすき間が広がっていきます。
また、歯ぐきから膿が出て歯がぐらつきだし、人によっては歯が抜け落ちてしまうこともあります。
口臭が強くなることもあります。

・後期

ここまで進行してしまうと、歯と歯ぐきの間から膿が出て歯がぐらついてしまい、歯が抜け落ちることもあります。
口臭が強くなることもあります。

歯周病セルフチェック法

以下の症状があったら歯周病かもしれませんので、すぐにクリニックで診察してもらいましょう。

・歯ぐきの腫れ

歯ぐきに炎症があると腫れてきますが、痛みが伴うとは限っていないため気づかな方がほとんどです。
また、歯ぐきが腫れてくるとブラッシングの際に血が出やすくなるため気づくことが多いようですね。

・歯ぐきから膿が出る

歯ぐきを押した時に膿が出てくることがありますが、これは歯周組織が化膿していることによるもので歯周病だと分かります。

・歯がぐらつきだす

歯周病が進んで歯槽骨まで達してしまうと、歯を支える力が弱まって歯がぐらつきだします。
ですが、治療をしっかり受ければ歯の揺れを和らげることも可能です。

・口臭が起きる

口臭の原因はさまざまですが、病気が原因の口臭に歯周病があります。
口臭が気になる方は歯周病かもしれませんよ?

・歯ぐきが下がって見える

歯ぐきが下がってきたような気がする・・と思ったら、その原因は歯周病かもしれませんのでクリニックで診てもらいましょう。

歯周病を早期発見するメリット

歯周病は歯磨きがいい加減だったり、食生活が乱れていたりなどして歯と歯ぐきの境目あたりにプラークが増えてしまうことで起こります。
そうなると、歯ぐきが腫れてきますが、これを歯肉炎と呼んでいます。
お子さんを含め若い人にも多い症状で、少しずつ腫れてくるため全く自分では気づくことがありませんし、痛みもありません。
それに、プラークは細菌の塊であるとは言っても小さな細菌の集まりなので見た目に分かりづらいです。
歯磨きをする時など、歯ぐきから血が出て初めて気づく方がほとんどです。
その後そのまま放っておくと、歯肉炎の一部では細菌が歯周組織の中まで進み炎症がひどくなっていくため歯槽骨が溶け始めます。
年齢が上がるにつれ、その危険性が高まると言われています。
軽度の歯周炎の段階では歯肉炎とさほど差がないため、歯ぐきが腫れる、歯磨きの際に血が出る、少し膿が出る・・程度なのでほとんど気づきません。
ですが、さらに進行して中程度までになると、骨が破壊されて歯がグラグラして咀嚼しづらくなります
また、膿や出血量も多くなって口臭がひどくなり、食べ物が噛みづらくなって歯が伸びたように見えます。
さらに、痛みを感じることもあり腫れが急激に起こることもある・・というから恐ろしいですね。
重度にまでなってしまうと、歯ぐきの腫れも著しくなり痛みがあって歯がグラグラします。
最終的には噛むことができなくなって、歯が抜けてしまうこともあるそうです。
この歯周病は中程度以上にまでなると治療が複雑になり、重度にまでなると抜歯以外治療する手立てがなくなるため、早期発見するのが一番です。
これをクリニックで早期発見できれば歯周病に適したブラッシング法を教えてもらうことができ、必要ならプラークのすみかとなる歯石を除去するだけで治療が終ります。
つまり、上でご紹介したような初期症状に気づいたらすぐにクリニックに行っていただきたいです。
また、より確実に歯周病を防ぐためにはクリニックで定期的に歯やお口の中をメンテナンスしてもらうことが大切です。
80歳の段階でご自分の歯を20本以上維持し、快適に生活できるようにするためには歯周病を予防することが何より大切なんですね。

歯周病の予防法

・ていねいなブラッシング

歯周病を予防するのに最も大切なことは毎日のていねいなブラッシングです。
プラークを溜めないように、しっかりとていねいに磨けば歯周病になるリスクを減らせます。
ご自分できちんと磨けていると思ってもそうでないこともあるため、クリニックでブラッシング指導を受けてみるのもいいでしょう。

・クリニックでの定期的なクリーニング

日ごろのブラッシングが大切とは言っても、歯ブラシだけで完全にきれいにできるものでもありません。
また、プラークは時間が経過すると歯磨きだけで除去できない歯石へと変わってしまうため、クリニックで定期的にクリーニングしてもらうことが重要です。

・生活習慣を改善する

歯周病を予防するにはなんと言っても禁煙することが重要です。
禁煙すると数日で歯ぐきの血行がよくなると言われています。
また、栄養バランスの取れた食生活を送ることや、リラックスした生活を送ることも歯周病を防止するには大切です。

・歯周病の原因となる病気を治療する

お口の中以外にも歯周病の原因となっている病気を治療することも効果的です。
たとえば、歯ぐきの炎症の原因となる糖尿病や、唾液の分泌量を減少させるドライマウスなどを治療すると歯周病も改善されることが分かっています。

まとめ

歯周病を早期発見できれば高い治療費やめんどうな通院をしなくて済みます。
日ごろからのセルフケアに加え、クリニックでの定期的なクリーニングによって歯周病を予防することが可能です。
また、全身の病気を予防することにもなりますので、ぜひ日ごろから歯周病を予防することを心がけてくださいね!