男性よりも女性が歯周病になりやすいのはなぜ?

はじめに

歯周病は日本人の成人の8割もの方がかかっていると言われている病気で、原因はプラークや細菌、それらが産出する毒素だと言われています。
さらに怖いのがその細菌や毒素がお口の中だけにとどまらず、全身に悪影響を与える点です。
歯周ポケットから歯ぐきの中に侵入し、毛細血管から大きな血管へと流れ込み、心臓に届いて全身をめぐるのです。
高齢者の場合はうまく飲み込めなかったり、咳の反射が悪くので細菌が気管に入り込んでも押し出せず肺に届いてしまい、誤嚥性肺炎になったりします。
この恐ろしい歯周病は男性より女性の方がなりやすいと言われています。
それはなぜなのか、ここでご紹介してみましょう。

歯周病の恐ろしさ

上で少し触れましたが、歯周病になると他にもさまざまな病気になることがあります。
その一つに感染性心内膜炎という病気があり、この病気は歯周病にかかっているとそうでない方に比べ2倍程度発症率がアップすると言われています。
発症するととても怖い病気で、心臓の弁にもともと異常がある方は特に注意が必要です。
その理由は歯周病菌は心臓の弁に付きやすいためで、細菌がいったん弁に付いてしまうと細菌の増殖が始まり、心臓内の血流がよどんで固まり始めます。
すると血栓ができ、全身にまで飛んで脳の血管を詰まらせてしまうと脳梗塞が起き、心臓の血管を詰まらせると心筋梗塞が起こる・・というから恐ろしいですよね。
また、歯周病と糖尿病には深い関係があります。
たとえば、歯周病によってできたサイトカインという炎症物質はインスリンの働きを阻害するため、糖尿病が悪化すると言われています。
歯周病を治療すると血糖コントロールが改善されることがあるようで、それとは逆に糖尿病になることで歯周病が悪化することは広く知られていることです。
糖尿病という病気は神経や血管に影響がある病気で、この病気によって毛細血管が弱くなると歯周病菌に対する抵抗力が弱まり細菌感染を起こしやすくなって、歯周病はどんどん悪化していきます。
さらに、細菌感染を受けやすい状態となり、ますます歯周病は悪化するわけですね。
他にも胃潰瘍の原因が細菌感染であることが分かっています。
この細菌のことをピロリ菌と言いますが、強酸性の環境の中でも生き続けられるため胃潰瘍以外にも胃がんの原因にもなると言われています。
ですが、お口の中にもピロリ菌に似た細菌があって、歯周病になるとその菌が増え続けます。
すると、身体がその菌に対して防御反応が働きピロリ菌に対しても同時に反応が起きるため、歯周病になると胃潰瘍も進行する・・ということが判明しています。

見逃さないで!身体が発信する歯周病のSOSサインとは

女性が男性より歯周病になりやすい理由

さて、歯周病と全身疾患との関係について書きましたが、ここでは女性の方が歯周病になりやすい理由についてまとめてみます。
女性のお口の中の健康状態は全身と同じく思春期、妊娠期、更年期の3つの時期に分類できます。
思春期、妊娠期には女性ホルモンが増えるため、これに対してお口の中の女性ホルモンを好む歯周病菌が増え、末梢血管が拡張すると言われています。
そのため、歯ぐきが腫れたり血が出やすくなったりするわけですね

・思春期

歯周病のケアは思春期から始めることが大切です。
この時期に初潮を迎えますが、生理のたびに歯ぐきに炎症が起きやすくなります。
また、口臭が気になったり、口の中に違和感があったり痛みがある方もいらっしゃいます。
ブラッシングを丁寧にしたり、食事に対して気を付けることが必要で、もし気になるようならクリニックで相談してみるといいでしょう。

・妊娠期

その他にも女性ホルモンが歯周組織に炎症を及ぼすのが妊娠期です。
女性ホルモンの一つであるプロゲステロンという物質が歯ぐきの毛細血管に炎症反応を及ぼすことがあります。
妊娠すると女性ホルモンの濃度が上がったり、つわりがあったりとお口のケアがしづらい状況になるため、歯周病になる女性が多いです。
また、妊娠して歯周病がなかなか治らないと炎症が産出する物質によって低体重児出産の原因になることがあるそうです。
生まれた赤ちゃんは虫歯になりやすいそうで、実際に低体重児出産をしたお母さんは歯周病の方が多いという報告もあります。
さらに、歯周病のお母さんはそうでないお母さんより早産のリスクが7倍以上もアップするそうです。

・更年期

更年期になると女性は体調の変化を感じたり、ストレスが重なるので要注意です。
更年期障害が骨粗しょう症の治療にはよくエストロゲンという物質が使われますので、これが歯周病に影響を及ぼすそことがあります。
ただ、誰しもが更年期に歯周病になるわけではなく、若い頃からの積み重ねによって影響を与えることが多いそうですね。
更年期は女性にとってつらい時期ですので、できるだけ快適な生活を送れるよう歯周病のリスクについてしっかりと理解し、定期的に検診を受けるなどして日ごろから注意しておくようにしましょう。

【歯周病対策】手遅れになる前にやっておきたいケアとは

歯周病を予防するには

歯周病を予防するには男女共に共通することですが、歯周病菌の住かとなるプラークを除去することが重要です。
そのためにもしっかり毎日の歯磨きを行うようにしましょう
時間がない日には寝る前に1回だけでもいいので、しっかりとていねいに磨くようにしましょう。
1つ1つの歯を磨き上げるようなつもりで磨いていきます。
さらに、歯ブラシだけでは落としづらい歯と歯の間は歯間ブラシやデンタルフロスなどを使って除去することが大切です。
また、それだけでは落としきれない汚れは定期的にクリニックで歯のクリーニングを受けるときれいにしてもらうことができますよ。

まとめ

女性が男性より歯周病になりやすい理由がお分かりいただけたでしょうか?
女性に生まれたからにはうまく付き合っていくしかありませんよね?
歯周病を防止するには日ごろのセルフケアはもちろんですが、症状がなくても定期的にクリニックに行っていただき、お口の中をチェックしてもらうことが重要です。
自分の身体は自分で守るしかありません。
いつまでも健康的は生活を送れるようここでご紹介したことを参考にしていただき、しっかりとお口のケアをなさってくださいね!