歯周病と歯槽膿漏の違い~手遅れになる前に~

はじめに

歯槽膿漏と歯周病はほとんど同じ意味で使われている言葉です。
専門的に言うと、歯周病の方が最近ではよく使われています。
この歯周病とはプラークの中の細菌により歯ぐきに炎症が起き歯を支えている骨が溶けてしまう病気で、最終的に歯を失ってしまうこともある恐ろしい病気です。
手遅れにならないようにするために、歯周病について詳しく知っておきましょう。

歯槽膿漏、歯周病など名前がいろいろある理由

歯周病とはその名前の通り歯の周りに起こる病気のことで、いっぽうで歯槽膿漏とは歯を支えている骨から膿が漏れる・・ということからついたと言われています。
つまり、歯槽膿漏とは歯周病が進行した重度な状態のことを言います。
以前は歯周病の重い症状のことを歯槽膿漏と言っていたのですが、最近ではそういった状態のことも歯周病と呼ぶようになってきました。
ただ、歯槽膿漏と聞くとインパクトがあるため、現在でも使っている方もいるようですね。
さて、歯周病は歯肉炎と歯周炎に分類されます。

・歯肉炎とは

これは20代以下の若い方に多い症状で、歯周病の初期段階で歯と歯ぐきの境目に炎症が起き出血したり、赤く腫れたりするものです。
ここで早期発見ができきちんとケアすれば健康な歯ぐきの状態に戻すことができます。

・歯周炎

これは30代以上の方に見られる症状で、歯肉炎を放っておくとどんどん進行してしまい歯を支えている骨が溶け出します。
そうなると、歯と歯ぐきの間にある溝がどんどん深まり、そこにプラークがたまってさらに骨を溶かしていくのです。
さらに歯がぐらつきだして揺れてしまい、膿が出たり口臭が強くなってきます。
最終的に歯を骨が支えられなくなるため、歯が抜け落ちてしまうというから恐ろしいですよね?

歯周病の恐ろしさや病気との関係

歯周病は上で書いた通り歯の周りの病気のことなので、歯周病の研究や治療は歯科医療分野に位置づけられてきました。
歯周病は口の中の病気なので、当然と言えば当然ですよね?
ですが、最近の研究結果によれば、そういった考え方は歯周病をきちんと理解する上で十分ではないということが分かってきました。
つまり、歯周病とは単純に口の中だけの病気ではなく、全身のあらゆるところに悪影響をもたらす病気なのです。

・歯周病菌が血液に乗って全身をめぐる

では、どうしてお口の中の病気である歯周病が全身に悪影響を及ぼすのでしょうか?
それは未だ完全に解明されてはいませんが、すでに証明されていることと言えば、歯周病菌が血液に乗り全身をめぐる・・ということが挙げられます。
血液に乗って全身を巡る歯周病菌によって次のような病気が引き起こされると言われています。

・冠状動脈性心疾患

冠状動脈で血液の流れが悪くなって心臓に障害を及ぼす病気を総じて冠状動脈性心疾患と呼んでいます。
その中でも虚血性心疾患や心筋梗塞などは心臓の冠状動脈にプラークを形成し閉鎖することによって起きる病気だと言われています。
血管の中に入ってしまった歯周病菌などが血流に乗って冠状動脈にまで届いてしまうと、血管沈着物が急速に形成されます。
結果、血管の中の病気が起きやすくなります。
なお、歯周病にかかっているとこの病気を発症するリスクが1.2倍程度も高まるというから恐ろしいですね。

・糖尿病

糖尿病にかかっている人の数は700万人程度だと言われています
糖尿病になると神経障害や末梢血管障害、腎症、網膜症などの合併症が起こり、歯周病も糖尿病の合併症だと言われています。
糖尿病にかかっている方のほとんどに重度の歯周病が見られるそうです。
さらに、歯周病で炎症が起きているところで作られているサイトカインのうち、ある種類のものは血糖値を下げる効果があるインシュリンの働きを妨げるとも言われています。
そのため、歯周病患者さんは血糖コントロールがしづらくなるので歯周病を適切に治療すれば炎症がおさまり、サイトカインの濃度が下がってくれば血糖コントロールがうまくいくようになると言われています。

・骨粗しょう症

骨の量が減ってしまい、折れやすくなってしまった状態のことを骨粗しょう症と呼んでいます。
この症状は高齢の女性に多いものですが、まだ完全にメカニズムが解明されてはいません。
ただ、歯周病になった歯ぐきで作られるサイトカインの中には骨の代謝に大きな影響を与えるものがあって、歯を失うことと骨密度の減少には深い関係があると言われています。
いっぽうで、骨粗しょう症の方が歯周病にかかってしまうと歯槽骨が吸収されるため、症状が急激に進行するとも言われています。

・早産&低体重児出産

歯周病と女性の関係で特に注目されるのが早産や低体重児出産ではないでしょうか?
妊娠すると女性ホルモンが変化するため歯ぐきが炎症しやすくなって歯周病になる方が多いです。
これにより、早産や低体重児出産のリスクを高めているということです。
歯ぐきの血管から入った歯周病原性細菌などが血液に乗り子宮にまで達してしまうと早産になったり、低体重児出産の原因になります。
それは、子宮の筋肉に収縮が起きるからです。
最近の調査報告によれば、歯周病にかかっている妊婦さんはそうでない妊婦さんと比べて低体重児出産のリスクが4倍以上にもなるそうです。

まとめ

歯周病によって歯をなくしてしまうのは困ったものです。
ですが、それだけでなくちゃんと噛めなくなる、見た目が悪くなる・・などさまざまな症状が伴います。
また、口臭がひどくなって人間関係に支障が出る場合もあります。
歯ぐきの病気というのは初期段階ではなかなか症状が出ないため気づかないことが多いです。
でも、悪化してから治療しても治すのに時間や費用がかかってしまいます。
これが歯周病の怖いところで、今まで虫歯治療をしたことがないのでクリニックに行ったことがない・・という方は治療できないほど歯周病が進行している場合が多いです。
歯周病が手遅れになってしまわないためにも、ぜひ定期的にクリニックで検診を受けることが大切です。
そうすれば生涯ご自分の健康な歯で笑ったり、食事ができたりするはずです。
かけがえのない歯を大切できるよう、ぜひご参考になさってみて下さいね!