歯周病を放置するとどうなるのか

はじめに

お口の中の病気でよく知られているものに歯周病と虫歯があります。
この二つを比べた時、歯周病を放置している方が多いのではないでしょうか?
その理由は歯周病は虫歯のように自覚症状がほとんどなく、痛みなどもないからです。
痛くないから放っておいても大丈夫・・そんな感覚を持っている方が多いのではないでしょうか?
実際に、歯周病を放っておくと実際にはどうなってしまうのか、ここではご紹介してみましょう。
現在、ご自分のお口の中に違和感を感じていらっしゃる方もそうでない方もぜひご参考になさってみてくださいね。

歯周病とは

そもそも歯周病とは、、歯を支えている歯ぐきや骨が破壊されていく病気です。
歯ぐきの中は日ごろ見ることができないですが、歯の根っこの表面にあるセメント質と歯槽骨との間に膜があり、骨から歯が抜け落ちないようになっています。
虫歯とは歯が侵されていく病気ですが、歯周病はこの部分の組織が侵され、最終的に歯が抜け落ちる恐ろしい病気です。
日本人の40歳以上の8割もの方がこの歯周病にかかっているというから驚きですね。
歯周病は日ごろの生活習慣によってリスクが高まるため、生活習慣病の一つとも言われています。

歯周病を放っておくと

歯周病は虫歯が虫歯菌で起こるのと同じで、歯周病菌という細菌によって起こる感染症の一つです。
放置しておくと細菌がどんどん増えてしまい、症状が悪化していきます。
つまり、歯周病は放っておくと進行する病気なのです。
なお、歯周病は初期、中期、末期の3つのステージがあり、それぞれのステージによって症状も違っています。
ここではステージ別に症状をご紹介してみます。

  • 初期
    この段階では自覚症状はないため、日常生活にも支障がないと言われています。
    歯を磨いた時に少し出血したり、歯ぐきが腫れたりなどの症状がありますが、痛みもなく自覚症状を感じる方はほとんどいません。
    なので、歯周病にかかっていることに気づかない人が多いようですね。
    歯の周りには歯石がつき始めていますが、きちんと歯磨きを行ったりクリニックで歯石除去してもらうことで症状がよくなることもあります。
  • 中期
    この段階では歯周ポケットが形成されるようになり、ニオイや膿が出てきます。
    また、冷たいものを食べたり飲んだりしたときに歯ぐきが痛んだり、膿のニオイが出ることもあります。
    さらに、歯ぐきが腫れて初期段階より血が出やすくなるのが特徴です。
    歯と歯の間が広く開き、その部分に歯石が付きやすくなります。
    この部分のことを歯周ポケットと言い、この奥深くにできてしまった歯石はブラシの毛先が届かないので、歯周病菌がさらに増えやすくなっていきます
  • 末期
    ここまでくると歯がぐらつき出し抜け落ちることもあります。
    出血や膿、ニオイなどもますますひどくなり、硬いものを噛むことができなくなる方もいます。
    つまり、歯周ポケットの奥深くにある歯の根の部分にまで歯石が及んでしまっている状態です。
    さらに進んでしまうと、歯周病菌が歯ぐきの血管から全身に回ってしまい全身にさまざまな悪影響を及ぼすとも言われています。

歯周病を放っておくと起こる病気とは

脳梗塞や心筋梗塞

ごくまれにですが、歯周病菌が歯周ポケットから歯ぐきの毛細血管、さらに大きな血管へと入り込んで心臓にまで届き全身をめぐることがあります。
歯周病菌は血管や心臓において血の塊と言われている血栓を作りやすくしてしまい、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがあります。
つまり、歯周病は日本人の死因の第2位である心疾患と第4位の脳血管疾患の原因になることもあるのです。

誤嚥性肺炎

歯周病菌は呼吸や唾液により肺の中へと入り込んで、誤嚥性肺炎の原因になるとも言われています。
肺炎は日本人の死因の第3位で、高齢者がその中でも9割以上だと言われています。
高齢者は咳の反射が弱まっていたり、飲み込む力があまりないため、お口の中にある細菌が気管に入っても押し出す力がなく肺へと入り込んでしまい誤嚥性肺炎を起こしてしまうのです。

感染性心内膜症

歯周病菌は心臓の弁の部分に付きやすい性質で、付いた歯周病菌が増殖することで心臓の中の血流が滞ってしまい、その血液が血栓を作り感染性心内膜症という病気になることがあります。
ですので、心臓の弁にもともと異常がある方は注意が必要です。

骨粗しょう症

歯周病にかかっている歯ぐきにはサイトカインというものが発生し、これによって骨代謝に悪影響を及ぼすため、骨密度が減少することもあります。
他にも関節リウマチや腎盂腎炎などの病菌とも関係しているとも言われていますし、歯をなくせば顎関節症になる可能性も高まります。

早産や低体重児出産

女性は女性ホルモンであるプロゲステロンやエストロゲンが歯周病組織の炎症反応に影響を及ぼす・・と言われています。
エストロゲンという女性ホルモンは歯ぐきの中の毛細血管を拡張させたり炎症を悪化させることがあります。
つまり、妊婦さんは歯周病菌が子宮にまで届いてしまうと陣痛が促進され早産になったり、低体重児出産のリスクが高まります。
このような場合に生まれた赤ちゃんは虫歯になりやすく進行も早いと言われています。
実際、低体重児出産をしたお母さんの歯周病にかかっている割合は高く、早産のリスクも7倍程度だと言われています。

まとめ

歯周病は初期段階ではほとんど症状がないためつい放っておきがちです。
ですが、放っておくことによって上でご紹介したような怖い病気にかかってしまうことがあります。
歯周病ケアで大切なことはかかる前に対策を行う、早期治療を行う・・ということに尽きます。
初期段階なら改善することはさほど難しくないでしょうが、中期や末期にまで進んでしまうと改善するのはとても難しくなり、時間や費用もかなりかかります。
日ごろの食生活や歯磨きなどに気を配るのは当然ですが、歯周病になってしまった場合に放っておかず、日ごろからご自分の歯ぐきの状態をチェックするようにしましょう。
そうすれば、一生涯ご自分の歯を守ることができ、おいしく食事したり会話を楽しんだりできるはずですよ!