見逃さないで!身体が発信する歯周病のSOSサインとは

はじめに

もしかしたら歯周病にかかっているのでは・・と不安に思っていませんか?

 
実は40歳以上の8割もの人が歯周病にかかっていると言われており、不安に思っている方は多いようです。
ここでは身体が発信する歯周病のSOSサインとはどういったものなのか、歯周病にかかるとどういったリスクがあるのかなどについてご紹介しましょう。
歯周病は進行度によってい症状が違っているため、ご自分のお口の中の状態がどうなっているのかをしっかりと把握して早めに対策を行いましょう。

歯周病を放置した時のリスクとは

歯周病になってしまうと全身にも悪影響が及ぶと言われていますが、歯周病と深い関係がある病気には次のようなものがあります。

糖尿病

インスリンという血糖値をコントロールする成分は歯周病によって起こる炎症物質により機能が低下するため、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化すると言われています。
逆に糖尿病が悪化すると体の中の免疫機能が低下するため、歯周病菌が活性化するため症状が悪化します。

心筋梗塞・脳梗塞・狭心症

歯周病菌や歯周病菌が原因となる炎症物質などは血流により血管や心臓の弁などに悪い影響を与えるため、心疾患や脳疾患を発症する危険性が高まります。

骨粗しょう症

女性は閉経後ホルモンバランスが乱れるため骨粗しょう症のリスクが高まります。
骨粗しょう症は骨をスカスカにしてしまうため、口の中も同様の状態になり最悪骨を溶かすこともあります。

誤嚥性肺炎

食べものを飲み込む際に食道でなく誤って器官から肺へ入れてしまうことがありますが、その際に歯周病菌も一生に飲み込んでしまうと肺炎が起きることがあります。

早産、低体重児出産

歯周病にかかっていると、妊娠した場合にそうでない方と比べて早産や低体重児を出産する確率が非常に高まるそうです。
その原因は歯周病の炎症物質がへその緒を通して胎児に影響をもたらすからで、歯周病の症状が進行していればしているほとリスクが高まるそうです。
なお、妊婦さんはつわりなどのせいでお口の中のケアが行き届かないため歯周病になりやすいと言われています。

身体が発信する歯周病のSOSサイン

それでは、身体が発疹する歯周病のSOSサインにはどのようなものがあるのでしょうか?

  1. 歯磨きすると血が出る

    次に、歯磨きの際さほど強く磨いていないのに血が出ることがあったら、それは歯周病になっている可能性があります。そんな時には歯ぐきを鏡で見てみるとか、綿棒で触ってみるといいでしょう。
    痛みがあったり腫れている場合には歯周病の初期段階である歯肉炎になっていることが考えられます。

  2. 口の中がねばついたり口臭が起きる

    歯磨きを行った後でも口臭があるかどうか、身近な人にチェックしてもらいましょう。
    自分の口臭に気づくのはかなりきつくなってからです。口臭があったとしても他人だと指摘しづらいものです。
    もし、毎日きちんと歯磨きをしたりマウスウォッシュなどを使用しているにも関わらず口臭がきついと言われたら、歯周病になっていると考えられます。
    口臭は生きていると誰でも起こるもので、その原因の9割はお口の中の細菌による揮発性ガスだと言われています。このガスの活動を抑制するには唾液と口の中を清潔にしておくことが大切です。
    ですが、歯周病になってしまうといくら口の中を衛生的に保っていても唾液の分泌量が減るため、口の中が粘ついてしまい口臭がひどくなるのです。つまり、お口の中の粘つきと口臭は歯周病のサインと考えていいでしょう。

  3. 歯周ポケット

    歯周ポケットとは歯ぐきが歯と離れてしまうことで生まれる隙間を言います。
    ぜひ、歯ぐきだけでなく日ごろからこの歯周ポケットもチェックしてみましょう。
    健康な状態だと歯と歯ぐきの間はぴったり密着していますが、プラークや歯石が溜まることで溝がどんどん深くなってしまうため、その中で歯周病菌によって炎症が起き周りの歯ぐきが腫れポケットのような空間ができます。これを歯周ポケットと呼んでいます。
    もし、あなたのお口の中に歯周ポケットがあったら、それは小さい場合であっても歯周病にかかっていると考えていいでしょう。
    さらに、この歯周ポケットが大きく深くなってしまうとそこにある歯がグラグラしてきます。そうなると、歯周病がかなり進行していると考えられますので、放置しておくと間違いなく歯を失くことになるでしょう。

歯周病の治療法

最も大切なのは日ごろのセルフケア

歯周病はお口の中の病気で唯一自分で治療可能な病気で、その治療法とは毎日3回食後にお口を掃除することです。
ですが、治療するためには自己流のいい加減なブラッシングではなく徹底的に歯周病菌を撃退することが重要です。
おすすめの歯磨き法はたて磨きというもので、歯ブラシを垂直に立てて歯に当てて歯と歯ぐきの境目に沿い小刻みに動かして歯周ポケットをかき出すようにブラッシングする方法です。
もし、歯ブラシが立てにくい・・という奥歯の場合は斜めにしてもいいでしょう。
さらに、最も重要なポイントは下の前歯のブラッシングで、この部分にはプラークが溜まりやすくなっているため、歯ブラシのかかとのところを歯周ポケットに対して90度の角度に当て丁寧に1本ずつたて磨きしましょう。
さらに、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使ってきれいにし、デンタルリンスでお口の中をゆすげば完璧でしょう。
ブラッシングだけでは除去しきれなかったプラークを徹底的に取り除くためにもデンタルリンスは重要です。
このブラッシング法は一見難しいように感じますが、慣れてくるとそうでもありませんので、ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
歯周病とは歯を支えている骨を溶かすほど恐ろしい病気で、この土台部分がなくなると大切な歯が抜け落ちることになります。
それを防ぐためにも、歯周病が初期のうちに進行を食い止めなければなりません。
さらに、歯周病になることで全身にも悪影響が及ぶ場合もあります。
ご自分の身体から出ている歯周病のSOSサインを見逃すことなくしっかりと確認し、ケアすることをおススメします!