歯を失うことになる歯周病と全身の健康の関係について

はじめに

歯周病になってしまうと口臭がしたり、歯ぐきから出血したり、歯がぐらついたりなどさまざまな症状が起きますが、実は歯周病はお口の中だけの病気ではありません。
歯周病が進んでしまうと血液によってさまざまな臓器に運ばれてしまい、全身に悪影響があると言われています。
最近の研究によれば、歯周病と糖尿病には悪影響を及ぼし合うこと、歯周病は感染性心内膜炎や肺炎などの心疾患と関係があることが分かっています。
他にも歯周病の妊婦さんはそうでない方と比べると、低体重児出産や早産の危険性が高まることもあり、全身の疾患によって歯周病が進行することもあるようです。
ここでは歯周病と全身の健康との関係についてご紹介してみましょう。

歯周病とは

歯周病とは細菌感染により起こる炎症疾患のことで、歯と歯肉の境目が清潔にされていないと細菌が貯まりやすくなり、歯肉が炎症して腫れたり赤くなったりします。
さらに進んでしまうと歯周ポケットが深くなってしまい、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまって歯がぐらぐらし始め、最終的に歯を抜く必要が出てきます。

歯周病の原因とは

お口の中には300~500種類もの細菌が住んでいると言われており、日頃は悪いことをしなくてもブラッシングが不十分だったり、糖分をあまり摂りすぎることで細菌が粘着性の物質を作り出し、歯の表面に付着します。
これをプラークと言って、粘着性が高く口をゆすいだ位では取り除けません。
プラーク1ミリグラム中には10億個もの細菌がいると言われており、これによって歯周病や虫歯になります。
中でも特に歯周病の原因となる細菌が多く存在していると言われています。
歯周病はプラークの中の細菌により歯肉に炎症が起き歯を支えている骨を溶かしていくもので、最終的に歯をなくす原因になります。
プラークを放っておくと硬くなって歯石と言われるものに変化し、歯の表面に強力についてしまいます。
これを歯磨きだけで除去するのは難しく、歯石の周囲に細菌がさらに入り込むため歯周病がどんどん悪化します。

歯周病対策でできること

歯周病を予防するにはブラッシングでお口の中をキレイにし、プラークを取り除くことが重要です。
さらに、ブラッシングだけでは取り除けない歯と歯の間や奥歯には歯間ブラシやデンタルフロス、液体歯磨きなどを使うと効果があります。
生活習慣も重要なリスクファクターなので、疲労やストレス、喫煙
噛まずに食べる、睡眠不足、間食・・などが続かないように心がけましょう。
さらに、歯周病と全身の健康には深い関係があるため、両方をうまくコントロールできるかが重要になります。

 

【歯周病対策】手遅れになる前にやっておきたいケアとは

歯周病と関係の深い病気とは

糖尿病

糖尿病は血糖をさげるためのインスリンが不足してしまったり、作用しづらくなると高血糖が続いてしまう病気です。
血糖値が高いままだと合併症が起きやすくなるため歯周病は糖尿病の合併症の1つと言われているほどです。
また、糖尿病だとそうでない人と比べ歯周病になる危険性が高まると分かっていますし、歯周病が改善するとインスリンが働きやすくなるため血糖値が改善するとも言われています。

心疾患

心疾患はストレスや食生活、運動不足などが続くことで起きる生活習慣病の1つです。
歯周病の人はそうでない人と比べると心疾患になる危険性が高まると言われています。
また、歯周病が進行していればいるほどその発症リスクが高まるとも言われているほどです。
その理由は歯周病による歯ぐきでできた炎症性物質が血液を通して心臓血管に影響が与えられるからです。

誤嚥性肺炎

気管や肺は咳などで体が反応することにより防御されていると言われています。
ですが、生理的機能が低下してしまうと唾液や食べものが肺に入ってしまい肺炎が起きます。
これを誤嚥性肺炎と呼び、原因となるのは唾液中の血液です。
なお、歯周病菌は肺炎の原因になるものが多いため、認知症や脳血管障害、高齢、手術後などで食べものをうまく飲み込めない人は注意することが必要です。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は長期間にわたる生活習慣によって骨がもろくなってしまう病気です。
骨がもろくなると歯を支えている歯周組織にまで影響が及ぶと言われています。
そのいっぽうで、歯を支えている歯ぐきを破壊してしまう病気でもあり、歯槽骨がもろくなってしまうと歯周組織が破壊されやすくなるため骨粗しょう症は歯周病の進行を促進させる原因とも言われています。

低体重児出産や早産

妊婦さんが歯周病にかかっているとそうでない妊婦さんと比べて早産や低体重児を出産するリスクが高いと言われています。
妊娠するとつわりによりお口の中の状態が悪くなりやすいので歯周病にかかりやすくなります。
歯周病におる炎症物質がへその緒を通して赤ちゃんに影響してしまい、早産や低体重児出産のリスクが高まるのです。

歯を失うことになる歯周病と全身の健康の関係について

歯周病の治療法

では、進行別に歯周病の治療法をご紹介してみましょう。

軽度

歯の表面に付着している歯石や歯ぐきで見えない浅い部分にある歯石は器具や機器類などを使い除去していきます。
麻酔を使用することはほぼないようです。

中度

歯ぐきの内側など深いところに付着している歯石を除去し、歯の表面にプラークが付きにくくするため滑らかに仕上げていきます。
ここまで進行すると麻酔を使用することもあるようですね。

重度

重度にまで進んでしまうと骨が吸収され歯ぐきの溝が深くなっているので、手探りで歯石を除去するのは困難です。
麻酔を使用し歯ぐきを切開し、根っこに付着した歯石を見える状態のもとで取り除いていきます。
さらに、余計な歯周ポケットを作っている歯ぐきを取り除くことで歯周ポケットが浅くなるため、その後のケアがしやすくなります。

歯周病の治療費は?方法は?段階別にみる歯周病のあれこれ

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯周病は早い段階で気づけば自宅でのセルフケアでも改善できる病気です。
ですが、進行してしまうと全身の健康をも脅かしてしまう怖い病気だということがお分かりいただけましたか?
不安な方はぜひクリニックでケアしてもらい、歯周病を進行させないようにしてください。
ここでご紹介したことがみなさんの健康のためのお役に立つとうれしいです!