【症状別】歯周病の治療期間と費用

はじめに

皆さんは歯周病についどのくらい知っていますか?

歯周病はまたの名をサイレントディジースと言われており、知らず知らずの間に進んでいく怖い病気です。
歯周病治療を受けたいけれど、費用や期間がどのくらいかかるのか・・と気になる方は多いでしょう。
そもそも歯周病とは歯垢が原因で起こる歯ぐきの病気のことで、歯垢の中の歯周病菌が毒素を排出して歯槽骨を溶かしていくものです。
今や歯周病は日本人にとって国民病とも言われているほどの病気で、40代以上の8割もの人がかかっているポピュラーな病気です。
ここでは歯周病の治療にかかる費用や期間などについてご説明してみたいと思います。

歯周病を放っておくと

歯周病を放っておくと、歯ぐきから出血したり、むずむずしたり・・といった症状が出ます。
そして、歯ぐきが腫れる頻度が高くなり、朝起きた時口の中が膿の味がしたり・・だんだん症状が悪化してきます。
怖いことにこの状態までくると骨が少しずつ溶けてきています。
さらに放置すると、歯がぐらぐらしたり硬いものが食べにくかったり、歯ぐきが急に腫れたりしてきますが、確実にこの段階までくると骨が溶けている状態です。
鏡で見た時に口の中をのぞいていただき、歯が伸びてきた感じがする・・と思ったら間違いと言ってもいいでしょう。
骨が溶けると歯ぐきは腫れながら下がってくるため、歯が伸びたように見えるのは歯ぐきが痩せたことで歯が見えやすくなっているためです。
このまま治療しないでおくと、突然ものを食べている時に歯が自然に抜けてしまいますので、噛んだ時に硬いものがでてきたと感じたらそれは自分の歯だった・・なんてことになりかねま
せん。
ここまできてしまうともう手遅れです。
全部の歯が歯周病にかかってしまっています。
骨が溶ける前にクリニックで診てもらう必要があるでしょう。

 

歯がなくなるとどうなるの?

見た目が気になり自信が持てなくなる

歯がなくなる最大のデメリットは見た目の問題でしょう。
歯がないことを人に知られるのは男性女性にかかわらず嫌なものです。
また、人と話にくくなったり、笑顔が少なくなってしまう方も。
外出するのがだんだんいやになりますし、人と接する職業の方は働く意欲も消えてしまうでしょう。
その結果、外に出なくなり精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

栄養が偏りがちになり病気になる

われわれが生きていく上で必要な食事の際に必ず歯を使いますよね?
歯がなくなってしまうと、硬いものが食べづらくなっていきます。
普段の食事についてよく考えてみますと、硬いものを食べることが多いですよね?
野菜や肉もしっかり噛まないと食べられません。
噛めないことでビタミンやたんぱく質、ミネラル、食物繊維など体に大切な栄養素を摂れなくなり、柔らかいものばかり食べるようになって肥満の原因となります。

歯周病治療の費用と期間とは

歯周病とは上でもご紹介したとおり、歯と歯ぐきの中に歯周病菌が入り込み最終的に歯槽骨を溶かす怖い病気です。
なお、進行性の病気のため治療費も進行度合いによって違いがあります。
いったいどのくらいの費用や期間がかかるのか、ここでは詳しくご説明したいと思います。

軽度の場合

初診の際にお口の中の検査やレントゲン撮影を行い、歯の周りの骨があまり溶けていないなら歯周病は軽度と診断されます。
歯の周りの歯石を取り除くことで、だんだん元通りの状態へと回復していきます。
クリーニングと歯石除去を行って治療が終わります。
治療費は1500円程度で1~4回程度かよくことでほとんどの場合は回復すると言われています。
4回通院すれば6000円程度となり、初診でレントゲン撮影を行うと合計8000円程度かかるでしょう。
なお、治療期間については1か月程度とみておきましょう。

中度の場合

中度まで進行すると軽度と比較して歯石もかなりついてしまっているため、歯の周りの骨が少し溶けている状態でしょう。
この場合は保険診療だと軽度の場合とほぼ変わらず、クリーニングと歯石取りが中心の治療になります。
治療期間は軽度より少し長くなるため10回程度の通院が必要で、1回当たり1500円かかるとすると15000円程度かかるということになります。
さらに、初診時に検査などがあるため、合計17000円程度とみておきましょう。
治療期間も軽度より長くなり、2か月程度はかかるでしょう。
もし、歯ぐきの状態がよくない場合には保険外治療になり、歯周外科治療が行われます。
これは失った歯茎を再生する高度な治療で、自由診療のため費用は1回当たり10万円程度もかかります。

重度の場合

歯周病が進行しているのにクリニックに全く通院していない場合、症状はかなり重度なものになっていきます。
歯の周りに歯石がかなりついていて、汚れや口臭もひどい場合が多いです。
すでに、歯がぐらついていることもあるでしょう。
ここまで進んでしまうと、治療にかかる費用や期間ははっきりと言えない場合が多いです。
と言いますのも、どの程度通院すれば完治できるか分からないためで、保険内診療なら1回にかかる費用や初診料がどの程度かは軽度や中度の場合とほとんど同じでしょうが、通院回数も増えて1年以上はかかるかもしれませんね。
それに、骨もかなり溶けているため完治するのは望めないでしょう。
できる限り歯を持たせる治療が中心になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯周病の治療法は進み具合の他に患者さんそれぞれの噛み合わせの状態や歯並び、きちんと日ごろからケアできているかどうかによって変わってきます。
つまり、治療法が違うため治療期間や費用も変わってくるということになりますね。
さらに、薬剤を使って治療する場合は体質を考慮する必要があるため、歯周病治療はオーダーメイド治療になると言ってもいいでしょう。
悪化すればするほど治療にかかる期間は伸びますし、費用もかさんできます。
痛い治療を行うこともあるなど、負担が大きくなるでしょう。
もし、歯周病かもしれないと感じたらすぐにクリニックで診てもらうようにしましょう!
みなさんのお口の中がいつまでも健康でいられることを願ってやみません!