周りに気付かれているかも!?歯周病による口臭を改善する方法

はじめに

歯周病による口臭でお悩みの方は多いでしょう。

歯周病による口臭は最もにおいが強いと言われています。

歯周病を改善することによって口臭がなくなると言っても言いすぎではないはず・・。

 

また、歯周病を改善することは口臭以外にも体の健康やお口の健康のためにもなります。

ここでは、歯周病の症状や歯周病による口臭を防止するための方法などをご紹介しますので、ぜひご参考になさってくださいね!

 

歯周病とは

歯周病とは歯の周囲にある骨が溶けてしまい、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気のことです。

またの名をサイレントディジーズとも呼ばれるほど気づかないうちに症状が進んでしまう病気です。

歯がぐらついたり痛みが出だした頃には重症になっていることがほとんどです。

初期症状に気づいて適切に治療すれば進行を食い止められます。

 

つまり、歯ぐきから血が出たり、腫れを放っておかずに早めに治療すれば進行を抑えることができ、一生自分の健康な歯で食事ができるはずです。

 

歯周病の症状とは

歯がしみる

歯ぐきが下がってくると歯の象牙質が露出してしまい、この象牙質は神経と繋がっている管があるため知覚過敏が起こってきます。

 

歯ぐきの腫れ

歯ぐきとは本来なら薄ピンク色をしていますが、歯周病の原因となる細菌が周囲に残ったままだと赤く腫れてくると言われています。

歯ぐきの表面部分では歯周病菌が入ってこないように免疫細胞を含んだ血が集まって細菌と戦うことで歯ぐきが腫れてしまうようです。

 

歯ぐきから出血する

デンタルフロスや歯ブラシに血がついていると、その部分に歯周病菌が残っており歯ぐきが腫れている・・と考えてよさそうです。

歯ぐきが腫れているとその刺激によりすぐ出血し、腫れや出血が続くと歯ぐきの中にある骨が徐々に溶け出します。

出血しているから歯磨きをしないで放っておくと悪化するため、注意しましょう。

 

歯石が付着する

歯石は唾液と血液、プラークからなっており、歯ぐきからの出血が多いところには歯石が多くつきます。

歯石は歯周病菌のすみかになるので、歯石がついてしまうと歯周病が悪化すると言われています。

 

歯ぐきから膿がでる

歯周病により歯の周囲の骨が溶かされてしまうと歯周ポケットが作られてしまい、この歯周ポケットはポケット状になっておりプラークが貯まりやすくなります。

歯周ポケットの中で免疫細胞と歯周病菌が常に戦っているので膿が出続ける・・というわけですね。

 

口臭がする

歯ぐきが膿んだり腫れたりすると口臭が起こると言われています。

特に歯周病による口臭はにおいがきつくなるため、周囲の人を不快にさせてしまうようです。

 

歯周病による口臭が起きるメカニズムとは

歯ぐきの腫れによる生臭さ

歯ぐきに歯垢がついたままだと歯ぐきが腫れて出血し出します。

血には独特の生臭さがあるので強い口臭がおきます。

なお、自分では気づかない出血もあるのでデンタルフロスを使った時に血がついているかどうかチェックすれば、歯ぐきから出血しているか、口臭があるかチェックできるはずです。

 

細菌が繁殖することによる腐敗臭

歯周ポケットの中にある細菌はブラッシングでは除去できないので、長期間たまったままになってしまうと細菌が発酵してしまい腐敗し口臭がおきます。

この歯周ポケット内の細菌はクリニックで定期的に除去しないと腐敗はずっと続くため定期的にチェックしてもらいましょう。

 

歯ぐきが膿むことで膿くさくなる

さらに歯周ポケットが深くなってしまうと歯ぐきの中で膿がたまってしまいます。

膿は白血球や細菌の死骸と言われておりかなりにおいがきつくなります。

痛みや腫れを伴うこともあるようですね。

 

歯周病による口臭を改善するには

歯周病による口臭は歯周病を治療すれば改善します。

歯周病になってしまう原因はケア不足と言ってもいいでしょう。

老化とともに歯周病になりやすくなりますが、その原因の1つに唾液の分泌量が減り細菌が繁殖しやすくなるからだと言われています。

ですが、年齢には無関係で、ブラッシングなど日頃のお手入れを欠かさないようにすれば歯周病は防止できるのです。

また、すでになってしまった歯周病を治療するにはその進行具合によって方法も変わってきます。

 

毎日の歯磨き

まだ初期段階ならきちんと毎日ブラッシングを行うことによって改善するはずです。

歯垢を除去しコントロールすることからプラークコントロールと呼ばれています。

 

スケーリング

ブラッシングだけで除去しきれなかったプラークはだんだんと硬くなっていき、歯石へと変わっていきます。

歯石にまでなってしまうと、ブラッシングだけで除去することはできません。

 

なので、クリニックで専用の器械を使って歯石を取る必要がありますが、これをスケーリングと呼びます。

歯石には小さな空洞が無数いにあり、そこに汚れが溜まると雑菌が繁殖するため注意が必要です。

 

ルートプレーニング

スケーリングを行って歯石を除去したら歯根の奥まで汚れがたまっている場合には、さらにルートプレーニングを行うことが多いです。

奥の方にある汚れを取り除き歯根面を滑らかにする処置です。

 

もし、歯根の汚れを取っても表面がざらついていたらさらにプラークが付いてしまって根本的に解決にならないため、汚れを落とした後歯根の表面を平らにする必要があります。

再度歯垢が付きにくくするためのルートプレーニングが効果的だと言えるでしょう。

 

歯周病対策とは

歯周病の予防と虫歯の予防を比較すると、ほとんど同じだと言えるでしょう。

もっとも重要なことは日頃の歯磨きです。

歯ブラシの毛先部分が歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに入るよう45度に傾けましょう。

さらに、1本1本の歯を別に磨いていくような感じで5ミリ程度で歯ブラシを動かしましょう。

歯と歯の間、歯と歯ぐきの間にきちんと歯ブラシが当たっているかどうかを鏡を見ながら行うことがおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

歯周病をきちんと理解しておけば何も怖い病気ではないですし、現在治療法はすでに確立されています。

ですが、日頃のプラークコントロールはご自身で行う必要があります。

歯周病による口臭を防止するためのお役に立てると幸いです!