度合い別 歯周病治療にかかる期間について

みなさんのお口の中は健康な状態を保っていますか?

 

歯周病の治療を受ける際、治療期間がどのくらいなのか気になる・・という方は多いでしょう。
歯周病とは歯垢が原因で起こる歯ぐきの病気のことで、歯垢の中の歯周病菌が毒素を出して、歯を支えている骨を溶かしていきます。
現在、歯周病は日本において国民病とも言われるほどで、
40代以上の成人の8割もの人が歯周病にかかっているそうです。
ここでは、そんな歯周病の治療の流れや期間などについてお教えしたいと思います。
ぜひ、ご参考になさってみてくださいね!

歯周病治療とは

では、歯周病の治療法とはどういうものなのでしょうか?
まず、歯周病は歯ぐきの炎症から始まって、その後進行していくと骨を溶かし始めます。
歯ぐきの炎症だけならまだじゅうぶんに治る可能性があるのですが、骨がいったん溶けだしてしまうとその骨が元に戻ることはありません。
つまり、いかに進行を食い止めるのかが重要になるわけですね。
具体的に言うと、プラークコントロールによって歯と歯ぐきの周りの歯垢をきちんとブラッシングで除去することが大切になります。
これが日ごろからきちんとできていないと、いくらクリニックで治療をしても意味がないのです。
歯垢をしっかり取り除くだけでも歯ぐきの炎症は治まってきます。
なお、クリニックではブラッシングで取り除けない歯垢を、器具や機器を使って取り除いていきます。
歯石とは歯石が唾液の中のミネラルにより固まったもので、それ自体は無毒ですが歯垢によって悪影響を及ぼすため、歯石をしっかりと取り除く必要があります。

歯周病治療の流れ

歯周病は虫歯とは違い、自覚症状がほとんどない病気なので、日ごろからご自分で歯ぐきのチェックをしておく癖をつけておきましょう。
でも、それが歯周病かどうかを判断できないこともあるので、定期的にクリニックで判断してもらうことが重要です。
それでは、歯周病治療の基本的な流れと期間についてご説明します。

  1. プラークコントロール
    プラークコントロールとはお口の中の細菌を自分自身でコントロールすることで、もっとも大切な治療法です。
    それは、歯周病の最大の原因がプラークだからでしょう。
    また、歯石はプラークを付きやすくするため、歯周病治療にはプラークと歯石の除去が大変重要です。
    それに、プラークは24時間で作られると言われているため、最低でも1日に1回はきちんとプラークを取り除くことが重要です。
    プラークコントロールはクリニックで行うのではなく、自分自身で日ごろから行うことがまず最初の歯周病治療になるのです。
  2. 検査
    次に、プラークコントロールを行ってから歯石の除去をしていきます。
    歯ぐきの状態が悪いのに歯石除去を行ってしまうと治るのが遅かったり、また歯石がついたりします。
    なお、歯石除去には次の2つの検査が行われます。

    レントゲン撮影
    根っこ部分についている歯石は目では見えないため精密なレントゲン機器を使って撮影すれば、確実にチェックできます。
    歯周ポケットの測定
    歯周ポケットを測定すれば、歯周病の進行度合いが判定できます。
    正常の歯ぐきだと2ミリ程度の溝があり、歯周病になっている場合は4ミリ以上になっていることが多いです。

  3. 歯石除去
    歯石には歯ぐきの上の歯の部分についているものと、その下の部分についているものの2種類あります。
    特に下の部分についているものは検査を行って除去することが大切です。
  4. 評価をする
    歯石除去が一通り終われば、取残しがないかどうか、歯ぐきの状態はよくなったかどうかを評価していきます。なお、評価方法としては歯周ポケットを測定し、その数値が低くなっていればよくなっていることになり、他に歯ぐきの状態や炎症があるかもチェックしていきます。
    その後、評価を行って治療が必要ない場合にはメンテナンスを行います。
  5. あまり改善しなかった場合
    さらに、次の段階として外科治療を行うことがあります。
    その後、再評価し必要だれば治療を続け、改善すればメンテナンスを行っていきます。

歯周病の治療期間

歯周病の治療期間はその程度によりさまざまですが、だいたい2か月~1年程度の場合が多いようです。
なお、歯周病は歯を支えている骨が溶ける病気なので、いったん溶かされた骨は元には戻りません。
知らないうちに進行してしまうので、早期発見・治療が大切な病気なのです。

初期段階

初期段階では骨が少しずつ下がりはじめており、年齢的には20~40代の方が多いようです。
自覚症状がなく、自己判断できないのでクリニックで検査を行うことが大切でしょう。
歯がうずくような感じや、浮いたような感じがする場合もあります。
治療期間は1~2か月程度、来院回数は4回程度のことが多いです。

中期段階

この段階になるとすでに骨が半分ほど溶けてしまっています。
でも、しっかりと治療すれば歯を残せる場合もあると言われています。
症状としては歯が長くなったように見えたり、歯茎が退縮して歯が少しぐらついたりします。
なお、治療期間は3か月~1年程度で、通院回数は6~20回程度のことが多いです。

重度段階

重度にまでなると、骨の3分の1程度は溶けてしまっています。
ここまで進んでしまうと歯がぐらついたり、最終的に歯が抜け落ちてしまうこともあるようです。
治療期間は1年以上かかってしまうことが多いです。

まとめ

日本人の40代以上の8割もの人が程度の差はあっても、歯周病にかかっていると言われています。
上でご紹介したように、早期発見・治療が治療期間を節約するためのカギと言ってもいいでしょう。
さらに、歯周病治療とは進行を止める治療であって、どんなに優れた治療であって元の健康の状態を取り戻せるものではありません。
とは言え、早期の段階では自覚症状がほとんどないと言ってもよく、発見するのが難しいのも現実です。
どこかに不調が出てからということではなく、調子がよくても定期的にクリニックでチェックしてもらうことが重要でしょう。
また、日ごろのセルフケアが大変重要になるので、毎日の歯磨きをしっかりと行ってくださいね!