歯周病の治療費は?方法は?段階別にみる歯周病のあれこれ

 

はじめに

歯周病とはまたの名をサイレントキラーとも言われており、気づかないうちに歯の周囲の骨を溶かしていく病気です。
また、30代以上の8割もの人がこの歯周病にかかっているとも言われており、とても身近な病気としても知られています。
しかも、歯周病は歯を失う一番の原因でもあります。
この歯周病はお口の中の歯周病菌を減らすことによって改善できるので、歯を失ってしまう前にクリニックで治療を受けたいですよね?
ここでは、そんな歯周病の段階別に治療の流れをご紹介してみましょう。

歯周病とは?

歯周病は細菌の塊が歯茎の炎症を引き起こすことから始まると言われています。
お口の中で細菌はバイオフィルムという名前の薄い膜を作って歯に張り付いているそうです。
このバイオフィルムは薬剤が効きにくいので、日ごろからの丁寧な歯磨きやクリニックでのメンテナンスが効果的です

 

また、歯石は歯についた石のようなものなのですが、ざらっとしていて内部に隙間もあるのでバイオフィルムができやすくなるそうです。

歯石は自分で取れないので、定期的にクリニックに行って取ってもらう必要があります。
さらに、治療後歯垢や歯石をつきにくくするため、歯をつるつるにする処置も有効だと言われています。
これをPMCTと呼びます。

 

さらに、歯周病にかかりやすくなる原因に注意を払うことも大切でしょう。
たとえば、糖尿病などになると体の防御機能が低下することで歯周病になりやすくなるそうです。
また、喫煙も歯周病を悪化させる重要な要因です。
お口の中が乾燥したら殺菌効果がある唾液が減ってしまうので、歯周病のリスクが高まるため注意しましょう。

歯周病の治療法とは

残念なことに歯周病にかかってしまった場合、次のような治療を行っていきます。

軽度の場合

磨き指導

歯磨きは歯周病予防の基本中の基本です。
歯磨きしない人はいないでしょうが、正しく磨けている人は意外といないものです。
なので、いい歯ブラシの持ち方をはじめとして毛先の当て方や持ち方、動かし方や力の入れ具合などを指導してもらいましょう。
さらに、歯の汚れを赤く染め出す液を浸かって磨き残しをチェックしたりもします。

歯石除去

超音波などを使い、歯石を破壊した上で水で洗い流すという方法がもっとも短時間で大量の歯石を取り除くことができます。
さらに、先がとがった器具を使って一つ一つ歯石を除去していく方法もあり、時間はかかりますが小さな歯茎の中の歯石も確実に除去できる方法で費用は3500円程度です。

中度の場合

合っていない詰め物などをやり直す

詰め物がきちんと合っていないとその隙間に細菌がたまってしまい、炎症がおさまらなかったり、再発しやすくなるためそういった場合にはやり直す必要があります。
費用は2000円程度で保険が効きます。

 

もし、歯並びが悪い場合は磨き残しが多く歯石がつきやすいので歯周病を悪化させることがあります。
それに、噛み合わせが悪いと強く噛むところとあまり噛めていないところができるので力が偏ってしまいます。
力が強くかかるところには負担が非常にかかり、この場合も歯周病になりやすいです。

 

また、過去に虫歯治療で詰め物がちゃんと調整されていなかったりしても力のかけ具合が偏ることもあるため調整が必要になります。
ただ、噛み合わせや歯並びの治療をするということは矯正治療と同じということになります。
矯正治療には大変時間や費用がかかるため必ずしも行う必要はないですが、徹底的に歯周病を治療したいという場合には、この矯正治療と歯周病治療を両方行っているクリニックを選ぶといいでしょう。

重度の場合

フラップ手術

歯がぐらついている重度の歯周病の場合には歯周ポケットが深くて広いため、溝の奥深くにまで歯石がこびりついていることがあります。
この奥まで溜まってしまっている歯石は表面だけでは取り除けません。
そこで、フラップ手術を行って歯茎を切り開いて、中に貯まっている歯石や膿を取り除く必要があります。
この手術は歯茎を麻酔して開いて、通常では見えない深いところや歯間にある歯石を取り除いていきます。
費用は保険適用で3000円程度です。

 

さらに、凹凸している歯槽骨の形を整える、歯周ポケットを減らすなどして掃除しやすい状況にします。
これは健康保険の適用外ですが、症例によってはある程度歯茎や歯槽骨を増やせる場合もあります。
手術によって歯茎を開いた後は、歯の表面に再生誘導物質を塗ったりします。

 

また、膜を置いたりすることによって歯周組織の再生が期待できます。その他に、増殖した歯茎を着る、歯根が露出したところを新しい歯茎で覆う・・などの手術もあります。

フラップ手術のメリット・デメリット

歯周ポケットの奥深くまでちゃんと掃除でき、悪化したお口の環境を改善できることです。いっぽうでデメリットとしては、術後ある程度痛みがあることがあります。
さらに、治療前より歯茎が下がるのですが、治療によって歯茎の状態が改善されることによって歯茎が引き締まり、手術による侵襲である程度歯茎が下がってしまうからです。
クリニックによってはなるべく患者さんに負担がかかる治療をしたくないためフラップ手術は行わないというところもあるようですね。
なので、医師と相談した上で治療法を決定していくようにしましょう。

抜歯

歯周病が進んだ状態のままでいつまでも置いておくと隣の歯まで傷むことがあるため、その場合は抜歯することもあります。
費用は3000円程度で保険適用です。

その他の処置

もし、歯周病がかなり重くなって腫れや痛みがひどい場合には抗生物質を投与したり、噛み合わせを弱くすることで症状を和らげることがあります。

その他の治療

全身の健康管理

糖尿病など全身の疾患にかかっていると歯周病が悪化すると言われいます。
また、高血圧などの薬によっても歯茎が腫れてしまうこともあるため、内科と連携を取った上で治療を行っていくこともあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯周病の治療について具体的に軽度、中度、重度に分けて費用などについても書いてみました。
歯周病は意外と怖い病気です。
ぜひ、お口の中を清潔にしていただき、歯周病にならないように日ごろから注意してくださいね!