歯周病の原因は?手遅れになる前に読んでおきたいまとめ

 

はじめに

歯周病になりたくないと思っている方は多いでしょうが、何も対策を行っていない方がほとんどでしょう。
歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまうほどの病気で、症状が全くないと気にならないものです。
でも実際には、30歳を過ぎた人の8割は歯周病にかかっていると言われています。
ただ、歯科医療関係者には歯周病の人はほとんどいません。
その理由は歯周病にかからないための方法を知っているからで、ここではその歯周病の原因と対処法についてお教えしたいと思います。
ご自分の歯をいつまでも守れるようぜひご参考になさってみてくださいね!

歯周病とは?

そもそも歯周病とは歯を支えている周りの骨が溶ける病気のことで、歯が揺れたり、腫れたりして周りの骨が歯を支えられなくなり、最後には抜けてしまう恐ろしい病気です。
実は歯を失う最大の原因は歯周病で、この歯周病は歯周病菌と体の抵抗力のバランスが崩れた時に進むと言われています。
人間は加齢とともに抵抗力は落ちるため歯周病にかかりやすくなるのですが、きちんと対策を行うことで進行を止めることができるのです。

歯周病の原因と対処法とは?

虫歯予防を行いかぶせ物をあまり使わない

虫歯になってかぶせ物を多く使いますと、被せものと歯との間にプラークが溜まっていくため歯周病が悪化します。
さらに、神経を取ってしまった歯も歯周病が進んでいきやすいと言われています。
対処法としては、フッ素を使って虫歯予防をすることです。
また、どうしても治療が必要な場合には劣化せず汚れにくいセラミックを使うといいでしょう。

歯ぎしりする方はマウスピースを使う

歯ぎしりは歯に大きな力がかかるため、そのままにしておくと歯を支えている周りの骨が溶けるため、歯周病は進んでいきます。
歯ぎしりは食事する際に歯茎や歯にかかる何十倍もの力がかかるので、歯周病が悪化する原因になります。
歯ぎしりの対処法としては、起きている時は歯を食いしばらないようにし、寝ている間は知らない間に力がかかりすぎるためマウスピースで歯茎や歯を守るといいでしょう。

デンタルフロスを使う

歯周病とは歯の間や歯茎から進んでいくため加齢とともに歯茎は下がってしまい、歯と歯の間に隙間ができやすく汚れが残りやすくなるため、歯石があるとどんどん歯周病が進行してしまいます。
対処法としてはデンタルフロスを使うことです
欧米ではデンタルフロスを使っている人は非常に多く、そのため歯周病にかかっている人は少ないと言われています。

親知らずは抜いておく

親知らずは一般的に横向きや斜めになっていることが多いと言われており、前の歯に食い込むように生えているものです。
この親知らずと隣の歯の間には細菌が溜まりやすくなるため、骨が溶けてしまって部分的に歯周病が悪化すると言われています。
この対処法としては、隣の歯が健康なら親知らずを抜くといいでしょう。
ですが、歯周病が悪化してから抜いても骨は回復しないためできるかぎり20歳前後までには歯を抜くことにより、骨が回復したり、痛みを軽減できると言われています。

禁煙外来へ通う

喫煙すると体の免疫細胞が正常な歯茎の細胞を破壊するということが分かっています。
さらに、たばこに含まれているニコチンが毛細血管を収縮させ、歯茎の血行が悪くなって歯周病が悪化します。
1日に20本以上のたばこを吸う人は30歳以降に歯周病になる確率が吸わない人と比較すると5倍にもなるそうです。
対処法としては、禁煙外来などの医療機関に通ってサポートしてもらうといいでしょう。

両親が歯周病で歯を失っている

全ての歯周病が遺伝というわけではありませんが、一部の歯周病については遺伝が関係していると言われています。
この対処法としては、親が重度の歯周病で歯をなくしている方の場合は注意しましょう。
日ごろから歯周病にかからないようケアしていくことが大切です。

ストレスは歯周病に悪影響

精神的ストレスも自律神経のバランスを崩す原因となり、免疫力を低下されるため、歯周病が悪化する要因となります。
対処法としては現代社会で生きている以上ストレスを完全になくすことは難しいので、うまくストレスを発散させることが大切でしょう。
今では免疫力を高めるサプリなども売られているためうまく取り入れるといいでしょう。

 

歯並びが悪い

歯並びが悪い方は噛んでいる際に負担がかかるため、歯周病が悪化しやすいです。
若いうちは見た目以外に大した影響はありませんが、年齢を経るに
つれだんだんと負担が溜まっていくため、当たっているところの歯が揺れてくるなどのトラブルが起こってきます。
この対処法としては10代~20代の若いうちに矯正することです。
あまり年を取ってからの矯正は骨が硬くなってしまうため、負担がかかりすぎるためです。

血糖値のコントロール

糖尿病により血糖値が上がると歯茎の新陳代謝や体の抵抗力が下がるため、歯周病が悪化すると言われています。
さらに、歯周病により慢性的な炎症が糖尿病を悪化させることもあります。
糖尿病と歯周病は同時に改善すれば歯茎も体も健康でいることができます。
糖尿病は内科などで診察を受け、血糖値をコントロールするといいでしょう。
状態が悪い歯周病では歯を無理に残すと慢性的な炎症が糖尿病を悪化させるため、あまり状態が悪い歯がある場合には抜歯をした方がいい時もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
日本人の8割程度は歯周病にかかっていると言われています。
さらに、現在歯を失う原因の半分以上が歯周病だとも言われています。
歯周病の治療は日ごろの歯磨きによってきちんと歯垢を落とし、定期的にクリニックに通って検診を受け予防することがもっとも大切だと言えます。
そのためには予防歯科に力を入れているクリニックを選ぶことも重要です。
ぜひ、ご自分に合ったクリニック選びをしていただき、定期的に歯や歯茎をチェックしてもらいましょう。
ここでご紹介した歯周病の原因と対処法を頭に入れていただき、いつまでもご自分の歯で食事をしたり、話をしたりできるよう努めていただきたいです。
みなさんの歯と歯茎がいつまでも健康でいることを願っています!