もしかしてそれ、歯周病かも!?歯周病の初期症状を知って早期治療を受けましょう

はじめに

年を取ると歯が抜けてしまうという方は多いでしょう。
でも、実はその原因の1位は歯周病と言われています。
現在、30歳以上の8割もの人が歯周病にかかっているとか。
つまり、歯周病はポピュラーな病気なのですが、実際詳しく知っている方はほとんどいないでしょう。
そこでここでは、歯周病の初期症状についてご紹介しましょう。
どういった症状が出たら歯周病を疑えばいいのでしょうか?
最近歯茎の様子がおかしい・・という方はぜひご参考になさってみてくださいね。

歯周病とは?

歯周病とは歯を支えている歯の周りの組織が細菌感染し、歯肉が張れる、出血するなどして歯が最終的に抜ける病気のことです。
年を取ると歯は抜けるものですが、その原因の1位はこの歯周病なのです。
実は、現代では虫歯によって歯が抜けることはほとんどないと言われているのです。
歯周病の原因菌は歯垢の中に潜んでいるため、歯磨きがいい加減だと歯周病にかかりやすいです。
ある説によりますと、30代以上の8割もの人が歯周病にかかっているそうです。
ですが、歯周病治療のためクリニックに通っている方はほとんどいないのではないでしょうか。
その理由は歯周病に初期症状がほとんどないためです。
コマーシャルなどでよく行っている歯茎の腫れや痛みが起こった時にもうかなり進行しているのです。

歯周病の怖さとは?

歯周病はポピュラーな歯茎の病気ですが、だからと言って放置していていいというわけではありません。
歯茎から出血したり、腫れたりするということは家の土台がぐらぐらしているのと同じです。
なので、症状が進行すれば家に当たる歯は倒れてしまうということです。
歯は一本抜けると他の歯とのバランスが崩れるため、次々と他の歯も抜けてしまうことがあります。
なお、最近の歯科治療にインプラントというものがありますが、これは歯茎にねじを埋め込み人工歯をかぶせるものです。
入れ歯より天然の歯に近く見た目もいいため治療を受ける人が急増中です。
ただし、歯周病で歯茎がだめになればこのインプラント治療を受けることができません。
つまり、歯周病になると歯を失う以外にも再生のための治療法も限定されてしまうということですね。
また、歯周病は初期段階だとほとんど気づかないようです。
知らず知らずのうちに進んでいくため、別の名をサイレントキラーとも言われています。

歯周病の初期症状とは

では、いった歯茎にどういった症状が出たら歯周病を疑えばいいのでしょうか?
ここでは、すぐにクリニックに行って治療を受けた方がいい歯周病の初期症状についてご紹介してみましょう。

歯茎が赤くなり血が出る

歯周病と聞くとまずはこの症状をイメージする人が多いでしょう。
歯周病でなくても歯茎が赤くなったり、出血することはあるようです。
ですが、歯周病になると何もしなくても歯茎が赤くなっていることがほとんどです。
さらに、ちょっとした刺激によっても血が出るため、歯磨きするたびに出血する・・という人も多いようですね。

冷たいもの熱いものがしみる

歯周病が進むと歯茎が痩せてしまうため、歯茎の中にあった歯が露出します。
ここに冷たいものや熱いものが当たるとしみてきます。
虫歯の場合もしみることがありますが、歯周病だと広い範囲でしみると感じるようですね。

歯が伸びたように感じる

歯周病になると歯茎が痩せてしまうため、歯が伸びたように感じる場合があります。
なんだか出っ歯になったような気がする・・という方もいるようですね。

硬いものを噛むと痛い

歯茎とは歯の土台のため、歯周病になると歯が浮いてくることもあります。
そうなれば硬いものを噛んだ時神経に当たり、痛いと感じることもあります。
また、進行すると硬いものが噛みにくくなってくることもあります。

膿が出たり口臭がする

歯周病になると歯茎全体が腐ってくるため、膿が出たり、口臭がする場合もあります。
歯がぐらぐらする場合もあるため、そうなれば歯が抜けることもありますので注意が必要でしょう。

歯周病の治療とは

プラークコントロールが重要

プラークコントロールとは歯ブラシだけでなくデンタルフロスなどを使い、プラークつまり歯垢をつけないようコントロールすることを言います。
プラークコントロールをきちんと行っていれば9割は治療が終了したのも同様です。
その理由は歯周病の原因となるプラークは毎日お口の中に発生するものなので、毎日続けることでしか歯周病は改善しないためです。
いくら痛い治療や高額な治療を行ったとしても、プラークコントロールを行わなければ意味がないのです。

歯周病の進行を食い止めるにはメンテナンスが重要

メンテナンスとは歯周病の治療が終わった後、健康な状態でい続けるための定期的な治療のことを言います。
このメンテナンスでは自分が行っているプラークコントロールへのアドバイスや、落としきれない歯周ポケットの中などをキレイにしてもらいます。
そうしないとせっかく歯石除去したり、外科処置してもらってもすぐ元通りになってしまいます。
毎日プラークコントロールを適切に行うことと、定期的なメンテナンスをクリニックで行っていれば歯周病を改善することはできるはずです。
メンテナンスに通う間隔については、ご自分のライフスタイルに合わせるといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ここでは歯周病の初期症状や改善法などについてご紹介してみました。
現在、歯周病予防のためのアイテムはたくさん売られています。
ですが、素人が使うには限界があるもの。
やはり、日ごろからきちんとプラークコントロールした上でクリニックでメンテナンスを行うことが最善です。
最近のクリニックでは休日診療していたり、夜遅くまで治療してくれるところもあります。
ご自分が信頼できるクリニックを見つけていただいて、メンテナンスに通うことをおススメします。
歯茎から出血することが多くなったりしたら、すぐにクリニックに行って歯周病の治療を受けるようにしてくださいね。
早期に発見すればするほど治療は早く済むはずですよ。みなさんのお口の中がいつまでも健康でいられることを願ってやみません!